CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
雨あがる [2020年07月30日(Thu)]
「大切なことは、主人が何をしたかではなく、
何のためにしたかということではございませんか。
あなたたちのような木偶の坊にはおわかりいただけないでしょうが…」
映画『雨あがる』

映画『雨あがる』で、主人公(寺尾聡)の妻(宮崎美子)が、
城主の名代として来た家老と近習頭を相手に発した言葉です。
IMG-7701.jpg

マスクの追加配布も、GoToキャンペーンも「何のために」と問われて、
その回答に共感が得られなければ、世間の評価は厳しいです。

「感染拡大の防止と経済の両立」を目指すのであれば、
トップのリーダーシップのもと、具体的で戦略的な対応策が明確に示されて
その旗印のもと一致団結して実行していく必要があると考えますが、
7月以降の現状は「二兎追う者は一兎も得ず」で
対処療法の限界」を感じさせます。

大阪では、コロナ感染の拡大を受けて、
28日の知事の記者会見で、府民に対して、
「5人以上の宴会・飲み会の自粛」が求められました。

自粛要請期間は8月1日〜20日で、企業には社員のテレワーク率を70%とし、
出勤が必要な場合も時差通勤や自転車通勤などに取り組むよう要請です。

この記者会見当日(7/28)の大阪府の新規感染者の数は過去最多の155人、
しかし、翌29日の新規感染者の数は221人と過去最多を更新しました。

28日の知事の記者会見で「5人以上の会食の自粛」が求められたとき、
なぜ8月1日から自粛なのか不思議でした。
それだけ事態がひっ迫しているなら「今日の今から」でもよいはずです。

自粛に「準備」が必要だからでしょうか? んな、あほな。
準備は平時にやるもので、すでに何か月も前から戦いが始まっているのに、
おっとり刀で立ち向かっているようでは話にならないです。

あの日の知事の会見で「8月1日から」と言うのと、
「本日の今から」と言うのでは、自ずとインパクトが違います。

当然のことながら、本日の今から自粛をしたところで、
翌日の新規感染者の数が減ることはありません。
しかし、同じ「過去最多の221人」でもインパクトが格段に違いますし、
そのインパクトがもたらす府民の意識と行動の変化によって、
後日の結果は違ってくるでしょう。

やると決めたら「迅速果断」に実行してこそ値打ちがあるものを、
なぜ、8月1日からなのか、
なぜ、7月31日までの3日間は自粛する必要がないのか、
――「大切なことは、何をするかではなく、何のためにするか

日本電産の永守会長のモットー「すぐやる、必ずやる、出来るまでやるひらめき
今でなく「8月1日から」なんて呑気なことは許されるはずもなく、
覚悟を決めたら「すぐやる」でなければ明日がないのは、
日本電産に限る話ではありません。

そういえば、かつて「すぐやる課」というのが話題になりました。
調べると、全国に先駆けて発足させたのは千葉県の松戸市で、
50年前に発案した当時の市長はマツキヨの創業者とのこと。さすがです。

給付金の支給もそうでしたが、すべてが後手後手
そういえば、大阪府独自のコロナ対策の支援金に係る申請で
専門家として事前確認をすると、
1件5,000円の報酬を大阪府から支給されます。ところが、
報酬の支給を受けるには書面による申請が必要です。なんでやねん。
支援金の申請書に専門家として署名または押印して連絡先を記入し、
専門家の資格の登録番号も記入しています。
その書類に、報酬の振込先も一緒に記入しておけば、
あらためて申請する必要なかったのでは?

さらに不思議なことに、資格を証明する書類の添付が求められます。はぁ?
資格を証明する書類の添付で私の資格をチェックする必要があるなら、
報酬を請求する申請書でなく、最初の支援金の申請の方だと思うのですが…。

それとも、私が無資格でも支援金が支給されたのでしょうか。
申請書に私の資格の登録番号を記入したので、てっきり、
その番号で資格の有無をチェックしているものと思っていましたが、
あれは「何のため」の記入だったのか。

実のところ、専門家による事前確認があっても、
申請から実際に支援金が振り込まれるまで1ヶ月以上要したようで、
果たして、私に5,000円の報酬を払うだけの価値があったのでしょうか?
――「大切なことは、何をしたかではなく、何のためにしたか
申し訳ないです。

いかに的確な判断をしても、
それをなしとげる勇気と実行力とがなかったら
その判断は何の意味も持たない。
勇気と実行力とが、60パーセントの判断で、
100パーセントの確実な成果を生み出していく
のである。
60パーセントでもよいから、おたがいに、謙虚に真剣に判断し、
それを100パーセントにする果断な勇気と実行力とを
持ちつづけていきたいものである。
「判断と実行と」/松下幸之助『道をひらく』

雨上がり、ぶらり服部緑地へ朝ラン。
公園中央の池にはハスが見事に咲き誇っています。
ツボミ、花、そしてハチス(花が散った後の花托、蜂の巣のようだから)を
たくさん拝めて、朝から極楽浄土の世界にGoToです。
IMG-7722.jpg

IMG-7721.jpg

IMG-7718.jpg

IMG-7709.jpg

IMG-7705.jpg

IMG-7706.jpg

IMG-7713.jpg

IMG-7714.jpg

IMG-7702.jpg

ハスの花は咲く時に音がするそうですが、何時ごろに咲き始めるのか、
夜中に一斉に咲いたらどんな感じになるのか、興味津々。
まだまだツボミがいっぱい、しばらく楽しめそうです。
mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡
立ち止まってはいられない

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント