CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2009年01月 | Main | 2009年03月»
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリアーカイブ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
mogumogu
年末恒例「火の用心」 (02/15)
okinawa
少し出た芽 (02/15)
下町ママ
年末恒例「火の用心」 (01/23)
スドウミチコ
ファッション (06/20)
スドウミチコ
ざるそばとラタトゥイユ (06/20)
toshiji morita
ファッション (06/18)
toshiji morita
ざるそばとラタトゥイユ (06/18)
スドウミチコ
地味な作業のよろこび (05/31)
Rom Lam(ロン・ラム)
地味な作業のよろこび (05/31)
スドウミチコ
温室から路地へ (05/17)
品川カブ [2009年02月22日(Sun)]


江戸野菜、品川カブを掘ってみました。
予想通り(!?)スリムでした。


葉っぱはりっぱです。



白菜も、そろそろ本格的に藁で縛る時期となりました。

何度も言いますが、春は間近です。


水仙とキヌサヤ [2009年02月17日(Tue)]


キヌサヤの花が咲きそうです。


キヌサヤの周りに植えたスイセンが、きれいに咲きました。
本当にいい香りです。

こちらも、カエルさん同様、ポカポカ陽気のおかげですね。
カエル騒動 [2009年02月16日(Mon)]


   今日は、池の掃除。
   ふとみると、
   体長20センチ以上の大きなガマ?イボ?ガエルが
   7〜8匹?!啓蟄には早すぎるのですが、ここ数日の
   ポカポカ陽気にかんちがい?


   卵を産んでいました


   保育園の子供たちがお散歩がてら見学。
   「かえるさ〜ん」
   もう、気持ち悪いなんて言ったら、教育上よくありません。
   掃除中の池から飛び出すカエルを、
   手づかみで、何度も池にもどしながら、
   「みんな、かえるさんかわいいね。」とお話ししてあげました。困った
   

   池の中は藻がいっぱい。かきつばたも伸び放題。
   すっかりさらいました。


   掃除が終わると、気持ち良さそうなカエル泳ぎが見れました。
   なんだか、本当にかわいく思えてきました。

   春はもうそこまで来ています。
うらやましい収穫 [2009年02月15日(Sun)]


             かわいいにんじんがたくさん!
             お隣の畑です。
             今日は、小さなお孫さんなどご家族で収穫のようです。




            カブもいっぱい。
            「小さくても、とてもやわらかくて、生でもおいしいのよ。
            無農薬の野菜を
            こんなにたっぷり食べられるなんて幸せですね」

ほかの畑も、今は水菜、ほうれんそう、春菊、ルッコラなど、葉物がさかんに収穫時です。

なっちゃん [2009年02月15日(Sun)]



         いつも、町内地元区画の仲間は、お茶やお菓子を持ち寄って、
         作業の後に、おしゃべりをしているのですが、
         このジュースとカップは、
         一緒にたい肥をつくっている他の区画のおじさんが
         もってきてくださいました。
         お相撲の柄のリユースカップもたくさん。かわいいですね。

         今日は、終わったらみんなでお茶を飲もうって、思って用意してきて
         くださったのかと思ったら、とてもあたたかい気持ちになりました。

         ついこの間までは、こちらでお茶を飲んでいても、ちょっと挨拶して
         すれちがうだけだった方たちと、少しずつ、
         自然におしゃべりをするようになっています。


たい肥すき返し [2009年02月15日(Sun)]


     月に一度のたい肥すき返しの日です。
     役所からは、待望のレーキが届いていました。
     さて、どんな風になっているでしょう。
     先月約束した菜園のお仲間が、次々と集まってきました。
     電動ドライバー持参で、ヤードの仕切りをはずす準備をしてきた人も。


      ビニールをはずして、鍬を入れると、
      「わあ!すごいにおい!」こやしのにおいです。
       マスク軍団が、作業を始めます。

      まだまだそんなに変わっていませんが、明らかに発酵はすすんでいます。
      硬くて、重くて、想像以上の重労働でした。
      交代で掘り起こしたり運んだり、声をかけたりしていたら、
      いつのまにか生まれる連帯感!?
     

      一時は、全部は無理かと思いましたが、最後までがんばりました。
      来月は、また左から右へ、すき返します。




継母すみれ [2009年02月15日(Sun)]


     三色すみれ、またはパンジーです。
     チューリップがまだ芽が出ないころ、花畑がさびしいので、
     苗で植えた物が、色とりどりの花を咲かせ、
     ますます大きくなっています。

     「下のほうに模様のある花びらが2枚あって、それが連れ子。
     上1枚だけ無色ということから、ドイツでは、
    ゛ままははすみれ(継母すみれ) と呼んでいるのよ。
     花の中でも最も色の種類の多い花なのよ」
     これを教えてくださったのは、
     お正月飾りをみんなでつくったときの先生、Oさん。
     植物のいわれや歴史を、本当によくご存じです。

     中国からきた野菜の話、
     ヨーロッパから来たお花の話など、
     いくらでもおもしろいお話が出てきます。

ブロッコリーとチューリップ [2009年02月14日(Sat)]


        先週収穫した大きなブロッコリーの脇芽が育って、
        こんなにおいしそうに、たくさんなりました。
        生命力。


       しばらく見ないうちに、暖かさをかんじたのか、
       チューリップがこんなに育ちました。
       こちらも生命力。


          全体を見渡すと、こんなに青々とした畑になってきました。

               春間近かです。

ブロッコリー収穫 [2009年02月04日(Wed)]

採るのがもったいないなあ
でも、黄色くなりかけてるよ。
もう、大きくならないね。
では!



茎までおいしそうです。



今日の白菜。笑顔が素敵です。
今日は寒いので、お鍋でしょうか?
キウイの剪定 お客様 [2009年02月02日(Mon)]

テツエちゃんの剪定に、足立から、平田さんが来てくれました。


剪定は、次に実をつける枝を想像しながら、残すものと切る物をよりわけていきます。
どれもかわいいけれど、しかたがない。

あれだ、これだと下から声をかけます。


お疲れ様でした。
お茶を飲みながら、来年の豊作を願って、キウイジャムを食べました。
| 次へ