CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
責任を自覚し、論理的に考えて実行する [2020年02月02日(Sun)]
実行家として成功する人は、
自己を押し通す人、強く自己を主張する人と見られがちだが、
実は、反対に、彼には一種の無私がある。
空想は孤独でもできるが、実行は社会的なものである
有能な実行家は、いつも自已主張より物の動きの方を尊重しているものだ。
現実の新しい動きが看破されれば、直ちに古い解釈や知識を捨てる用意のある人だ。
物の動きに順じて自已を日に新たにするとは一種の無私である。
小林秀雄『無私の精神』

小林秀雄『無私の精神』より――
ひと口に実行家と言っても、いろいろある。
しかし、彼の場合の様に、傍から見ていても、それとはっきり感じられるのだが、
並み外れた意識家でありながら、果敢な実行家でもある様な人、
実行するとは意識を殺す事である事を、はっきり知った実行家、
そういう人は、まことに稀れだし、一番魅力ある実行家と思える。

考へる事が不得手で、從ってきらいで、止むを得ず実行家になっている種類の人が
一番多いのだが、また、そういう実行家が、
いかにも実行家らしい実行家の風をしてみせるものだ。
この種の退屈な人間ほど、理窟など何んの役にも立たぬ、といつも言いたがる
偶然と幸運による成果について大言壮語したがる

一般に、意識家は実行家ではないといふ俗見の力は、非常に根強いものだと思う。
あれもこれも、心に留めて置きたい
ある場合も逆の場含も、すべての条件を考えたい
だが、実行するには、たった一つの事を選んで取り上げねばならない
そういう悩みで精神が緊張していないような実行家には、興味が持てない
子供の無邪氣とは、自ずから異なるからである。

IMG-6891.jpg
多摩湖(2020.1.30)

松下幸之助『道をひらく』より――
「わが身につながる」
何でもかんでも、わるいことはすべて他人のせいにしてしまったら、
これほど気楽なことはないだろう。
すべて責任は相手にあり、都合のわるいことは知らぬ存ぜぬである。
だがしかし、みんながみんなこんな態度で、責任の押しつけ合いをしていたならば、
この世の中、はたしてどうなることか。

理屈はどうにでもたてられる。責任をのがれる理屈は無数にあろう。
また法律上は、無関係、責任なしということもあり得ることである。
しかしこれは理屈や法律だけのこと。
人と人とが相寄って暮らしているこの世の中、
どんなことに対しても、自分は全く無関係、自分は全く無責任
――そんなことはあり得ない。
一見何の関係もなさそうなことでも、まわりまわってわが身につながる。
つながるかぎり、それぞれに深い自己反省と強い責任感
生まれなければならないであろう。

すべてを他人のせいにしてしまいたいのは、人間の常であろうけれども、
それは実は勇気なき姿である。心弱き姿である
そんな人びとばかりの社会には、自他とも真の繁栄も真の平和も生まれない。
おたがいに一人前の社会人として、
責任を知る深い反省心と大きな勇気を持ちたい。

古今東西を通じて、
自分の責任を自覚することも、果たすこともなしに、
自分も幸せになり、世の中も向上せしめたという人はない。
「責任ということ」/松下幸之助『人生談義』

――「ごもっとも」「ご覧のとおり」

私の今年の一文字は「革」
2020革.jpg
◆私の今年の一文字「革」/2020.1.3

mampo.jpg
愚直に一歩、一歩、もう一歩足跡

この続きはまたいつか四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント