• もっと見る

宮 直史ブログ−“信はたていと、愛はよこ糸”

岡崎嘉平太記念館(岡山・吉備高原)で出会ったメッセージに深い感銘を受けました。
『信はたていと、愛はよこ糸、織り成せ 人の世を美しく』(岡崎嘉平太氏)
・・・私も、皆様方とともに世の中を美しく織りあげていくことを目指して、このブログを立ち上げました。よろしくお願いします。


こんにちは!宮です

宮 直史さんの画像
★経営のための会計★
★経営のための会計★
ようおこし (^_^)
ようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
「道しるべ」でお好きなカテゴリーをお選びいただき、お時間の許す限りごゆっくりおくつろぎください。
道しるべ★カテゴリー
Google

WWW このブログ
<< 2023年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最新のコメント
https://blog.canpan.info/miya38ts/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miya38ts/index2_0.xml
Onward(未来へ) [2014年03月04日(Tue)]
Onward”/How Starbucks Fought for Its Life without Losing Its Soul本
ハワード・シュルツ著『スターバックス再生物語
onward.jpg以下、本書の「序」より
(…)
しかし、ある四半期はそうではなかった。
2007年、スターバックスは道を見失った
成長に固執するあまり業務から目をそらし、
中核となるものから離れてしまったのだ。
一つの決定や戦略や個人が悪かったのではない。
セーターの糸が少しずつほつれていくように、
崩壊はゆっくりと静かで漸進(ぜんしん、急進)的だった。
決定を下すたびに、店をつくるたびに、お客様を失うたびに、
スターバックスを特徴づけるものが消えてしまった
悪いことに、みずから招いた問題に加え、
外ではこれまでに世界が経験したことのない事態となっていた。
(リーマンショックは翌2008年9月)
(…)
以下、本書の第1章より抜き書きメモ
スターバックスはコーヒーを売るだけの企業ではない。
しかし、コーヒーがおいしくなければ、わたしたちの存在意義はなくなる。
これからの長い道のりを進むには、まず一歩下がるしかなかったのだ。
人生には決断しなければならないときがある
結果がどうなるかわからなくても、傍観者ではいたくない。

続きはまた明日(3/5)...四つ葉
 
コメント