CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
棚田 開拓者の旅 絶景探求コース [2018年04月06日(Fri)]
4月29日(日)は、御祓最大の体験ツアーである
内子みそぎ自然浴ツアー 開催日です。

今年のツアーでは、
Aプラン 龍馬街道と絶景探求コース
Bプラン 紅葉滝と魂の浄化コース
Cプラン しゃくなげ祭りコース 

の3種類の予約が出来ます。

どのコースも最後は、泉谷でしゃくなげ祭り(地元料理と豊年踊り)に参加するのですが、A・Bプランは、御祓探検ツアーとして地元ガイドと歩くハイキングが付いています。

その中で、今回Aプランのコースをご紹介します。

やはり実施するためには現地を知っておかないと!というわけで下見・案内に集まったのは、御祓のお歴々たち。元気な方々です。

下見では、かかる時間、倒木などの障害物の確認、草の生え具合、ガイドする内容など、細かに検討しながら進むことが求められます。山を知り尽くした男たちがいれば安心です。

Aコースは、まず龍馬が脱藩の際に宿泊したという泉ヶ峠に向かいます。
ここです。
180406-1.jpg

石碑がありますが、ここにはかつて宿場町が広がっておりました。要は交通の拠点だったのです。
いつもならここから脱藩と同じく西を目指しておりましたが、今年はこれを逆に進んでみます。

しゅっぱーつ!下見参加者は、N川さん、N永さん、M栄さんと私
180406-2.jpg

龍馬が駆け抜けた尾根道を、ナタを片手に、ゴイゴイ進んでいく男たち。
山を知り尽くした男たちからは、色々な情報が聞こえてきます。
180406-3.jpg

ここらの森は、昔は、家の屋根を葺くカヤを栽培するための茅場だったそうです。

森を抜けて開けたところに出ました。
180406-5.jpg

ここが絶景POINT
180406-6.jpg

うわああ、遠くまで、よーく見える〜♪ すごおおい!!

となるはずです、当日は・・・・

ここまでの所要時間20分、よしよし。
この絶景POINTから、棚田に向かって下降してまいります。

そんな時、山を知り尽くした男たちから
「おい、ええワラビが生えとるぞ。」「ツアーが今日じゃったらよかったのにのう」という声が

生えてます、生えてます。ワラビがわんさか!
180406-7.jpg

本当、自然浴ツアーのときにも生えていたらラッキーですね。

さっそくワラビ採りに夢中になる、山を知り尽くした男たち
180406-8.jpg

徐々に、歩みが滞ってくる、山を知り尽くした男たち
180406-10.jpg

この段階で「ナタはあんたがもっておいてや!」とナタを渡されました。

ワラビ採りに夢中になりすぎて本来の業務を忘れた、山を知り尽くした男たち
180406-9.jpg

ワラビをたくさん採れたので、ご満悦な、山を知りつくした男たち
180406-11.jpg

たくさん採れてよかったですね・・・・

がんばれ、俺たち!
この記事のURL
https://blog.canpan.info/misoginogururi/archive/34
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
T山
大雨が・・・ (07/26) T山
大雨が・・・ (07/23) T山
御祓の救世主、誰が?の壁を越えろ! (03/14) 横の人
御祓を巡るシリーズA (02/28)
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

御祓地区棚田を守る会さんの画像
日別アーカイブ
https://blog.canpan.info/misoginogururi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/misoginogururi/index2_0.xml