CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
迷わず初心に帰り、現場に立つ [2020年09月29日(Tue)]
ジョブズは自分にとって本当に大切なものを模索し始める。
スペースシャトルの搭乗員に応募したが、選にもれた。
コンサルタントを雇って政界に乗り出す計画もあったが、
成功する可能性が低く、見送った。やがて気づいた。
原点に戻ればいいのだ。
原点に戻ることは、前に進むことなのだ
、と。
桑原晃弥『スティーブ・ジョブズ 神の遺言』

先日の伴走練習で、11月21日に開催されるフルマラソンの
大会情報を教えていただきましたが、
丹後ウルトラでタイタン達成の「夢を現実にする」には、
目標を設定して課題と努力の方向性を明確にする必要性を感じていたので、
私もエントリーしました。

参加費の1万円が高いか安いかは、
すべて「自分のこれからの努力」次第です。
「値打ち」あるものにすれば安くなるし、そうでなければ高くなる。

「価格」は見えますが、「価値」は見える人にしか見えません
福原義春『私は変わった 変わるように努力したのだ』

と、意気込んで先週土曜日にエントリーしたものの、
よくよく考えれば、私がフルを走ったのは昨年暮れの加古川が最後です。
今年になって1月に大阪ハーフ、2月の泉州はチャレンジランで岸和田まで20.4キロ、
そして3月の篠山はシーズン千秋楽で、シーズンベストの走りを展開して
フィナーレのはずが、諸事情あって物語は未完のまま終了。
その後も、去年や一昨年は、水都ウルトラで70キロの伴走をしたり、
丹後で100キロに挑んだりで、目標に向かってコツコツ走り込んでいたのに、
今年はそれもなし。

先週土曜日にエントリーした時は気づきませんでしたが、
1月生まれの私にとって、おそらくは今回エントリーしたレースが
63歳で走る最初で最後の大会になるでしょう。
この期に及んで、ああすればよかったと悔やんでみたところで
過ぎた日々は戻らず。前後裁断、何がなんでも完走必達で63歳の記録を残すexclamation×2

第一の目標は「完走」必達。
第二の目標は「イーブンペースの走りに徹する」。
河川敷の平坦な5キロの周回コースということでチャレンジ。
そして、第三の目標がタイムです。
せっかくの機会(しかも63歳で最初で最後の貴重な機会)
求める成果が得られるよう課題を明確にして悔いなく取り組みます。

コロナのおかげで、6年前に初挑戦のレースで8.8キロの完走を目指して
毎朝コツコツ走っていた初々しい頃のことを思い出しました。
P1030218.jpg
◆大阪マラソン2014/2014.10.26

暇な時、お客さまが少ない時こそ、商いを知る絶好のチャンスなのです。
なぜなら、人間がどのように商品を吟味し、どのように選択し、
どのように決断するか、というプロセスをつぶさに観察できるのは
その時だからです。店の経営で壁に突き当たったら、
迷わず初心に帰り、現場に立つことです。
それが開店の気持ちを忘れないということなのです。
驕りを捨て、畏れを持ち続けるということです。
伊藤雅俊「私の商いの道」
『経営の大原則〜21世紀の経営者は松下幸之助を超えられるか』

客観的な事実に基づいて仮説を立てて、実行し、検証する
これはサイエンス(科学)の手法そのものだ。
自分の無知を知り、事実の前に謙虚でなければならないのは
科学者も飲食店経営者も同じである。
正垣泰彦『おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ』

成し遂げたことではなく、
成し遂げられたはずのことを基準に自分を測る
ジョン・ウッデン『育てる技術』

私の今年の一文字は「革」
2020革.jpg
◆私の今年の一文字「革」/2020.1.3

大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない
おたがいに心を新たにして、
真剣勝負のつもりで、日々にのぞみたいものである。
「真剣勝負」/松下幸之助『道をひらく』

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント