CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年03月16日

【三澤了さん追悼集より】横田弘さんと三澤了さん対談記事

三澤了さん追悼集より、DPI日本会議機関誌Vol.22-2(2006年発行)より転載した特集記事「障害者の『生』と『尊厳死』」より、2013年にお亡くなりになった横田弘さんと三澤さんの対談記事を再掲載します。

キャプチャ.PNG

本日、相模原市の殺傷事件の地裁判決が出されます。
公判は16回にわたって開かれました。
そのたびに、被告から出される差別的な言葉の一つ一つが文字になり、ニュースになり、多くの人が口にすることで、また心を痛め、再び事件を振り返る。
そのような年月を過ごしてきた方が、とても多かったのではないかと思います。

「障害者は当たり前に生きていってはいけないのかという、それだけですよ。」
横田さんの言葉で締められた対談は、事件が起きる10年前に行ったものです。
いま、また多くの方にご一読いただきたいと思います。

◇記事はこちらからご覧いただけます(PDF)◇
※大変申し訳ありませんが、PDFデータはテキストが挿入されていません。
 ワード版はこちらからダウンロードできます。


横田弘(よこた・ひろし)さん
1933年、横浜市生まれ。難産による脳性マヒのため不就学。60年、脳性マヒ者の組織「青い芝の会」に参加。64~67年、障害者解放コロニー「マハラバ村」に参加。この間に結婚、長男誕生。70年に起きた、障害児殺しの母親に対する減刑嘆願運動反対の取組みを皮切りに、「青い芝」神奈川県連合会の一員として、映画『さようならCP』制作・上映、バス乗車拒否に対する闘争、優生保護法改定反対運動、養護学校義務化阻止闘争など、障害者の生存権確立運動を展開。
2013年6月3日、80歳のお誕生日を迎えられた翌月に逝去。



posted by ayano sato at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2020年03月02日

【助成事業報告・No12】NPO法人自立生活センターSTEPえどがわ

日頃より、三澤基金の運営へのご協力ありがとうございます。
助成第12号事業のNPO法人自立生活センターSTEPえどがわの事業報告書を掲載致します。

◆助成第12号◆
NPO法人自立生活センターSTEPえどがわ(団体・東京都)

◆申請事業◆
若手障害者のファンドレイジング体得プロジェクト

◆助成決定額◆
258,790円

◆事業担当者◆
曽田夏記さん(当事者スタッフ)

曽田さん:前列の左から1人目(報告会資料より).png
曽田さん:前列の左から1人目(報告会資料より)

※申請内容については、助成決定記事をご覧ください。


◆事業の目的・概要・効果等◆
(1)事業の目的
若手障害者が経営資源を獲得するための体系的な手法を体得し、ファンドレイジングのプロセスを通じ障害者運動へのサポーター層を広く獲得すること。
(2)概要
@本申請者(担当者)が、ファンドレイジング協会が主催する「ファンドレイジングスクール」を受講し、ファンドレイジングの知識・手法を体系的に習得。
A本申請者(担当者)が習得した内容を踏まえ、所属団体(STEPえどがわ)のファンドレイジング戦略を策定・実施。
B上記Aで実践した結果について、自立生活センター等の関係者に対し報告会を実施。

◆事業時期・内容◆
(1)ファンドレイジング・スクールの受講
・2018年5月12日〜2019年1月19日
・ファンドレイジングに関する基礎的な知識を体系的に習得し、自団体のファンドレイジング戦略を策定した。
(2)報告会「これからの障害者運動のためのファンドレイジング入門」の実施
・2019年4月12日(金) 13:30〜15:30  場所:東京都障害者福祉会館
・ファンドレイジングの基礎知識と、自団体のファンドレイジング戦略を発表。
 多様な団体から約50名が参加した。

◆事業成果◆
(1)申請者(担当者)がファンドレイジングの知識を体系的に習得した
ファンドレイジング・スクールにおける受講や課題提出などを通じ、ファンドレイザーとして必要な知識を体系的に習得することができた。期間中、スクールの修了要件である「准認定ファンドレイザー」の資格も習得した。
(2)自団体のファンドレイジング戦略を策定した 
スクールの修了要件である「自団体のファンドレイジング戦略」を、ファンドレイジング協会のコンサルテーションを受けつつ、担当者・理事を交え策定した。また、本事業終了後の実践に向け、自団体内での説明会を踏まえ、「ファンドレイジング準備委員会」を団体内で設立した。
(3)障害者運動におけるファンドレイジングの活用について、関心が高まった
上述の報告会の実施を通じ、自団体だけではなく、多様な団体がファンドレイジングについての関心を高める機会を設けることができた。限られた時間ではあったが、ファンドレイジングの基礎知識等についても共有することができた。
(4)多様な団体・人材とのネットワークを構築した
ファンドレイジング・スクールへの通年通学を通じ、同期である約30名の多岐にわたるNPO関係者と出会い、ネットワークを構築することができた。多様な社会運動のあり方に触れ、「他流試合」を繰り返すことで、良い意味で「障害者運動」を他の活動と比較しながら見つめる視点を得ることにもつながった。


◆経費収支内訳◆
■収入:三澤基金助成金 258,790円
(270,000円の助成だったが、残金を返金)

■支出:
 ファンドレイジングスクール受講料 216,000円
 資料印刷代(報告会)         8,790円
 情報保障費(報告会・点字資料作成) 34,000円


◆今後に向けて◆
 まずは、策定した自団体のファンドレイジング戦略を着実に実施したい。
 その上で、自団体の実践から得られたファンドレイジングのノウハウについて、継続的に他団体にも共有し、自身や自団体だけではなく、障害者運動全体に裨益するようにしていきたい。特に、DPIについてはCILと異なり寄付集めがより重要となってくること、自身が特別常任委員であることに鑑み、積極的に貢献したい。
 ファンドレイジング協会が現在実施している講座について、内容が非常に有益であるにも関わらず、情報保障等の面で十分な配慮がなされていないと感じた。また、横文字等の使用も多く、参加しづらい印象がある。私たちが合理的配慮を求めつつ参加することで、よりインクルーシブな環境になっていくと感じた。

資料
1.STEPえどがわファンドレイジング戦略レポート(PDF)
2.報告会「これからの障害者運動のためのファンドレイジング入門」発表資料(PDF)

◇助成報告書はこちらからご覧いただけます(PDF)◇



┏────────────────────────────────────────┓
三澤了基金では、多くの方々の賛同と支援をいただきながら、
新しい時代を担う次世代の障害者リーダーを育てるための事業を募集しております。
今後とも皆様のご支援、そして積極的なご参加をどうぞよろしくお願い申し上げます。
┗────────────────────────────────────────┛