CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年06月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
同じ緊急事態でも [2020年06月19日(Fri)]
NHK逆転人生(4/27)に登場の奈良のとんかつ店「まるかつ」さんに
先週木曜日(6/11)、出かけてきました。
IMG-7453.jpg

2014年9月に自信満々の満々で店をオープン。
「美味しいとんかつを食べてもらいたい」のこだわりを持って
色々と試行錯誤するも、結果を出せずに赤字続き。
八方ふさがりで抱えた借金は5千万円。絶体絶命のピンチ(2017年)
―― 結果的に「石の上にも三年」ぴかぴか(新しい)

それがよいことであればあるほど、
そしてそれが正しいと思えば思うほど、まず何よりも
辛抱強く、根気よく事をつづけてゆく心がまえが必要であろう。
「根気よく」/松下幸之助『道をひらく』

そんな崖っぷちから、お店のご主人(店長)金子さんの逆転劇、
第一幕は、2018年1月にご近所に配った「チラシ」
第二幕は、翌2月の福井豪雪での「ツイッター」のつぶやき
第三幕は、同年5月から始めた「無料食堂」の取り組み

そんなこんなで、絶体絶命の崖っぷちの試練を乗り越えて、
各地から「千客万来」の繁盛店に変身されたまるかつさんですが、
予期せぬことは起きるもので、新型コロナの感染拡大が情け容赦なく襲います。

このたびの「新型コロナウイルス」にて犠牲になられた皆様、
ご家族の皆様、感染され不自由な生活を送っていらっしゃる皆様には
心よりお見舞い申し上げます。
また、不安になったり、不便を分かち合っている皆様、
どうか、今しばらくの我慢と考え、一緒に乗り越えて参りたいと思います。
さて、まるかつ(奈良市)は、混み合う店内での感染予防のため、
3月31日(火)から通常営業(店内でのお食事の提供)を取りやめ、
お弁当や揚げ物のおかずセット、オードブルなどの
【お持ち帰りのみの営業】とさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解をお願い申し上げます。
お読みになる方に誤解を与えてしまうかもしれないことは承知の上で、
以下に経緯の説明をいたします。(…)

3月下旬になっても、まるかつさんをご贔屓のお客様がたくさん来られて、
1日平均200〜300名以上のお客様が来店されていたとのことですから、
通常営業を止めて持ち帰り専門店に変わる決断は相当に厳しかったはずです。

客単価1,500円として250名/日×1,500円/人×30日=1,125万円/月、
月額1000万円を超える売上の大幅ダウンは避けられず、
借入の返済、家賃の支払はもとより、
ともに働く社員の給与の支払い、そして雇用の継続、
食材を提供してくださる生産者など取引先の信頼の維持、
まるかつさんをご贔屓にしてくださるお客様のつなぎ止め、などなどありますが、
「お客様や従業員の安全を守る」ことを最優先に決断されました。

しかも、緊急事態宣言が発令されたのは4月7日(火)のことです。
その前週の3月30日をもって通常営業を止めて、
3月31日(火)から持ち帰り専門営業に変わられました

緊急事態宣言が発令されたとか、
国や県から休業や自粛の要請があったとかでなく、
まるかつ店長さんの「主体的な判断」で決断されています。
当然のことながら、店長さんのその決断には、
休業や自粛の要請に対する協力金などの支援は勘定になかったでしょうし、
週末は稼ぎ時だから次の週末まで営業とソロバン弾くこともなかったでしょう。

正しい目的または動機は、批判や賞賛を避けたりはしません。
正しいことをするのが目的なのですから。
『ダライ・ラマのビジネス入門』

緊急事態宣言は、5月14日に、奈良県を含む39県で解除され、
さらに翌週の21日に、京都・大阪・兵庫の関西3府県で解除され、
さらに翌週の25日に、北海道・埼玉・千葉・東京・神奈川も解除されました。

緊急事態宣言の解除を受けて、
休業や営業を自粛していたお店の多くは、
それぞれに「新たな日常」を模索して営業を再開しておられますが、
まるかつさんは通常営業に戻らず「持ち帰り専門営業」を継続されています。

昨夜(6/18)の首相記者会見で、
都道府県をまたぐ移動制限も本日(6/19)から全面的に解除と発表されましたが、
まるかつさんは「持ち帰り専門営業」を継続です。

まるかつさんの昨日(6/18)のツイッター(22:26)
20200618.jpg
おかげさんで今日も大勢のお客様にご利用いただきました。
本当にありがとうございます!雨の日など、道路状況もありますので、
お持ち帰りになる時間が少しくらい遅くなったり閉店時間を過ぎましても
気にしないでください。焦らず安全運転でお越しください!
まるかつはなくなりませんので!
―― とんかつ店まるかつ@奈良 (@marukatsunara) June 18, 2020

