CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
会計士が世界を変える [2018年07月24日(Tue)]
公認会計士法が1948年7月6日に制定されて70年になります。
1983年9月に公認会計士2次試験に合格した私は、
まもなく合格35周年を迎えるので、
70年の半分をこの世界でお世話になっています。

昨日(7/23)、公認会計士制度70周年の記念式典と記念講演会が
東京国際フォーラムで開催され、私も会場で参加しました。
記念講演の講師はファーストリテイリングの会長兼社長の柳井さんで
ご講演の演題は「会計士が世界を変える」。
IMG_1288.jpg

柳井さんの本質を突いた厳しい「叱咤激励」に魂を揺さぶられました。

1. 公認会計士と私
2. 経営とは何か
3. 公認会計士と経営
4. グローバル化する世界、そして日本
5. 会計士が世界を変える

以下、私のメモから――

まず「1. 公認会計士と私」――
・『熱闘株式公開』読む人の立場に立って書かれていた(専門用語なし)
・社会に認められる会社になる(社長がいなくても組織で動ける)
・上場に向けて改革に着手
あらゆることをゼロから洗い直す、標準化
・決算書は経営者の成績表であり、
・「自前でつくる」もの(すべての社員に要求)
・経営理念23カ条

「2. 経営とは何か」――
・「経営」とは成果をあげること(経営者とは成果をあげる人)
・「成果」とは社会に約束したこと
・成果として約束したことを実行して実現して初めて社会から信頼され、
・会社は存続できる
非常識なくらい高い目標を持ち、実現できる方法を考えて、実行する
・「本気」が数々のイノベーションを生む

服を変え、常識を変え、世界を変えていく
Statement/FAST RETAILING WAY

・2018年8月期の売上は2兆円突破し、海外が国内を超える
・海外進出は苦難の連続
・2001年にロンドン出店するも、毎日失敗、悪戦苦闘
・2005年の香港からようやく…
・山口県宇部の小さな商店にできて、できないことはない(はず)
失敗しても、失敗しても、挑戦し続ける

「3. 公認会計士と経営」――
・会社は「自ら変化し続ける」ことが存続の条件、そのための継続的努力が必須
公認会計士の仕事は本質的に経営者と同じで「会社経営に不可欠な存在」
・しかし残念ながら、日本の中小企業は元気がない
・また、公認会計士は帳簿をチェックするイメージ
・制度に乗っかってお墨付きを出す人、ハンコを押す人
・「本当にこれでいいのでしょうか」(二度繰り返して問いかけられました)
・経営者と一緒になって内側から指導する
・「業務の整理」「プロセスの標準化」に取り組むことが肝要
それなくしてRPAやAIを導入しても業績は改善するどころか悪化するおそれあり
・「数字をどう見て、何を考え、何を実現するか
今これを深く考えないといけない(もっとも重要)
・「超公認会計士」「非公認会計士」… 既存の仕組み(枠)を超える

「4. グローバル化する世界、そして日本」――
・内向きなる日本、ゼロ金利どころかマイナス金利、企業のモラルは崩壊
・ジョン・F・ケネディの大統領就任演説
・国があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたが国のために何ができるか
自分で自分に問いかけ、自分で答えを出す(自立した個人、自立した企業)
会計士にできることはいくらでもある

最後に「5. 会計士が世界を変える」――
・「経営者と一緒に考え、実行するパートナー」
・公認会計士から「公認」を取る!(制度に乗っからない)
日本全体の会計のレベルを上げる
・「経営者マインドを持って仕事をする」
・会計だけに生きる必要なく、
会計を武器に、より幅広く、より深く貢献する
良い経営は、良い経営者と良い会計士がつくる
行政や政治に指導されるのではなく、行政や政治を指導する
・「志」
会社や社会をより良い方向に変えていく
自分たちこそが世界を変えられる
ビジネスの原点に立ち返って、あらゆる産業を成功させる
・「Now's the time」時は来た!
・制度は過去の常識
現在の仕組みを自分たちでつくり、制度そのものを変える
斬新な発想、果敢な挑戦を強く強く期待します


この続きはまた明日四つ葉
会計は算術ではなく、思想である位置情報
会計情報という数字を介して、経営との対話がはじまる。
 
コメント