CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月27日

【助成事業報告・No11】六モクテキノカイ

日頃より、三澤基金の運営へのご協力ありがとうございます。
助成第11号事業の六モクテキノカイの事業報告書を掲載致します。

◆助成第11号◆
六モクテキノカイ(団体・愛知県)

◆申請事業◆
このmeを守る!その1〜ホーム転落ゼロへのシンポジウムと擬似ホーム体験

◆助成決定額◆
50,000円

◆事業担当者◆
寺西善彦さん(会長)

171205毎日新聞社.PNG
2017年12月5日毎日新聞ウェブ版より

※目的・概要・効果については、報告書(全文)および助成決定記事をご覧ください。

◆事業時期・内容◆
■2017年12月2日(土)
名古屋駅周辺の移動安全調査(概要のB)
■2018年2月10日(土)
イベント「このmeを守る!その1〜ホーム転落ゼロへのシンポジウムと擬似ホーム体験」開催(概要の@A)、参加者へのアンケート依頼。
※シンポジウムのプログラムは、こちら(ワードファイル)。

■2018年5月16日(水)
12月の安全調査、2月配布アンケートの集計結果を踏まえ、関係機関へ要望書を提出。鉄道会社へは、シンポジウムの記録(テープ起こししたもの)を同封。
※アンケート(すべてワードファイル)
鉄道関連
商業施設

要望書提出機関は以下7社(すべてワードファイル)
名古屋市交通局
東海旅客鉄道株式会社
名古屋鉄道株式会社
近畿日本鉄道株式会社
JPビルマネジメント株式会社
三菱地所株式会社
ジェイアールセントラルビル株式会社

◆事業成果◆
 ホームの安全をハード・ソフト両面において総合的に問題提起するイベントを通し、白杖使用者の生の声を集約し、関係機関への要望として社会へ働きかけを行った。また、諸機関との関係を構築することで、より安全で快適な移動環境の確保の重要性を、継続的に広く社会へ発信するための体制作りの一歩とすることが出来た。

◆経費収支内訳◆
□収入: 73,000円
 三澤基金助成金 50,000円
 参加費     23,000円

□支出: 75,327円
 会議費  9,900円(会議室:港区生涯学習センター、市民活動推進センター)
 謝礼  23,564円(シンポジスト3名、司会、会場費見合)
 印刷費 6,499円(チラシ、当日資料、要望書等)
 備品   7,164円(封筒、用紙類、綴じ紐、腕章等)
 交通費 24,000円(シンポジスト3名(1名大阪より)、司会、スタッフ6名、ボランティア4名)
 通信費  2,280円(要望書等送料)
 保険料  1,920円(ボランティア行事保険)

◆今後に向けて◆
視覚障害の二大障害「移動」と「情報取得」の困難の解消、二大障害のために制限される事象の解消のため、ひいては全ての人に住みやすい社会構築のため、会の名称ともなっている下記六つの目的を要し、from the blind(視覚障害者からの発信) の視点による啓蒙活動等を引き続き行う。
1. 気ままに外出(安全で自由に外出できる移動環境の確保)
2. 良質な情報(情報保障)
3. 気さくな人間関係(相互理解)
4. 気楽に娯楽(余暇の充実)
5. 職の安定(就職はもとより、特性を活用した自立した働き方)
6. 触察文化の発信(五感をフル活用)

◇助成報告書はこちらからご覧いただけます(PDF)◇



┏────────────────────────────────────────┓
三澤了基金では、多くの方々の賛同と支援をいただきながら、
新しい時代を担う次世代の障害者リーダーを育てるための事業を募集しております。
今後とも皆様のご支援、そして積極的なご参加をどうぞよろしくお願い申し上げます。
┗────────────────────────────────────────┛


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック