CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
準備の時間の使い方 [2020年09月18日(Fri)]
わたしは人を説得する準備をする際、
その時間の3分の1をわたし自身のこと、および
わたしが言おうとしていることについて考えるために使う。
残りの3分の2は、その人のこと、および
その人が何を言おうとしているかについて考える。

When I am getting ready to reason with a man,
I spend one-third of my time
thinking about myself and what I am going to say
and two-thirds about him and what he is going to say.
Abraham Lincoln


ある本に、リンカーンの言葉が紹介されていました。
「もし8時間、木を切る時間を与えられたら、
   そのうち6時間を私は斧を研ぐのに使うだろう」

ネットで検索すると、同じリンカーンの言葉で、
「木を切り倒すのに6時間与えられたら、
   私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう」

木を切り倒すために与えられた時間は、8時間なのか、6時間なのか?
英文を検索しても、eight hours to chop down a tree もあれば、
six hours もあります。

8時間労働であれ、6時間であれ、
木を切り倒すための正味時間はいずれも2時間。
違いは、斧を研ぐ時間が、木を切り倒す「3倍」の6時間か、「倍」の4時間か。

勉強であれ、ランの練習であれ、仕事であれ、
準備にかける時間を多くすれば得られる成果も高まるとは限らないけど、
「しっかり準備」しなければ成果が得られないのは間違いなし。
―― 準備に費やす「時間」の問題ではなく、密度(内容)が問われる

参考までに、スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣』の
「第七の習慣・刃を研ぐ」より――
森の中で木を倒そうと、一生懸命ノコギリをひいているきこりに出会ったとしよう。
「何をしているんですか」とあなたは訊く。
すると「見れば分かるだろう」と、無愛想な返事が返ってくる。
「この木を倒そうとしているんだ」
「すごく疲れているようですが…、いつからやっているんですか」
あなたは大声で尋ねる。
「かれこれもう5時間だ。くたくださ。大変な作業だよ」
「それじゃ、少し休んで、ついでにそのノコギリの刃を研いだらどうですか。
 そうすれば仕事がもっと早く片づくと思いますけど」あなたはアドバイスをする。
刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけで精一杯だ」と強く言い返す。

人間が持つ四つの能力(肉体、精神、知性、社会との関係性)を伸ばすために、
それぞれをバランスよく筋トレする(刃を研ぐ)時間をつくることを説くが、
そこにリンカーンは登場しません。

一方、アメリカ国務省の出版物に、
リンカーンが準備する時間の割り振りについて語った言葉と出会う。
それが冒頭に紹介した言葉です。

木を切り倒すために刃を研ぐ時間であれ、木を切り倒す正味時間であれ、
限りある時間のパフォーマンスを高めるために、
準備の時間の割り振りを意識して心がける必要ありです。

日本人というものは時間に対する観念がどうもルーズだ。
だから、案外、時間というものを粗末にしていはしないか。
だが、しかし絶対に同条件で二度ともらえないものは時間である。
本田宗一郎『俺の考え』

ビジネスは結果が出るまでに時間がかかるから、
俯瞰で見ることができないうちは仕事を早くやれと言われると、
どうしても後ろから押されているような気分になる。
しかしそれでは、誰も本気で走れない。そうではなくて、
前方に電車が停車していて、発車のベルが鳴り響いている、という状態
自分で気がつかなければいけないのだ。
三木谷浩史『成功のコンセプト』

あなた方の時間は限られています。
だから、本意でない人生を生きて時間を無駄にしないでください。
Steve Jobs ”Stay Hungry. Stay Foolish.”

P1030315.jpg
―― 生死事大、光陰可惜、無常迅速、慎勿放逸

いのちとは時間であること。その時間に限りがあること。
その事実を知っている人間だけが、
いのちの使いかたを自分で考え、変えることができます

いのちという与えられた時間をどう使うか
それは、めいめいに託された命題といっていいでしょう。
いくつになってもいきいきとした人生を送るためには、
打ち込む仕事や楽しめる趣味を持つことももちろん大切です。でも僕は、
人間にとって生きている実感を味わえるいちばん充実した時間の過ごしかたは
助けを求めている人のために自分の時間を使うことだと思うのです。
だれかの役に立つということは、
自分という存在そのものが生かされるということ
ですからね。
日野原重明『与命』

私の今年の一文字は「革」
2020革.jpg
◆私の今年の一文字「革」/2020.1.3

大切な一生である。尊い人生である。今からでも決しておそくはない
おたがいに心を新たにして、
真剣勝負のつもりで、日々にのぞみたいものである。
「真剣勝負」/松下幸之助『道をひらく』

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント