CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
無駄の原因はまちがった仕事をしているからだ [2014年06月24日(Tue)]
先週の記事(顧客に関する仮説をプル信号として仕事を進める)の続きメモ
lean_s.jpg
いまの経済は相変わらず無駄が多い。
無駄の原因は組織の効率が悪いからでなく、
まちがった仕事をしているから
だ――しかも産業規模で。
ピーター・ドラッカーが指摘しているように「やってはいけないことをすばらしい効率で行うほど無駄なことはない」のだ。
であるにもかかわらず、我々はまちがったことを効率的にしつづけている。(p.357)
人々の時間を乱用するのは、
人間の創造性と可能性の過失無駄罪

イノベーションにおける無駄の大半は、その原因さえつかめば防げる
仕事の進め方について関係者全員の考え方を変えることさえできればいい
もっとがんばれと労働者に言うだけでは駄目だ。
いまの問題自体、まちがったことをがんばりすぎるのが原因なのだから。
機能ごとの効率に注目すると、まだわかっていないことを学ぶというイノベーションの本当の目標が目に入らなくなる
デミングが言うように、重要なのは
定量的な目標を設定することではなく、
その目標を達成するための方法を整えることだ。

コメント