CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«雨上がりの受粉2日目 | Main | 畑の彩り»
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
アーカイブ
最新コメント
mogumogu
年末恒例「火の用心」 (02/15)
okinawa
少し出た芽 (02/15)
下町ママ
年末恒例「火の用心」 (01/23)
スドウミチコ
ファッション (06/20)
スドウミチコ
ざるそばとラタトゥイユ (06/20)
toshiji morita
ファッション (06/18)
toshiji morita
ざるそばとラタトゥイユ (06/18)
スドウミチコ
地味な作業のよろこび (05/31)
Rom Lam(ロン・ラム)
地味な作業のよろこび (05/31)
スドウミチコ
温室から路地へ (05/17)
お客様と受粉終了 [2010年05月26日(Wed)]


3日目の受粉。いよいよ、テツエのふるさと、足立の平田さんが、しびれを切らして?指導にきました。


これが、足立区からいただいた、かつて一緒にいたオスの木からの雄花と花粉です。


雄花は、芯が違います。我々が雄花と思っていたのは、雌花でした。
よく見ると、枝はメスの木からきていました。


しかも、授粉器の使用法も違っていました。美竹「ちっとも出てこない」というと、平田「ストローついてませんでした?」美竹「ああ、あったあった・・どおりで!」
脱脂綿や筆で悪戦苦闘しましたが、これを見てください。


受粉ができた花は、すぐに花弁を落とし、このように、膨らんできます。

できたね、成功したね、テツエは、シブヤの畑に根づきました。感動・・・。
コメントする
コメント