また、単に「持ち帰り営業」を継続されているだけでなく、
色々と「試行錯誤」や「創意工夫」をされています。
たとえば、営業時間は、
当初は11:30〜15:00/17:00〜22:00(注文受付は10:00〜21:30)だったのが、
6月1日から11:00〜20:30(注文受付は10:00〜20:00)に変更されたり、
当初は作り置きの弁当もご用意されていたようですが、
「店内滞在の時間の短縮」のため、4/26から電話注文のみに変更されました。
IMG-7455.jpg
持ち帰りはあらかじめ電話で予約。
予約した時間に受け取り、店の中で待つことはできません。
引き取りに店に入れるのは原則として一人で、
次のお客様は店の入り口から店に沿って並んで待つか、
クルマで来られたお客さんはクルマの中で待ちます。徹底しておられます
IMG-7456.jpg

IMG-7460.jpg
そして、お弁当には店長さんから「賄賂」や「心づくしの品」が

Glicoでは付属のおもちゃのことを決して「おまけ」とは言わない

電話の対応も素晴らしいです。
―― まるかつ本店の〇〇が受けたまります。(…)
気をつけてお越しください。

まるかつさんの「緊急事態の対応」に学んだことひらめき
―― ★ 要請に応じるのではなく、主体的に判断して決断する
★ 解除されても元に戻るのでなく、どうすべきか考えて行動する
★ 試行錯誤や創意工夫を重ねる(試練に困っても困らない)

適時適切に人の意見を求めることは大切です。
けれども他をあてにし、頼ってばかりでは、自身の成長は望めません。
自主自立の気概をもちましょう
そこから力強い勇気が湧き、新たな知恵や創意工夫が生まれてきます
そうして断を下し、実行し、事をなし遂げていくところに
自らの進歩向上が得られ、
大きな達成感も味わえるのです。
松下幸之助「自立」(PHP2013年9月号)

「随処作 立処皆真」臨済禅師
 (ずいしょにしゅとなれば りっしょみなしんなり)

困難であり、不安定な時代である。それだけに
これと対決し、事をなしてゆくということは、非常にむずかしいけれども
それはまた実におもしろい、やりがいのあることではないだろうか
見方によっては、われわれはいま千載一隅の好機に恵まれている。
困難が多いからこそまことに生きがいのある時代なのだ
そういうところに思いを定めて、
これに対処してゆくことが大切なのではないだろうか。
「千載一遇の好機」/松下幸之助『思うまま』

サービスは相手を喜ばせるものであり、
そしてまたこちらにも喜びが生まれてこなければならないものである。
喜び喜ばれる姿の中にこそ真のサービスがあるといえよう。
お互いに、喜びをもってサービスにあたりたい。
躍動する心でサービスに専心したい。
真の商売がそこから芽生えてくる。
『松下幸之助・経営の真髄』

最もよく人を幸せにする人が、最もよく幸せになる
立石一真『人を幸せにする人が幸せになる』

私の監督としての根本的な信念は「理をもって接する。理をもって戦う」。
野球は「根性」ではなく「頭脳」で競うスポーツだ
「どうするか」を考えない人間に
「どうなるか」は絶対に見えやしない

そして、考え抜いた「理」を選手に伝える手段が「言葉」だ
野村克也『野村メモ』

松下幸之助『道をひらく』より――
「困っても困らない」
ひろい世間である。長い人生である。その世間、その人生には、
困難なこと、難儀なこと、苦しいこと、つらいこと、いろいろとある。
程度の差こそあれだれにでもある。自分だけではない。
そんなときに、どう考えるか、どう処置するか、
それによって、その人の幸不幸、飛躍か後退かがきまるといえる。
困ったことだ、どうしよう、どうしようもない、
そう考え出せば、心が次第にせまくなり、せっかくの出る知恵も出なくなる。
今まで楽々と考えておったことでも、
それがなかなか思いつかなくなってくるのである。
とどのつまりは、原因も責任もすべて他に転嫁して、不満で心が暗くなり、
不平でわが身を傷つける。
断じて行えば、鬼神でもこれを避けるという。
困難を困難とせず、思いを新たに、決意をかたく歩めば、
困難がかえって飛躍の土台石となる
のである。
要は考え方である。決意である。困っても困らないことである
人間の心というものは、孫悟空の如意棒のように、まことに伸縮自在である。
その自在な心で、困難なときにこそ、
かえってみずからの夢を開拓するという力強い道を歩みたい。

人間が達成するあらゆる成功が努力の結果なのです。
そして、努力の大きさが、成功の大小を決めているのです。
そこに偶然はありません
才能、能力、物質的、知的、霊的な資質のすべては努力の果実なのです。
それは成就した思い、達成された目標であり、現実化されたビジョンです。
ジェームズ・アレン『新訳 原因と結果の法則』

前後際断、日々是好日(にちにちこれこうじつ)
20160416-3.jpg

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント