CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
映画『もういいかい〜ハンセン病と三つの法律〜』 [2014年07月20日(Sun)]
何も知りませんでした。
いや、何も知ろうとしなかったというべきです。

ニュースなどを通じてハンセン病のことは知っている「つもり」でしたが、
不条理にも苦難を強いられた回復者の皆さんが語られる言葉を、
私が初めて読んだのは今年のゴールデンウィークのこと――
ヤマト福祉財団の季刊誌のバックナンバーで、
創刊第一号の「緊急掲載」と
第二号の「対談」(クロネコヤマトの小倉さんと回復者で語り部の平沢さん)です。

2001年5月、政策見直しを怠ったとして国が全面敗訴した地裁判決に対して、当時の小泉首相の政治決断で控訴を断念し、翌6月には衆参両院で謝罪決議。

そして、2003年1月には厚生労働省が中学生向けの啓発パンフレット「わたしたちにできること〜ハンセン病を知り、差別や偏見をなくそう〜」を作成しておられます。

moji.gif
moji2.gif

厚生労働省「わたしたちにできること」より

にもかかわらず、今まで自ら知ろうとせず、
「自分に何ができるか」考えることはありませんでした。申し訳ございません。

映画『もういいかい〜ハンセン病と三つの法律〜』が、
大阪でアンコール上映されていることを知り、本日、観てきました。
書かれたものを読むのとは違うインパクトがあります。
143分の上映時間を意識することなく、深く考えさせられました。
コメント