CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「コミュニティカフェゆめたい」裏話と店番のひとり言
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
おみくじ [2011年01月06日(Thu)]
2011年 明けて6日目。
TVでもふつーの番組が放送されだして お正月も終わった〜って感じ。

お店も4日から始まった。
初詣帰りのお客さんが寄ってくれたかな?



2日に ツインウフェーブ通って 厳島神社に初詣。
おみくじをひいた。

占いにはあまり興味がない。
血液型の話でよく盛り上がるが 実はまったく信じてない。

だけどこの日 
こんもり盛られたおみくじの山がちょっと気になった。
神主さんに100円渡し 山の中に手をつっこんで1つ取る。

おおぉ〜「大吉」!!

やっぱりチョットうれしいかな。

なくしたモノは見つかるし 待ち人はすぐ来るし
仕事も学業も大成功。
商売繁盛 恋愛成就 家内安全 安産らしい。



・・・・・・なんだか困っちゃうな(汗)
Posted by ゆめたい at 11:45
月2の会議 [2010年12月28日(Tue)]
ゆめたい運営会議は 月2回。

第2・第4木曜日 閉店後の夜7時15分から。
そして 店の電気が消えるのは たいてい10時すぎ。

どうして こんなに遅くなってしまうんだろう・・・。

前回は なんと11時を過ぎてた(あわわわ)
次回は 明日になっちゃうのか・・・。


次回は もちょっと早口で話そう(違)
Posted by ゆめたい at 01:57
うれしいこと [2010年12月21日(Tue)]
「ブログ見てますよ」って言われた。

言ってくれたのは
小箱のオーナーさんとたい焼き屋さんの店長さん(身内ぢゃん・・・)

身内だけど うれしいな。
「ひとり言」と言ってはいるが 
読まれることを期待して書いているからね。

書き始めた頃は アクセス数ひと桁の日々。
(今もたいして変わらないけど)
泣いた日もあった。
(ウソです しょんぼりしただけです)

たかがブログ されどブログだ。

店のオモテもちょっぴりウラも 
ブログを通して知ってもらって 
ちょっとずつ身近な存在になれたらいい。
 
Posted by ゆめたい at 20:20
おじさんの一言 [2010年12月18日(Sat)]
店番の日 小箱の作品がたくさん売れた。

「安い! こんなに安いの〜?」と 2つ買ってくれたおじさん。

でも そのあとの一言がひっかかる。

「障害者がつくったんじゃないんでしょ?」




小箱には 福祉団体の事業所でつくられた作品も並んでいるけれど
それは 障害をもつ人の作品ではなかった。

おじさんの真意はわからない。
障害者のつくった作品なら買わないのか・・・?
障害者のつくった作品なら安いのは当たり前だと思ったのか・・・?

障害のある人がつくった作品は
そうじゃない作品と比べて とくべつ違ったところもないし
むしろ あったか味のあるステキな作品ばかりだ。

でも 障害のある人がつくった作品は
おじさんにとって「とくべつなモノ」なんだな。

作品やその労働力を 肩書きや見た目で正当に評価されない現実。
それを「偏見」というのか・・・。

おじさんに「偏見」があるのかは わからない。
あるいは 深読みしてしまう自分に「偏見」あるのかもしれない。

買ってもらえたことは ありがたいことだ。
プレゼントにするって言ってたから
店の評判が広まってくれたら さらにありがたい。

よいモノを売る「とくべつな店」になれればいいな。




おじさんの一言に いろんなことを考えた店番の日。

 
Posted by ゆめたい at 10:31
「キャンドルナイト」もうひとつのレポート [2010年12月13日(Mon)]
中央公園のキャンドルナイトに行ってきた。

着いたのは7時半近く。
公園の奥のほうまで続く光の道ができていた。
風が強くて消えてしまったキャンドルもあったけど
1500個ならべると けっこういい雰囲気だな。


通りすがりの人が 幻想的な景色を不思議そうに眺めている。
いったい この景色はなんなのか??
周りとキョロキョロ見回してみたけれど
手がかりになるようなものは見当たらない・・・。

このたくさんのキャンドル
誰が どんな想いでつくったのか
誰が どんな想いでならべたのか
街の人たちにも知ってほしいな と思った。

その想いを知ることができたら
このキャンドルの灯りを
もっともっとあったかく感じることができるんじゃないかな。

たとえば・・・
街の人たちがキャンドルのオーナーになって
自分のキャンドルを灯しに来る ってのはどうだろう。

お祭りやイベントって
地域を巻き込んで たくさんの人が参加していけたらとても楽しい。

毎年この時期 街の人たちが楽しみにするイベント。
キャンドルナイトも そんなイベントに育つといいな。
 
 
 
Posted by ゆめたい at 11:28
ブログのカスタマイズ [2010年12月04日(Sat)]
あっちのブログのデザインをちょくちょく変えている。

ここ(CANPAN)が提供しているデザインだから
勝手にいぢるわけにはいかないんだけど
タイトルの写真とか 背景の色とか 文字の色とかだけ
自分でカスタマイズできるスキンを使用中。

でも
プログラムをいぢるのはかなり勇気が必要だ。
「.」が1つ抜けただけでも 
デザインが見る影もなくぐちゃぐちゃになっちゃうよ。
あの時の絶望感はたまらない・・・・。
だいだい合ってればいいんじゃないの〜 って思うんだけど
そうもいかないんだよね。
変更を保存する時 緊張して指がふるえちゃうよ〜(嘘)

