• もっと見る

2022年12月20日

子どもと対話しながら考える「子どもの権利ノート」、二人のママが読んでみた

けんりノート_KV.png.png

「こどものけんりって、なに?」

子どもに聞かれたら、あなたはどう答えますか?

近年、子どもの声を聴き、子どもが意見を言うことを支援する「子どもアドボカシー」に注目が集まっています。子どもに対して、子どもにも意見を言う権利があることを伝え、意見を言うためにはどうすれば良いのか、どう言葉にして、どう表現すればいいのかを考える手助けをする活動のことです。

子ども自らが考え、意見を言う。その権利を有している。一見当たり前のように聞こえますが、家庭、学校、社会などのさまざまなシーンで、すべての子どもが意見を言える環境にあり、子ども一人ひとりの意見が尊重されているかと問われると、どうでしょう。家では聴いているけど、学校では聴いてくれているのだろうか。そもそも、子どもが社会に対して意見するって何? 「子どもアドボカシー」は新しい概念なので、違和感を覚える方もいるかもしれません。

子どもたちの中でも「社会的養護(*1)」と呼ばれる、施設(*2)や里親(*3)家庭で暮らすの子どもたちは、特に声を上げにくいことがあります。そんな子どもたちが自分で考えて意見を述べられるよう、「子どもの権利ノート」が完成し、2022年度から配布されています。「みてね基金」第二期ステップアップ助成でご支援した「NPO法人子どもアドボカシーセンター福岡」と福岡市が合同で作成したもので、冊子は全部で4種類。すべて無料で公開されており、福岡市の公式ウェブサイトでPDF版がダウンロードできます。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 14:32 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年12月13日

「多様な性」から「多様性」へLGBTQの子どもたちも安心して過ごせる学校現場をつくる

IMG_0108(修正済).JPG

認定特定非営利活動法人ReBit

「みてね基金」では、子どもや家族の幸せのために活動している団体を支援しています。
2021年3月に採択した第二期ステップアップ助成の支援先団体の一つが、「認定特定非営利活動法人ReBit(リビット)」です。LGBTQの子どもたちが安心してありのままで過ごせる学校・家庭の環境づくりのための活動に生かされています。2009年に同団体を設立し、教育現場や企業、行政などと連携を深めながら活動を推進してきた代表の藥師実芳さんにお話を聞きました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 16:29 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年11月14日

非営利団体のサステナブルな活動を支援したい、「みてね基金」第三期に込めた想い

mitene02.jpg

「みてね基金」は、子どもの写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」の社会活動として、「すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して」活動する非営利団体を支援しています。

2022年9月27日に公募を開始した第三期「ステップアップ助成」では、「みてね基金」が定める「難病・障がい」「教育」「貧困」「出産・子育て」「虐待」の5つの領域で社会貢献活動を行う非営利団体が、事業基盤や組織基盤を固め、事業や団体のステージを一段アップさせていくための取り組みを支援します。

そこで、今回の記事では「みてね基金」の立ち上げ当初から関わっている事務局メンバー2人にインタビュー。第三期を実施するに至った背景や申請のコツ、「どんな団体に応募してほしいか」などについて伺いました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 13:24 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年10月18日

「ママの笑顔がいちばん!」新潟発ママの元気を支え続けるNPOの「ステップアップ」とは?

lovegraph_81.JPG

認定NPO法人はっぴぃmama応援団
・「みてね基金」第二期ステップアップ助成で採択した「認定NPO法人はっぴぃmama応援団」は、「ママの笑顔がいちばん!」をモットーに新潟市で活動する子育て支援団体です。

・「みてね基金」の伴走支援では、資金繰りなど団体の大きな課題と向き合ったと同時に、産前産後と小児のケアに特化した訪問看護ステーションを立ち上げる決断をしました。

・訪問看護ステーションとは、介護保険法に基づいて保健師や看護師が管理者となって運営する事業所のこと。主治医から発行される、医師からの指示を受けるために必要な訪問看護指示書によって地域の人たちに訪問看護サービスを提供します(※)。

「みてね基金」は、子どもとその家族の幸せのために活動する非営利団体を支援しています。第二期ステップアップ助成では、資金的支援とあわせて、各団体が直面する課題が一つひとつ解決できるように事業や組織づくりに寄り添う伴走支援も行っています。
「認定NPO法人はっぴぃmama応援団」は、ママを中心に置いた子育て支援を持続的に継続するための団体の組織強化と、代表の松山由美子さんが長年思い描いてきた産前産後と小児のケアに特化した訪問看護ステーション「はっぴぃmamaはうす」の立ち上げを行いました。松山さん、はっぴぃmama応援団事務局の佐藤亜紀さんに、活動への思いや「みてね基金」での伴走支援を受けて感じた変化についてお聞きしました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 11:30 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年09月20日

「みてね基金」第三期 ステップアップ助成

note_kv_mitenefund.jpg

「みてね基金」は、「すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して」という目標を掲げ、子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決に取り組む非営利団体への助成活動を行っています。「みてね基金」第一期では、コロナ禍の緊急支援をテーマに助成活動を行いました。そして第二期では、革新的な取り組みを支援する「イノベーション助成」と、地域に密着した活動を行う団体の組織基盤の強化を支援する「ステップアップ助成」の2つの助成プログラムを実施し、現在も支援を行っています。

今回公募する第三期では、第二期に続き「ステップアップ助成」を実施します。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 13:30 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年09月05日

「世界最貧国」アフリカ・ブルンジでストリートチルドレンをゼロにする!

