CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年01月14日

【助成事業報告・No4】加倉朋和

日頃より、三澤基金の運営へのご協力ありがとうございます。
2019年もどうぞよろしくお願い致します。
助成第4号事業の加倉朋和さんの、事業報告書を掲載致します。


◆助成第4号◆
加倉 朋和(個人・岩手県)

◆申請事業◆
大阪施設見学とポジティブ交流祭参加


◆助成決定額◆
100,000円

◆目的・概要・効果等◆
支援学校在学中の申請者が将来ヘルパーの仕事に興味が有り、大阪の事業所さん並びに、自立生活されている当事者さんの協力のもと同行させていただき、体験学習及び施設見学することで、より具体的な目標を立てる。


◆事業時期・内容◆
11/21(土)〜23(月) 
21日am自立生活夢宙センター見学 pm社会福祉法人ゆうのゆうデーセンター夢飛行見学 
22日ヘルプセンターぴっとinの重度障がいをもつ方とそのヘルパーさんに同行 
23日ポジティブ交流祭参加


◆事業成果・今後に向けて◆
[自立生活夢宙センター]
生活介護すぺーすしゃとるのヘルパーさんと麻痺のある方の食事介助をしました。僕は、タイミングがわからなかったけど職員の方がわかりやすく教えてくれたのでその通りにしたら上手くできました。僕は、障がいがある人の食事介助を初めてしてきました。
大阪の人たちは、自分たちで車イスを動かして色んなところに行くところを初めてみてびっくりしました。
夢中センター内にあるヘルプセンターぴっとINの重度障がいがあるスタッフの方とヘルパーさんと大阪の街を同行させていただきました。車イスを足で操作していました。足で操作しいるところを初めて見てびっくりしました。

自立生活夢宙センター内村さんから色んな話を聞きました。大阪では電車に車イスで乗れると聞きました。大阪はやっぱりすごいと思いました。宮古でも電車に車イスの方でも乗れるようになってほしいと思います。

1.png
Nさんの食事介助の様子
 
[社会福祉法人ゆうのゆう]
生活介護夢飛行では、利用者と一緒にビー玉を転がして絵を書きました。ゆうのゆうではいろいろな利用者の方に臨機応変に対応していて凄いと思いました。初めて利用者の方と一緒にビー玉アートを作成しましたがとても楽しくやることができて良かったです。


今回大坂に行ってきて色んなことを学んできました。僕も学んだことを生かして社会人になったら介護をやりたいと思いました。

ポジ祭では、時間が無い中で大阪の人たちのほかに東北の人達ともふれあえたのでよかったです。
2.png
ポジティブ交流祭の準備の様子

※報告書に研修の様子の写真があります

◆経費収支内訳◆
収入:三澤了基金 100,000円
   自己負担額  9,480円
支出:交通費   109,480円
   (内訳)
   加倉朋和
     宮古-大阪間38,940円、大阪移動1,730円
   支援員(野崎)
    宮古-大阪間66,270円、大阪移動2,540円



◇助成報告書はこちらからご覧いただけます(PDF)◇



┏────────────────────────────────────────┓
三澤了基金では、多くの方々の賛同と支援をいただきながら、
新しい時代を担う次世代の障害者リーダーを育てるための事業を募集しております。
今後とも皆様のご支援、そして積極的なご参加をどうぞよろしくお願い申し上げます。
┗────────────────────────────────────────┛