CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2010年08月 | Main | 2010年10月»
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
mogumogu
年末恒例「火の用心」 (02/15)
okinawa
少し出た芽 (02/15)
下町ママ
年末恒例「火の用心」 (01/23)
スドウミチコ
ファッション (06/20)
スドウミチコ
ざるそばとラタトゥイユ (06/20)
toshiji morita
ファッション (06/18)
toshiji morita
ざるそばとラタトゥイユ (06/18)
スドウミチコ
地味な作業のよろこび (05/31)
Rom Lam(ロン・ラム)
地味な作業のよろこび (05/31)
スドウミチコ
温室から路地へ (05/17)
竹林!?? [2010年09月25日(Sat)]


            お、京都の嵯峨野の竹林??


           アスパラでした。笑い
いまいちの田園 [2010年09月24日(Fri)]


田んぼの秋。稲穂はこうべをたれていますが、中身はなさそうです。
立て札 [2010年09月22日(Wed)]


う〜ん、こんなこともありますね。
できれば、鍵を開けて、誰でも来れる公園のような畑を目指しているのですが、
道のりはまだ遠いか。

ひとりの声にひとつひとつ反応して場当たり的な対応をするのではなく、この場所がどんな場所になるべきかを、しっかりとみんなの声を聞くべきだと思うのです。
おいしいもの [2010年09月20日(Mon)]


梶谷先生を囲んで、おにぎりパーティをしました。


園芸クラブのお昼は、いつも持ち寄りのおいしいものがいっぱい。
今日は、Nさんが、茨城で借りている畑で掘ってきたじゃがいもがたくさん。
じゃがいもの種類は10種近くありました。


粉ふきいもと、バター炒め煮。キタアカリは、そのままでもほっこりとおいしいので、粉ふきいもだそうです。ジャガイモの種類によって、それぞれの調理法を書いたレシピもいただきました。


畑で採れた、キュウリの漬物のほか、ゴーヤの佃煮、生ノリの酢の物、いちじくのコンポートなどなど、持ち寄りのおいしいものがいっぱい。


これは、Oさん自慢のマリネ。あまりのおいしさに、マリネ液を頂いて帰りました。
梶谷先生 [2010年09月20日(Mon)]


7月に、指導をいただいた梶谷先生が、再び来てくださいました。


今日は、花芽の話、ブロッコリーとカリフラワーの違いなどの講義。


狭い菜園でやっている私たちにとって、一番いい種まき、苗植えの方法を、一生懸命考えてくれました。千鳥植えが、一番らしい。


雨の中ですが、実習・実践も。
ナスは、もう終わりにしましょう。次の次を考えて、植える時期、植えるものを決めていかないといけないそうです。いきあたりばったりだと、植えられる選択肢が狭まってしまうのだそうです。「とても、かわいそうで抜けないわ!」というSさんですが、さて、来週は?


先生の指導のもと、千鳥植えに挑戦。
祭りだ! その3 [2010年09月19日(Sun)]




オールド・アイドルたちも、お祭りでは大活躍です。


さて、菜園の話です。祭りの最中も、畑は水を求めています。
今日は、モロヘイヤを、引っこ抜きました。


夜のうちあげ、「鉢洗い」の席に、今日とれたてのモロヘイヤとオクラを、おひたしにして届けました。


お疲れ様!来年も、健康でお祭りを迎えられますように。
町会では、こうして同じ行事を繰り返し繰り返し、やっています。変わらぬこの行事を待ちわびる人たちがいます。
近所とはいえ、改めて話す機会もなかなかありませんが、祭りに合わせて、孫や子供を連れてやってくる人と、久しぶりに顔を合わせ、「大きくなったね」「入院してたそうだけど、元気そうでよかった」などと、あちこちで話が弾んでいました。

来年もまた、同じように顔を合わせられるよう、小さな町の神社に皆でお参りしました。





祭りだ!その2 [2010年09月19日(Sun)]


午後は、恒例の第一町会お祭り広場。町内のおじさん、おばさんたちが、焼き鳥、綿あめ、ポップコーン、おでんなど、屋台を出します。


今年の目玉は、さんまと、ホタテ。町内の魚料理のお店のご主人の奉納です。
プロが炭火で焼いた新鮮な味に、大行列となりました。


こちらは、我が家が毎年まかされている「こども広場」。くじや、ゲームに、どこからわいてきたか、たくさんの子供たちが行列。神輿や山車をかついだり牽いたりしたご褒美に、お祭り件をもらって、並びます。


つい、数年前までこの行列にわくわくしながら並んだ高校生が、今回はお世話役。


こちらも同じく、大学生。選べる「豪華賞品」の前で迷いに迷う子供たちを、見守っていました。
祭りだ! その1 [2010年09月19日(Sun)]


待ちに待った、お祭りの季節がやってきました。祭礼期間は、お神酒所に近所の人たちが集まり、毎晩神様をお守りしながら酒をくみかわします。


さあ、金王八幡宮からの行列です。美しい衣をまとった巫女さんたちが目を引きます。


天狗さんも、暑い中、行列を先導します。




小さな小さなおみこしですが、毎年、途切れることなく子供たちが担ぎ続けます。


藍染めに挑戦 [2010年09月08日(Wed)]


畑に分けて頂いた藍が、水不足で枯れかかっていました。急いでいいところを刈りとって、今日は染めようと思っていたところ、園芸クラブの定例会で、藍染めの先生Wさんが、フレッシュな藍を、両手いっぱい、プレゼントしてくれました。オキシフルとネットもつけて。なんという偶然。今日は、ぜったいにやらねば。

いただいたメモと、シルクの素材を用意して。

生葉につけこみます。緑色に染まったところで、オキシフルを加えて色止めをします。


はい完成。お風呂場に干して、美しい青い色に変わるのを眺めました。


輪ゴムで止めた部分が白く残り、やさしい模様ができました。
スカーフは女性に、ポケットチーフは男性に。

これから、患者がつくる医者のための教科書をチームで出版します。
チームの結成式に、皆さんにおそろいでプレゼントしようと思います。
テツエさん [2010年09月07日(Tue)]


キウイ、あれ以来、落ちることもなくしっかりと実を育てています。


絵馬の効果かな。この絵馬を見るたびに、あったことのないテツエさん(このキウイの故郷の足立区グリーンプロジェクトの今は亡きメンバーです)のことを考えます。
このキウイに、テツエさんの思いが受け継がれている、と感じます。
| 次へ