CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 2008年07月»
<< 2008年06月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
mogumogu
年末恒例「火の用心」 (02/15)
okinawa
少し出た芽 (02/15)
下町ママ
年末恒例「火の用心」 (01/23)
スドウミチコ
ファッション (06/20)
スドウミチコ
ざるそばとラタトゥイユ (06/20)
toshiji morita
ファッション (06/18)
toshiji morita
ざるそばとラタトゥイユ (06/18)
スドウミチコ
地味な作業のよろこび (05/31)
Rom Lam(ロン・ラム)
地味な作業のよろこび (05/31)
スドウミチコ
温室から路地へ (05/17)
オープニングイベントとうもろこし畑をつくろう! [2008年06月07日(Sat)]

とうもろこし畑をつくって、お祭りで屋台を出そう」
このユニークな発想から、苗は、Oさんが田舎から買ってきてくださり、
事務局がお知らせの「ひまわり通信」を発行しました。

   植える前

当日は、町会長をはじめ、お年寄りから中学生まで、老若男女が集い、鍬をふるいました。
「畝ってどこをさすのかな」
「畦っていう言葉もあるよね」
「肥料はこれでいいのかな」
「漫画で読んだから、まちがいない」

渋谷に田畑があったのは、それこそ江戸時代くらいまでさかのぼらなければならないのでは?誰しもここの住民は、畑の初心者なので、こんなユニークな会話がとびかい、
あちこちで笑い声が聞こえます。




町会長からの差し入れジュースで乾杯。
体力のある人も、ない人も、みんなで、畑を育んでいこうね、という話になりました。


ひまわり通信第一号 [2008年06月03日(Tue)]



町内会の掲示板に、オープニングイベントのお知らせを掲示しました。

とうもろこしを植えて、秋のおまつり広場で屋台を出そう?

ひまわりの種をうえよう

これで、地域のみなさんで楽しめる畑が2面できるはず。
たくさんの参加者を待っています。
お友達ができました [2008年06月02日(Mon)]

この都会の真ん中の畑に応募・当選した方たちは、倍率14倍ともいわれ、幸運の星のもとにある方々です。
バスにのって、毎日耕しにいらっしゃるシニアのご婦人。
染色が趣味の若いお母さん。
お向かいの高級マンションンの奥様。
みんな、一生懸命たがやしていらっしゃいます。



こちら地元枠は、人手も多く、手伝おうかなと思いますが、耕すこともきついけど楽しい畑の仕事のひとつなので、やってしまったら楽しみを奪うかも。
では、お茶でもいっしょに飲みましょうと、みんなで一息つきました。

「野菜づくりがいそがしいから、当分は、夕飯はお弁当でも買って帰ろうかな」
などと、楽しい話に花が咲きました。

これから、楽しいお仲間です。