CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年11月 | Main | 2010年01月»
<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
mogumogu
年末恒例「火の用心」 (02/15)
okinawa
少し出た芽 (02/15)
下町ママ
年末恒例「火の用心」 (01/23)
スドウミチコ
ファッション (06/20)
スドウミチコ
ざるそばとラタトゥイユ (06/20)
toshiji morita
ファッション (06/18)
toshiji morita
ざるそばとラタトゥイユ (06/18)
スドウミチコ
地味な作業のよろこび (05/31)
Rom Lam(ロン・ラム)
地味な作業のよろこび (05/31)
スドウミチコ
温室から路地へ (05/17)
おみそれしました、大先生の野菜 [2009年12月31日(Thu)]


こちらは、市川の親戚が届けてくれた野菜たち。
こちらもビジネスマンの作品です。野菜作りがこうじて、トラクターまで買いました。


りっぱ。大根、株、長ネギ、下仁田ネギ、ほうれんそう、小松菜、にんじん・・・。大先生です。
ゴマまでつくっているのです。


いたみやすい葉っぱは、さっそくゆでて冷凍に。うれしい大忙しの年末です。


お餅を切るのは長男の務め!?4枚、力仕事でした。
急げ、年越しの前に!
師匠から梅づくしが [2009年12月31日(Thu)]


畑の師匠、森田さんから、自宅の梅でつくった梅干しと、梅ジャム、
白菜の漬物が届きました。

森田さんは、うちの親戚。庭を全部畑にして、本格的農業をやっています。
一級建築士らしく、区画整理がびしっとされた美しい畑です。

本当においしい昔ながらの梅干しの味と、我が家の自家製パンによく合う梅ジャム。
ごちそうさまでした。
火の用心 [2009年12月30日(Wed)]


年末恒例、町内会をまわる「火の用心」。大人も子供も、大声で、安全をよびかけます。


寒い夜の町内を回ってきた人たちには、お酒やお菓子がふるまわれます。
こどもたちには、お菓子、大人にはお餅のお土産。お手製の漬物の差し入れも届きます。
お年寄りにはお年寄りの役目、こどもには子供の役目があります。


消防団や、隣の町会の方々も、慰労にやってきます。


来年も、良い年になりますように。みんなで記念撮影しました。
知らない人のいないほどの繁華街渋谷をかかえるこの大都会の町内会では、新旧いろいろな人、家族がよりそい、小さなかかわりを大切に育てています。
こうした小さな行事をくりかえし、くりかえしおこなうことが、安心して住み続ける町を育てているのだと感じます。

例のお正月飾りも、ちょこんと存在感。
抽選で、町会長のお母様に差し上げました。

お正月はすぐそこに [2009年12月29日(Tue)]


さあ、園芸クラブも今年最後です。


リサイクルコンポストの肥料をまぜて、土に栄養を。


池も、枯葉の大掃除。


花壇もきれいに整えて、


桜も今年最後の手入れです。
お正月は、もうすぐそこまできています。
年末出血サービス [2009年12月28日(Mon)]


Sさんのおうちの大掃除で、掘り出し物がいろいろと出てきたそうです。
運動会や、お掃除、銀行の景品など。
うちは、昆布とたわしをいただきました。
お掃除しないと。
オレンジカリフラワー [2009年12月27日(Sun)]


葉をかき分けると、新しいカリフラワーの実がのぞいています。


こちらは、十分な大きさ。大根はいまいちなのですが、カリフラワーには向いている畑のようです。「売ってるやつみたい」これが、最高の自画自賛の言葉です。


年末だし、思い切って、ぬいちゃおう。


はい、こんなかんじ。「ひとつで分けられないので、ピクルスにして、年始にみんなで食べましょう」と、ピクルスづくりを命名されたOさん。
隣の芝生 [2009年12月26日(Sat)]


とてもきれいな畑。
これは、町会のではなく、ご近所の文具店のKさんご一家。
80すぎたおばあちゃまとお嫁さんは、大の仲良し。仲良しさが、行儀よく並んですくすくと育つ畑の作物の並び方からも伝わってくるようです
こうして、よその畑を眺めては、「上手だねえ」「よくいらしてるものねえ」と、噂し合う町会の面々です。
エコアパファミリー [2009年12月24日(Thu)]

キウイのテツエをいただいた、足立グリーンプロジェクト代表であり、
現在「畑のついたエコアパート」でブレイクした平田ファミリーが、やってきました.
美竹のキウイは、今年はゼロ個でしたが、エコアパは1500個実り、
おすそわけいただきました。
ひとつぶだねのCちゃんは、お父さんそっくりのわんぱく娘です。
お正月飾り2 [2009年12月23日(Wed)]


   母と娘


   町会三婆からお二人


   若手は目がいいので、有利!?


   最後まで、がんばろう
   水引の結び方や、しめ縄の男結びなど、高度?な技も取得しました。


   見事、全員完成。先生、約3時間半。根気よくありがとうございました。
お正月飾り教室1 [2009年12月23日(Wed)]


待ちに待った、お正月飾り教室の日です。菜園の仲間と、町会婦人部のコラボ第2回。


先生は、町内のOさん。フラワーアレンジメントの先生で、かつ、研究者でもあります。
お正月飾りに使う松、竹、梅、うらじろ、南天、譲り葉、野老(ところ)、稲穂、柿、昆布、ホンダワラ、ネコヤナギなど、それぞれの由来や意味を、丁寧に解説してくれました。
何気なく見ていた正月飾りですが、歴史は万葉集や中国、印度にまでおよび、ひとつひとつに意味をもたせていた古の人々の思いに触れたようでした。


材料をこれだけそろえるのも、こうした資料をつくるのも、どんなに大変だったでしょう。
うれしいやら、申し訳ないやら、今日はラッキーです。


とはいえ、かなり本格的。手もかかるし、頭も使う難易度の高いバージョン。


やっと、それらしくなってきて、今までの作業がこうなるんだとここまできて納得。
あとは、飾りだけ。それぞれのセンスにかかっています。
| 次へ