夕べは写真をいぢって イラストを追加してみた。
そしたら 背景の色も変えたくなった。

いぢってると あっという間に時間が過ぎるな・・・。
Posted by ゆめたい at 09:06
オーナーさんに会ったこと [2010年12月03日(Fri)]
店番をしていると 小箱のオーナーさんが納品にやってくる。

*******

「織 文」のオーナーさんは
織ったり染めたりするのが大好きで 
手織りのマフラーや染めたシルクスカーフなんかが 
どんどん完成するらしい。
さいしょは 親戚や知り合いにあげたりしてたらしいけど
そろそろあげる人がいなくなって困ってた時に 
小箱ショップを知ったんだそうだ。

この日納品されたマフラーは チョット変わった織り方。
「花織みたいだな〜」って言ったら「ロートン織」っていうんだって。
あとで調べてみたら どっちも琉球の織り方だった。
どおりで似てるね。

*******

「Happy Flow」は天然石のブレスレットのお店。
天然石(パワーストーン)は 
それぞれもっているパワーがちがうんだって。(温泉の効能みたいだ)
さっそくネットで検索。
恋愛運 結婚運 金運 仕事運 厄よけ 癒し etc・・・
すごいぞ パワーストーン! 

ちなみに
オーナーさんの名前が 昔のペンネームと同じでビックリ!?
ペンネームっていってもさ
自分の名前がイヤでイヤでたまらなかった中学時代に
「こんな名前になりたかったな〜」って考えた名前だ。
おぉ〜 あれほどあこがれた名前をもつ人が目の前にいる・・・。
なんだか懐かしいような 不思議な気分だった。
(この出会いは パワーストーンのお導きなのかっ!)

*******

と ま〜 こんな具合で 
いろんな出会いがある店番は楽しい。
Posted by ゆめたい at 15:15
ボランティアって [2010年11月27日(Sat)]
ボランティアとは・・・ 

検索したら 某有名百科事典サイトにこうあった。
「古典的な定義では
 自発(自主)性、無償(無給)性、利他(社会、公共、公益)性に基づく活動
 日本では奉仕活動の同義語、
 無償労働の意でボランティアという語を用いる場合もある。」


「人の手(店番)が足りない」と知り合いに声をかけられ
週1の店番をするようになって10ヶ月。
自発的な無償労働なので いわゆるボランティアだ。

だけど 誰かのためになにかをしているという実感はなく
あまり知り合いもいない地域で(引きこもりがちだから?) 
こうして店に来させてもらえていることが 
逆にありがたいことだと思っている。

店の利益は(大々的に公表はしていないけれど)
障害者の就労支援活動のためにつかうという目標があって
代表や他のスタッフの人たちは 
そのための準備を少しずつ進めているらしいんだけど。
そのあたりの知識も問題意識もまるでない自分・・・
こんな関わり方でいいのかな?
ちょっと無責任ではありませんか?

結果的に 公益性がある活動のお手伝いになっているのかもしれないが
楽しいと感じるためだけに通っていることが 
なんだか罪なことのように思えて モヤモヤしてしまう今日このごろ。

でもこうも思う。

店番で通うこと自体が
この店を中心とする「コミュニティ」の一員になることなわけで
(サクラか・・・苦笑)
この店がもっともっと盛り上がって
地域デビューのきっかけの場所みたいになればいいなぁ〜 と思ったり。

あ・・・
地域デビューといえば
ボランティアしてると思ってた自分が 1番お世話になってるぢゃん。
Posted by ゆめたい at 21:07
ワンデーレッスンのこと [2010年11月19日(Fri)]
昨日 ひさしぶりに友だちとランチ。
マーケティングしてみた。

わたし:ワンデーレッスンって興味ある?

 友1:ビーズとかでナニかつくりた〜い。
 
 友2:個人でビーズをそろえると けっこうお金かかっちゃうし〜。

わたし:ほえ〜 なるほど〜。


「材料がそろっている」
これは かなり重要なことだ。

ちなみに 料理をつくる時
材料が1つでも足りないと ああ〜ダメだ〜と作る気が失せてしまう。
冷蔵庫に入っている材料だけで
ぱぱっとすばらしい料理をつくるのにもあこがれる。
1つ足りないからって
味にたいして影響がないのもわかってる。
だけど ぷしゅ〜と風船がしぼむように
作る意欲がなくなっていくのは止められないのだ。

ん? ここで料理下手を暴露してどうする・・・。


ワンデーレッスン やってみたいね。
Posted by ゆめたい at 18:48
お店番をスカウト [2010年11月16日(Tue)]
お店番スタッフがふえた。
代表と同じマンションにお住まいのJさん。

ある日 お店番してた代表が 
たまたま店の前を通った 散歩中のJさんをスカウトしたそーな。
そしてJさんは たまたま今してる仕事をやめる予定だったそーな。

たまたまとたまたまが重なって スカウト成功!!

Jさんは接客業の経験もあるそうで 心強いのだ。
よろしくお願いしマス。
Posted by ゆめたい at 10:54
| 次へ
プロフィール

ゆめたいさんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/miseban/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miseban/index2_0.xml