E480C2F2-3921-491B-88E1-2CDDD1CCB130.JPEG

認定NPO法人テラ・ルネッサンス

「みてね基金」では、子どもや家族の幸せのために活動している団体を支援しています。
今回インタビューしたのは、第二期イノベーション助成の採択団体の一つ、「認定NPO法人テラ・ルネッサンス」。主にアジア・アフリカ地域の紛争経験国を中心とした自立支援活動や啓発活動を20年に渡って続ける団体です。
助成対象事業であるアフリカ・ブルンジでの活動と成果について、現地のプロジェクトに携わる古岡繭さん、川島綾香さんにお話を聞きました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 14:32 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年08月26日

「みてねの花」を咲かせよう! 満開になると「みてね基金」第三期の募集がスタート

ja_img_noteKV_mitenefund_20220822.png

「みてね基金」は、子どもの写真・動画共有アプリ「家族アルバム みてね」の社会活動として、「すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して」活動する非営利団体を支援しています。
「家族アルバム みてね」は、今年サービス開始から7周年を迎え、2022年8月にはご利用者数が1,500万人を突破いたしました。「みてね」利用者数1,500万人突破を記念して、2022年8月26日(金)から、みてね基金プロジェクト「みてねの花を咲かせよう」〜みてねを使って、子どもの笑顔をふやそう〜が始まります。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 14:47 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年07月22日

障がいも不登校も関係ない 阿蘇の大自然で行うインクルーシブ教育

220628172.jpg

一般社団法人sol
・障がい児サービス(児童発達支援、保育所等訪問支援、放課後等デイサービスなど)の利用児童数は増える傾向にあり、2019年度は2014年度に比べて約2.3倍になった(※1)。

・小・中学校を長期欠席した児童生徒のうち、2020年度の「不登校(90日以上登校していないこと)」の児童生徒数は196,127人。児童生徒1,000人あたりの不登校児童生徒数は20.5人(前年度18.8人)と8年連続で増加し、過去最多となっている(※2)。

・「みてね基金」に採択された「一般社団法人sol(ソル)」は、自然体験と伝統あそびを軸に障がいがある子もない子も一緒に育つ場を提供している。

「みてね基金」は、すべての子どもとその家族の幸せを願って活動しています。今回紹介する助成先は、熊本県阿蘇郡の大自然に囲まれた環境でインクルーシブ教育を実践する「一般社団法人sol」です。
代表の中山千春さんは、未就学児を中心に子どもの発達や遊びに合わせた保育の場を10年ほどかけて一つずつつくり続けてきました。「みてね基金」では、市街から離れた自然あふれる場所で地域や親子の課題を解決しコミュニティ作りを進めたいという中山さんの決意を支援するため、2021年春より組織や事業の基盤づくりなどに助成しています。
遠方からも足を運ぶ親子がいるほど信頼を集める「sol」の活動で中山さんが大切にしていること、また、学校に行く行かないに関係なくみんなで過ごせる居場所づくりについて語っていただきました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by みてね基金 at 10:05 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年06月02日

【活動レポート】伴走支援とは? 「みてね基金」が大切にする非資金的支援の裏側

2022.03 活動レポート.png

こんにちは、みてね基金事務局です。

「みてね基金」は、2022年4月13日で2周年を迎えました。
「すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して」というミッションのもと、子どもとその家族の課題を解決するNPO・NGOの91もの事業をご支援できることを、とても光栄に思っています。

「みてね基金」の2年間の歩みについては別記事でレポートしているので、今回は視点を変えて、「みてね基金」で大切にしている伴走支援に着目してみました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
posted by 関 at 12:34 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)

2022年05月10日

もっとインクルーシブに すべての子どもに行き渡るプログラミング教育を

minnanocode02.jpg

特定非営利活動法人みんなのコード

「みてね基金」では、子どもや家族の幸せのために活動している団体を支援しています。

2021年3月に採択した第2期の支援先団体の一つが、「特定非営利活動法人みんなのコード」です。2015年の設立以来、公教育におけるプログラミング教育の普及推進を行ってきました。

なぜプログラミング教育を社会に広げる活動が求められているのか、それによってどんな価値が生まれ、どんな未来につながるのか。同団体の福田晴一さんと杉之原明子さんにお話を聞きました。

記事の続きはこちらからどうぞ。
タグ:子育て 教育
posted by 関 at 10:35 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)