CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年09月30日

【助成事業報告・No7】特定非営利活動法人すくらむハート

日頃より、三澤基金の運営へのご協力ありがとうございます。
助成第7号事業の特定非営利活動法人すくらむハートの事業報告書を掲載致します。


◆助成第7号◆
特定非営利活動法人すくらむハート(団体・愛媛県)

◆申請事業◆
すまいるカレッジ

◆助成決定額◆
195,000円

◆目的・概要・効果等◆
[目 的]
障がい者(ピアサポーター)が中心となって、障がい者やその家族など(地域の方々)が集う、学びの場(すまいるカレッジ)の提供することを目的とする。また、ピアサポーターが事業を実施していくことで、事業を通して福祉の担い手になる人材の育成(リーダー育成)も目的とする。
[事業の効果]
地域の障がい者から発信されたニーズを事業化し、地域の団体と連携をしながら障がい者(ピアサポーター)が中心となっての企画することで、事業実施において当事者の視点が反映されやすくなり、障がい者同士でより親しみやすい状況で実施することができる。


◆事業時期・内容◆
○ピアサポーター企画会議の実施
(対象者)地域の障がい者(ピアサポーター)、地域の団体
(実施場所)特定非営利活動法人すくらむハート
(方法回数)平成28年8月〜平成29年3月 毎月1回(年9回)
○学びの場(すまいるカレッジ)の設置
(対象者)地域の障がい者及びその家族や関係者
(実施場所)特定非営利活動法人すくらむハート
(方法回数)平成28年11月〜平成29年3月 毎月1回(年5回)

img17.jpg
「第2回 発達障害を活かす!楽しむ〜当事者と相談員としての体験談」の様子

img33.jpg
「第5回 車いすになってみた世界」の様子


◆事業成果◆
障がい者が自ら企画・運営・講師を担ったことで自主性が顕著に現れた。
特に今回はファシリテーターについて研修会を行い実際にカレッジで役割を分担しながら行い理解を深めた。
また、当事者の視点を踏まえたよい内容となったと参加者から評価をいただいた。

◆経費収支内訳◆
収入:三澤了基金 195,000円
   法人負担   3,485円
       計 198,485円

支出:
旅費交通費 98,990円
 ・企画会議(ピアサポーター交通費6人×9回)    53,000円
 ・すまいるカレッジ(ピアサポーター交通費6人×5回)24,000円
 ・すまいるカレッジ(講師交通費6人)        21,990円
通信運搬費 13,400円
 ・切手                      13,400円
事務用品費 56,095円
 ・コピー用紙                    8,229円
・ボード                     10,962円
 ・その他                     36,904円
諸謝金   30,000円
 ・すまいるカレッジ(@5,000円×6回)   30,000円

◆今後に向けて◆
すまいるカレッジ終了後、ピアサポーター企画会議を行い来年度に向けて意見交換する。
来年度は、地元の短大の福祉学科と協力して、すまいるカレッジ(サロン活動】をより参加者が集まりやすい活動にしていきたい。
また、障がい当事者が活動できる機会を提供できるよう積極的に講師やアドバイザーとして招聘していきたい。 

◇助成報告書はこちらからご覧いただけます(PDF)◇



┏────────────────────────────────────────┓
◆三澤了基金は、本日5周年を迎えました◆


故・三澤了さんの一周忌にあたる2014年9月30日に設立した三澤了基金は、本日5周年を迎えました。
約270万円の現金資産からスタートした助成事業は、当初短期間で終了すると考えられていましたが、多くの方からの支援をいただきながら、想定外の長期的なプロジェクトとなりました。

2019年9月現在、16事業・助成総額3,645,162円となり、3事業が進行中です。
今後も当基金が障害者リーダー育成の一助となるよう、助成事業について見直しと改善を行っていきたいと思います。

引き続き、三澤了基金への応援、どうぞよろしくお願い申し上げます。
┗────────────────────────────────────────┛

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック