CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 支援物資 | Main | 動物»
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
染井 敏
この夏、福島の高校生の舞台を東京で (08/07) 楢葉町応急仮設住宅 (宮里応急仮設住宅)
移動カフェ (03/14) ぴえ〜る☆
移動カフェ (03/13) 楢葉町応急仮設住宅 (会津美里町)
楢葉町きずな再生電子回覧板事業 (01/29) ナイス叶野
楢葉町きずな再生電子回覧板事業 (01/24) ボランティアセンター
春の嵐 (04/04) まんまるの気持ち
春の嵐 (04/04) ボランティアセンター
ならはっ子の一年 (03/15) usako
ならはっ子の一年 (03/14) まんまるの気持ち
あの日から… (03/12)
「第5回 ならは雪まつり」開催 [2016年02月15日(Mon)]
 2月13日、会津美里町宮里仮設住宅で「第5回ならは雪まつり」が開催されました。ひらめき

晴れ当日は天気に恵まれ、暖かな陽光のもと仮設住宅や借上げ住宅から楢葉町民が約80名参加。

地元会津美里町の方々も訪れ、100数十名の参加のもと和気あいあいと交流を深めました。グッド(上向き矢印)

今年は雪が少ないため、雪を集めるにもひと苦労。掻き集めた雪でビッグドラえもん小さなかまくら雪像を作成して雪まつりの雰囲気を醸し出す中、支援団体による甘酒、海軍カレー、おでんなどが振る舞われました。揺れるハート

 屋内イベントとして、サポートセンターならはでは“ひょっとこ踊り”“カラオケ大会”、ふれあい館では“ジャンボ麻雀”や“防災ミニ講演”、赤留さくら会による餅つきも賑やかに行われましたexclamation

辺りが薄暗くなる頃にはかまくらにロウソクを灯し、昨年より規模を小さくした“プチ酉小屋”が行われ、無病息災を祈願しました。わーい(嬉しい顔)


H28ならは雪まつり@.jpg

かわいい 渡部英敏会津美里町長も駆け付けて下さいました。


H28ならは雪まつりA.jpg

嬉しい再会に握手 手(パー)


H28ならは雪まつり21.jpg

支援団体で振る舞い準備中 ふらふら


H28ならは雪まつりB.jpg

アツアツおでんの出来上がり 黒ハート


H28ならは雪まつり22.jpg

沢山の海軍カレー、美味しそう グッド(上向き矢印)


H28ならは雪まつりC.jpg

ユニークなひょっとこ踊り終了 るんるん


H28ならは雪まつりD.jpg

“ジャンボ麻雀”に参加したいのかな?窓から覗く“おたねくん” モバQ


H28ならは雪まつりE.jpg

ミニーちゃんも、いそいそとお手伝い ハートたち(複数ハート)


H28ならは雪まつりF.jpg

美里町非公認キャラクター“おたねくん”も登場 手(チョキ)


H28ならは雪まつりH.jpg

華を添えた“赤留さくら会”による餅つき ぴかぴか(新しい)


23H28ならは雪まつり.jpg

“おたねくん”餅つき応援 手(パー)

H28ならは雪まつり20.jpg

つきたてのお餅をあんこ餅やお雑煮に わーい(嬉しい顔)


H28ならは雪まつり24.jpg

防災ミニ講演 カラオケ


H28ならは雪まつりL.jpg

防災ワークショップ 目


H28ならは雪まつりN.jpg

ゴミ袋で作ったカッパを着用して カメラ


H28ならは雪まつりJ.jpg

ビッグドラえもん雪像前で記念撮影 カメラ


H28ならは雪まつりO.jpg

プチ酉小屋では、お正月飾りやお守りをお焚き上げ ー(長音記号2)


 雪まつりに支援をして下さった皆様、ありがとうございましたexclamation×2

楢葉町やいわきから、また、地元の方々も沢山お集まりいただき、楽しく交流できました。

天気にも恵まれ、最高の雪まつりになりました。わーい(嬉しい顔)
「子育てフォーラムin会津2015」開催 [2015年10月22日(Thu)]
 10月17日(土)午前中は曇り、午後は晴れの良い天気の中、「子育てフォーラムin会津」会津大学で開催されました。グッド(上向き矢印)

会津地域の子育て支援団体や行政が連携しながら、子育てしやすい環境づくりへの理解を広げるのを目的として、乳幼児・小学生及びその家族が対象で、毎年行われています。

講堂の「ふれあい広場」体育館の「わんぱく広場」講義棟の「にこにこ広場」学生食堂の「すこやか広場」など、4つのコーナーが設定され、スタンプラリー参加者には景品プレゼントということで「ゆず太郎ドリップ」「ゆず太郎入浴剤」も提供。揺れるハート

演劇広報コーナーでは「あるこう会inならは2015」のチラシやポスターも提供して、大いに楢葉町をアピールしました。

楢葉町の「ゆず太郎」「ゆりかちゃん」のゆるキャラがふれあい広場に登場すると「かわいい」「だいすき」と喜んで触れ、子どもたちに親しまれていました。わーい(嬉しい顔)


H27.10.17子育てフォーラム@.jpg

ゆずたろう、元気に登場手(チョキ)


H27.10.17子育てフォーラムA.jpg

ゆりかちゃんも一緒にるんるん


H27.10.17子育てフォーラムB.jpg

ゆず太郎と一緒に記念撮影 カメラ


H27.10.17子育てフォーラムC.jpg

ゆりかちゃんもご挨拶 手(パー)


H27.10.17子育てフォーラムD.jpg

西会津町のこゆりちゃん ー(長音記号1)


H27.10.17子育てフォーラムE.jpg

ゆずたろう大人気ぴかぴか(新しい)


H27.10.17子育てフォーラムG.jpg

若松市の八重たんも人気 ー(長音記号2)


H27.10.17子育てフォーラムF.jpg

会津坂下町の「バンビィちゃん」 パンチ


H27.10.17子育てフォーラムH.jpg

ゆりかちゃんのムギューに親しみをもつ子ども達 揺れるハート


H27.10.17子育てフォーラムI.jpg

舞台上でゆるキャラとの握手会・記念撮影 カメラ


H27.10.17子育てフォーラムJ.jpg

演劇広報コーナーでは楢葉町の「歩こう会」アピール


 子どもたちは、ご当地ゆるキャラとふれあい、いろんなコーナーで元気に遊んで、楽しい時間を過ごせたようです。目

楢葉町のゆるキャラ、会津の子どもたちの心に残ったかな…揺れるハート
「ふくしま復興への想いを込めて2015from会津」開催 [2015年03月09日(Mon)]
 イベント 3月7日(土)14時〜東日本大震災の犠牲者の冥福を祈り、復興を誓うため、会津若松市の県立博物館で「ふくしま復興への想いを込めて2015from会津」が開催されました。ひらめき

震災発生から間もなく丸4年。会場には多くの来場者が訪れ、キャンドル・ジュンさんプロデュースによる「キャンドルナイト」のほか、さまざまなイベントを通して鎮魂の思いと、未来への希望を新たにされていました。ぴかぴか(新しい)

演劇同博物館内では、同市で学校生活を送る大熊町の熊町、大野両小の児童による合唱「相馬流れ山」の演舞、震災から4年後を描いた大沼高演劇部による創作劇の上演などが行われました。このほか、楢葉町民らが結成した大正琴サークル「ならは琴美会」の演奏や、同市出身の歌手「永峯恵さん」「越尾さくらさん」のライブなども行われましたexclamation×2

 また、会場では野菜やキノコが入った「ふるまい鍋」や会津木綿の小物作りに取り組む大熊町の女性ユニット「會空」くまのあいくーや布ぞうりの展示・実演など盛り沢山でした。わーい(嬉しい顔)


会津若松復興イベント@.jpg

モータースポーツ オープニング 


会津若松復興イベントA.jpg

楢葉町のゆるキャラ「ゆずたろうくん」黒ハート「ゆりかちゃん」も登場 


会津若松復興イベントB.jpg

永峯恵さんや会津若松のゆるキャラ「八重たん」ー(長音記号1)
会津の民芸品である起き上がり小法師の「こぼちゃん」と一緒に カメラ


B会津若松復興イベント.jpg

ゆずたろうくんのタクトで「ならは琴美会」の演奏スタートかわいい


会津若松復興イベントC.jpg

「高田大正琴愛好会」の方々と一緒に演奏 るんるん


会津若松復興イベントD.jpg

「カンマーコール高田」の方々と合唱 わーい(嬉しい顔)


会津若松復興イベントE.jpg

最後は大正琴と合唱のコラボ揺れるハート永峯恵さんや会場の方々も一緒に


会津若松復興イベントK.jpg

Candle JUNE トーク カラオケ


会津若松復興イベントJ.jpg

永峯 恵 ライブ パンチ


会津若松復興イベントL.jpg

越尾 さくら スペシャルライブ 手(チョキ)


会津若松復興イベントF.jpg

中庭での" Candle JUNE プロデュース キャンドルナイト" ぴかぴか(新しい)

会津若松復興イベントG.jpg

会津若松復興イベントH.jpg


 私たちを温かく迎え、励ましてくださった会津の皆様、そして多くの方々のご支援に対し心より感謝申し上げます。揺れるハート
 
福島県も私たちの町も復興が急ピッチで進んでいます。

どんなに厳しい冬でも必ず暖かい春が訪れます。かわいい

 私たちの先人が築き上げてきた緑豊かな福島の大地が一日でも早く光り輝き、県民一人ひとりの夢と希望を持った蕾が、やがて次々と花開き、福島が笑顔の花で満開になることをご祈念申し上げます。ぴかぴか(新しい)

ありがとうございましたexclamation×2
大俵引きに町民参加!! [2015年01月21日(Wed)]
 イベント平成27年1月10日、「高田大俵引き」が開催されました。グッド(上向き矢印)

演劇「福を引き込むように」との願いを込めた伝統行事に、楢葉町民も参加 exclamation×2

かわいい 子どもの部は楢葉町長の合図でスタート 右斜め上


大俵引き@.jpg


雪 小中学生の部に、新鶴野球部に所属する楢葉町生徒が出場 exclamation

大俵引きC.jpg


位置情報一般の部に楢葉町役場の若手職員で組織する「チームならは」が楢葉町の法被をまとって出場exclamation

大俵引きA.jpg


目威勢よくスタートしましたが、帰りは大変しんどい俵引きとなりました。もうやだ〜(悲しい顔)

大俵引きB.jpg


カメラ大奮闘した結果、「チームならは」に「福島民報賞」を頂きました。ぴかぴか(新しい)


大俵引きD.jpg


モータースポーツ午後の奇祭のメインである大俵引きにも、午前中に引き続き楢葉町役場若手職員が白組として参加exclamation

大俵引きE.jpg


さらしを巻き、足袋姿で時折雪が舞う厳しい寒さの中、威勢の良い掛け声と共に地元の方々と一緒に、直径3メートル、長さ5メートル、重さ3トンの大俵を力いっぱい引き合いました。ふらふら

大俵引きF.jpg


沿道には大勢の見物客が詰め掛け、寒さを吹き飛ばすような勇敢な引き合いに歓声が上がりました。爆弾

大俵引きG.jpg


かわいい紅白に分かれて引き合い、3本勝負で行った結果、今年も「チームならは」が参加した白組の勝利。手(チョキ)

大俵引きH.jpg

パンチ 今年は、豊作の年になりそうです。わーい(嬉しい顔)

参加された皆さん、お疲れ様でした。ふらふら
会津野マルシェ開催 [2014年10月27日(Mon)]
雨先週末の暖かい天気とは打って変わり、会津は雨で寒いです。
一雨ごとに寒くなってきており、雪が近づいてきているようです。

ところで、演劇今週10月29日(水)に内郷と作町の仮設で会津野マルシェが開催されます。ひらめき

内郷仮設住宅では、午前10時30分〜11時まで。作町仮設住宅では、午前11時30分〜12時までとなっています。

わーい(嬉しい顔)今回のおすすめはリンゴ新米です。


ぜひ、美味しい野菜やお米をご購入下さいexclamation×2手(パー)


img07652.jpg


img07653.jpg


新鶴ワイン祭り [2014年10月14日(Tue)]
 10月12日(日)「2014会津美里町新鶴ワイン祭り」が開催されました。ひらめき

晴れ 晴天に恵まれ、県内外から約千人が訪れていました。

揺れるハート 姉妹都市の楢葉町からは町議会議員をはじめ、町民の方々が参加しました。また、楢葉町振興公社マミーすいとん、木戸川漁業組合で紅葉汁を振る舞い大変人気でした。グッド(上向き矢印)

バー 会場のふれあいの森スポーツ公園には、友人や家族連れが訪れ、炭火こんろを囲み、県産牛や新鮮野菜を焼きながら新鶴ワインを味わっていました。わーい(嬉しい顔)


ワイン祭りA.jpg


かわいい 楢葉町のマミーすいとん振る舞い


ワイン祭りB.jpg


目 お客さんに大変好評でした。


ワイン祭りC.jpg


パンチ 木戸川漁業の協力で紅葉汁サービスも


ワイン祭りD.jpg


大鍋で作るのは美味しく、格別です。ぴかぴか(新しい)


ワイン祭りE.jpg


バー メルシャンによる新鶴ワイン販売


ワイン祭りF.jpg


ハートたち(複数ハート) 美里町の美味しい農産物も出店


ワイン祭りG.jpg


沢山の客で賑わいました。右斜め上


ワイン祭りH.jpg


カラオケ 実行委員長より挨拶/美里町のキャンペンガールも一緒にー(長音記号1)


ワイン祭りI.jpg


カラオケ 美里町長より挨拶


ワイン祭りJ.jpg


るんるん 議長の発声で高らかに乾杯exclamation×2


バー 美味しい新鶴ワインと新鮮野菜で楽しく交流できたようです。














美里ふれあいウォーク [2014年10月06日(Mon)]
 晴れ9月28日(日)会津美里町で開かれた「会津美里ふれあいウォーク2014」は天海晴れに恵まれ、約1300人が歴史と焼き物の町めぐりを楽しみました。わーい(嬉しい顔)

モータースポーツ楢葉町民も100人以上が参加し、12キロ、6キロ、3キロ、まちなか(3キロ)のコースごとに、本郷のせせらぎ公園を出発。位置情報

まちなかコース(3キロ)は観光ガイドが同行し、史跡名所を解説。窯元なども巡り、会津本郷焼の歴史も紹介。ぴかぴか(新しい)

6キロコースは東北最大級の山城跡がコースに組み込まれ、会津盆地を見渡せる「お茶屋場」などから景色を眺める姿も見られました。ー(長音記号2)

12キロコースは、今年、県指定重要文化財に決まった左下り観音もありましたが、ひたすら歩いてる方が多かったようです。あせあせ(飛び散る汗)

目会場では、楢葉町名物の「マミーすいとん」が振る舞われ、約500食があっという間になくなる人気でした。
手(チョキ)

ふれあいウォーク.jpg


位置情報 せせらぎ公園会場



ふれあいウォークB.jpg


モバQ スタートを待つ沢山の参加者


ふれあいウォークC.jpg


いよいよ、コースごとに出発 右斜め上


ふれあいウォークD.jpg


眼鏡 のどかな自然を満喫しながら…


ふれあいウォークF.jpg


カメラ 向羽黒山城一の曲輪跡から見渡した景色


ふれあいウォ−クE.jpg


カメラ 向羽黒山城二の曲輪跡から見た景色


ふれあいウォークG.jpg


途中、あちこちにきのこ発見…目


ふれあいウォークL.jpg


かわいい よつづみも発見

ふれあいウォークJ.jpg


モータースポーツ もうすぐゴール


ふれあいウッォ−クA.jpg


パンチ 楢葉町のマミーすいとん振る舞い


ふれあいウォークK.jpg


ウォーク後の「マミーすいとん」は美味しい 手(チョキ)


わーい(嬉しい顔) 最高の天気の中で、自然を満喫しながら楽しい思い出が出来ましたexclamation×2


ふらふら お疲れ様でしたexclamation


「日本ミツバチ」体験をしました。 [2014年09月19日(Fri)]
イベント 9月18日(木)福島県会津農林事務所企画による「会津地方の自然や食文化に触れるイベント」へ、宮里仮設と借上げ住宅から約10名の楢葉町民が大熊町民と一緒に参加しましたexclamation×2

バス朝、仮設から子供達が乗るスクールバスに便乗し、高田小、高田中経由で会津高田駅へ。車中、お孫さんたちと一緒で嬉しそうな皆さんでした。わーい(嬉しい顔)

電車会津高田駅 午前8:01発の電車に乗り、約1時間半の只見線沿線の自然を満喫しながら、会津川口駅へ到着しました。次に駅から約10分、トンネルをくぐり急な坂道を登ってやっと目的地である県立川口高校へ到着しました。ふらふら

午前中は、川口高校の3年生によるミツバチ体験発表を聞いたり、皆さんと一緒に昼食を食べたりして交流を図りました。揺れるハート
午前中、ミツバチに関するいろいろな知識を得たうえで、午後はいよいよミツバチ体験。巣箱のある場所へ移動し、新鮮な採蜜を試食させて頂きました。滑らかで、大変濃厚な美味しいハチミツでした。目

帰りは金山町の道の駅に寄り、会津中川駅から乗車。会津高田駅に午後4:56着、再びスクールバスに乗って仮設へ戻りました。
まだ、紅葉には早かったですが、自然や食文化に触れて有意義な楽しいひとときを過ごすことが出来ました。るんるん


ミツバチ体験@.jpg


電車 只見線 会津高田駅から出発 右斜め上


ミツバチ体験A.jpg


カメラ 車窓から見える自然豊かな景色 ぴかぴか(新しい)


ハチミツ体験B.jpg


位置情報 約1時間45分乗車して会津川口駅へ到着 


Cハチミツ体験.jpg


ふらふら 川口トンネルをくぐり、急な坂道を登り、やっと川口高校へ ー(長音記号1)


ハチミツ体験D.jpg


カラオケ 川口高校3年生による「ミツバチ体験」発表 


ミツバチ体験E.jpg


 真剣に話を聞く参加者たち 耳


ミツバチ体験F.jpg


レストラン 生徒さんたちと一緒に昼食タイム


ミツバチ体験G.jpg


カラオケ 地元の養蜂家によるお話


ミツバチ体験H.jpg


パンチ 蜂の巣箱


ミツバチ体験I.jpg


眼鏡 巣箱の中の蜂たち


ミツバチ体験J.jpg


かわいい 採蜜ー(長音記号2)働き蜂に感心


ミツバチ体験K.jpg


目 大変興味津津な皆さん


ミツバチ体験L.jpg


手(パー) 養蜂家の猪俣さんが小分けしてくださいました。


ミツバチ体験M.jpg


川口高校の生徒さんもお手伝い手(パー)


ミツバチ体験N.jpg


わーい(嬉しい顔) 濃厚で美味しいexclamation


Oミツバチ体験.jpg


電車 帰りは、会津中川駅より乗車  右斜め下


Pミツバチ体験.jpg


 夕方仮設へ到着、お疲れ様でした。足

浜屋台グランンプリ「マミーすいとん」販売会 [2014年09月17日(Wed)]
演劇 平成26年9月10日(水)午前11時半から日本橋ふくしま館MIDETTEに於いて、浜屋台グランプリ獲得の「マミーすいとん」販売会が開催されました。ひらめき

わーい(嬉しい顔)元サッカー日本代表監督トルシェ氏も絶賛!おふくろの味!マミーすいとんセット(マミーすいとん+おにぎり2個)を限定150食 500円(税込)で販売されました。グッド(上向き矢印)

「マミーすいとん」は東京でも好評で、「美味しい」声が聞かれ、完売しました。手(チョキ)

かわいい9月28日(日)16:00〜16:54TUF特別番組として浜屋台グランプリ大会の様子や日本橋ふくしま館での販売の様子が放送されます。
ぜひ、ご覧くださいexclamation×2


マミーすいとん販売会.jpg


演劇  日本橋ふくしま館に於いて開催exclamation


マミーすいとん@.jpg


マミーすいとん 限定150食 手(パー)


マミーすいとん販売会A.jpg


パンチ  ただ今、調理に奮闘中 あせあせ(飛び散る汗)


マミーすいとん販売会B.jpg


レストラン おにぎりとセットで販売


マミーすいとんC.jpg


るんるん グランプリに輝いたメンバーも販売のお手伝い


マミーすいとんD.jpg


 次々とお客さんが入りました。右斜め上

マミーすいとんE.jpg


揺れるハート マミーすいとん、好評 わーい(嬉しい顔)
 

マミーすいとんG.jpg


カラオケ メンバー代表の木さんへインタビュー


マミーすいとんH.jpg


早々、完売exclamation 皆さん、お疲れ様でした。 ふらふら

3.11追悼・復興イベントin宮里 [2014年03月12日(Wed)]
3月11日(火)甚大な被害と多くの尊い命が奪われた東日本大震災から3年の歳月がたち震災で亡くなられた方々の追悼と復興を祈念した「3.11追悼・復興イベントin宮里」が宮里仮設住宅で行われましたイベント

DSC_8487.jpg

宮里ふれあい館に多くの方々が集まりました。

はじめに宮里仮設渡辺自治会長からあいさつがありました。

DSC_9454.jpg

午後2時46分に会津美里町のサイレンが鳴り

それに合わせて黙とうを行いました。

黙とうに合わせて宮里ふれあい館の外では

渡辺自治会長とサポートセンターの根本さんによる

消防のラッパが鳴り響きました。


DSC_8495.jpg

宮里仮設でイベントなどを行って頂いたり

また震災当初から宮城県などで支援活動を行っている

NPO法人レスキューストックヤードの松永鎌矢さんから

宮城県の現状などについてお話を頂きましたexclamation


DSC_8506.jpg

懐かしい楢葉町の映像を見ながらみんなで歌を歌いました。

また詩の朗読も行われ

故郷を思い出しながら涙する姿がありました。


DSC_8509.jpg

会津美里町の方もイベントにおいで下さり

キャンドルにメッセージを書いて下さいましたわーい(嬉しい顔)


DSC_8564.jpg

追悼・復興イベントに際して宮里仮設自治会へ

会津美里町の(有)高田自動車商会の皆様から

饅頭とバナナのご支援があり

会場に集まった方や仮設のみなさんへお配り致しましたexclamation

ありがとうございましたかわいい


DSC_8510.jpg

室内イベント終了後に

仮設駐車場でキャンドルの飾りつけが行われましたひらめき




キャンドルは3月6日7日に

廃油を利用してみなさんで手作りしましたexclamation×2

DSC_8469.jpg

【キャンドル作りの様子】

DSC_8486.jpg

【キャンドル作りの様子】



DSC_8511.jpg

バランスをみながら

みんなで協力して作業を行いましたグッド(上向き矢印)


DSC_8536.jpg

午後6時にいよいよ点灯です目


DSC_8539.jpg

点灯されたキャンドルを特設ステージから見ると

とてもきれいでしたぴかぴか(新しい)


DSC_9518.jpg

宮里仮設に住む3名の方から

メッセージを書いて頂き朗読が行われましたかわいい


吉田海斗くん(中学2年生)

3年前の今日は小学6年生になろうとしている時だった。スポ少の野球チーム「楢葉イーグルファイターズ」で野球をしていた僕は小学生として最後のシーズンが始まる事を楽しみにしていた。そんな時に東日本大震災による原発事故での避難。なかなか野球が出来ない。友達ともバラバラで会えない。「僕の6年生という時は今しかない。どうしてくれるんだ!」と考えた事もあった。避難先の会津の中学で野球部に入った。県内の色々な中学校に遠征に行った。そこで楢葉で一緒に野球をしていた友達に会えることがある。話を始めるとあの頃に戻った様な感覚になる。帰る時は寂しくなる。でも再会する事の喜びを知った。だから僕はこれからも野球を続ける。また仲間に会える事を楽しみに野球を続ける。避難をしてみんなとバラバラになった経験をしたからこそそう思うのだと思う。楢葉町のみんなにはそんな再会する機会を大事にしていってほしいと思う。あの時に戻ることは出来ないけれど、楢葉町の友達に再会すると安心する。またこれからも頑張ろうという気持ちになる。人が人を呼んで復興につながって行ければいいなと思っています。


DSC_8540.jpg


飯島拓也さん(高校3年生)

この3年間会津で住んでみて最初はどんな所だろうかなど不安が多く心配する日々でした。しかし、住んでみたらすごく良い所で学校では多くの友達が出来ました。そして3年が過ぎ高校3年間が終わり先日卒業しました。これから短期大学に進み自分のなりたいものに向かって頑張りますので楢葉町の復興も頑張ってほしいです。将来多くの人が楢葉町に戻り「やっぱり故郷はいいな」と思ってほしいです。楢葉町で過ごせる日を楽しみにしてこれからも頑張りたいと思います。


DSC_9508.jpg


遠藤 朱美さん(高校2年生)

あの大震災からもう3年が経ちました。いや、まだ3年と言うべきでしょうか。長いようで短い、短いようで長い年月でした。この3年間で一体何が変わったのか。警戒区域から避難指示解除準備区域への再編や除染、復興が進む一方で原発の廃炉、中間貯蔵施設などまだ解決しなければならない課題が残っています。私は復興していく中で感じたことがあります。それは、復興を願っているのは楢葉町民だけではないと言うことです。会津に避難し、会津の方々の優しさにふれる事が出来ました。学校の先生、友達や友達の家族、地域の方々に復興への多くの声掛けをしていただき、私にとってとても心強いものとなりました。震災により失ったものも多いですが、得る事ができた人々の繋がりや絆は今後の自分の人生の財産になっていくと思います。最後に、様々な避難場所を貸して頂いた会津美里町の皆さん本当に感謝しています。また、今こうして生活が出来ているのは私達をいつも支えてくれた多くの人達のお陰です。ありがとうございました。楢葉町が復興していく事がお世話になった方々、復興を願っている人達への恩返しだと思います。道のりはまだまだ長いですが、一歩一歩前へ進んで行きたいと思います。全員で頑張りましょう!!


DSC_8541.jpg

あの日、着の身着のまま避難をした私達に

手を差し伸べて下さった多くの方々へ

感謝の心が届きますように


DSC_8544.jpg

イベント最後に

ゆずが歌う「栄光の架け橋」を流すと

自然と手をつなぎ大きな輪が出来ましたるんるん



いくつもの日々を越えて

辿り着いた今がある

だからもう迷わずに進めばいい

栄光の架け橋へと・・・


DSC_8548.jpg


亡くなられた方々や

懐かしいふる里を思い涙を流し

今を生きている事に喜びを感じ

多くの方々からの

温かな支えに感謝の気持ちを忘れずに

前を向いて力強く歩いて行きましょうパンチ
| 次へ