CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
五月家 万歩 [2010年02月28日(Sun)]
 桂三枝師匠が名づけて下さった私の高座名です。五月家万歩(さつきや・まんぽ)
 名びらの書は、橘右佐喜(たちばな・うさぎ)さん。(裏にしっかり「落款」あり)

 三枝師匠に高座名をつけていただくためのアンケート項目の一つに、「趣味は何ですか?暇な時は何をしていますか?」がありました。これに対する私の回答は、このブログのプロフィールにも書いている「季節を肌に感じながら、自然や街の中を歩くことが好きです(山歩き、街道歩き、ぶらぶら散歩)」。
 桂三枝師匠が私のアンケートに目を通して高座名をつけて下さり、とても感激です。

 ありがとうございます。
 この名前に負けぬよう、一歩、一歩、積み重ねて、落語を楽しませていただきます。

 昨夜は、小中高時代のクラスメートと『樅(もみ)』(梅田・茶屋町)にて飲み会。
 私のほかに4人が集まったのですが、その中の2人が大の落語好き(演じる方ではなく、聞く方ですが)。お互い、今までそんなことは露知らず。しかし、「落語」のおかげで、いつもの楽しい飲み会が一段と盛り上がり、話は尽きませんでした。

 そんなこんなで、初舞台を終えて、高座名をいただいたばかりなのに、早くも、弟子が3人もできました。――五月家「50歩」、「100歩」、そして「ぽっ歩」(友人のお孫さん)です。
 難儀なことに、2人の弟子の方が師匠の私より落語について格段に詳しいです。(^ ^ゞ

 さらに、出囃子は、喧々諤々の議論の結果、「フニクリ・フニクラ♪(登山電車)」にしようということになり、クラスメイトのピアニストにお願いすることに満場一致で決定!

 「落語」っていいですね。

 落語みゅーじあむの『アマチュア落語入門』も、4月から中級コースに進級(昇進?)します。
 初級コースでは「池田の牛ほめ」と「池田の猪買い」の2つのネタを教わりましたが、中級コースでは研修生が好きな演目を選んでお稽古をつけていただけます。自分の演目だけでなく、ほかの方の演目のお稽古もしっかり学ばせていただきます。
鍛冶職人のワザに感動した「金物のまち三条」の手拭いと
初級コース修了記念の「高座扇」(いずれも自分でプレゼントプレゼント">)

友人のN君の作品です。いつもながら素晴らしい。拍手
彼のスケッチを見せてもらう度、
私がいつか本を出版する機会があれば、
彼に挿し絵を描いてもらおうと
勝手に一方的な思いを募らせています。
コメント