CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«にょろにょろ復興リボン箸置き | Main | ならはっ子の一年»
<< 2018年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
染井 敏
この夏、福島の高校生の舞台を東京で (08/07) 楢葉町応急仮設住宅 (宮里応急仮設住宅)
移動カフェ (03/14) ぴえ〜る☆
移動カフェ (03/13) 楢葉町応急仮設住宅 (会津美里町)
楢葉町きずな再生電子回覧板事業 (01/29) ナイス叶野
楢葉町きずな再生電子回覧板事業 (01/24) ボランティアセンター
春の嵐 (04/04) まんまるの気持ち
春の嵐 (04/04) ボランティアセンター
ならはっ子の一年 (03/15) usako
ならはっ子の一年 (03/14) まんまるの気持ち
あの日から… (03/12)
あの日から… [2012年03月11日(Sun)]
今日で、あの未曾有の大震災から1年が経ちます。
あれから1年…早かったような、長かったような…何とも不思議な感じがします。

平成23年3月11日、あの日はとても良いお天気でした。
地震発生の数分前、当時勤めていた保育所ではいつも通り子どもたちが午睡の真っ最中でした。
そろそろおやつの時間。子どもたちを起こして…そう思っていた矢先の激しい揺れ。
立っていられない位でした。すぐにおさまるものだと思っていましたが、
揺れは一向におさまらず。寝ている子どもたちを抱きかかえ、窓から避難しました。
1か所にまとまり、揺れが止まるのを待ちました。このまま揺れが止まらないのでは…という程、長い長い揺れでした。
目の前で地割れが起き、今何が起きているのかわからなくなる位、パニック状態でした。
そのうちに雪まで降り出し、いったんおさまった地震を見計らって部屋に戻り、
毛布や布団を運びだし、子どもたちに掛けました。
昼寝中…無理矢理連れ出され、わけがわからずキョトンとしていた子どもたち。
泣き叫ぶ子がいなかったのが幸いでした。
その後、社会福祉会館へ避難。無事に親元へ帰すことができ、本当にホッとしました。

それから、小学校へ避難していた家族と合流。顔を見た時は、涙が出そうな思いでした。
度重なる余震に「どうなってしまうんだろう」と不安でした。
その日は、余震の度に目が覚めてしまい、ほとんど寝る事ができませんでした。

翌12日、町の方から「いわきへ避難します。」との話があり、その時初めて原発の危機を知らされました。それまでは、原発の事など全く頭になく、「まさか…」という思いでした。
とにかく「急いで」という指示に、家に寄る事など考えもしませんでした。
すぐに帰れるだろうという思いもありましたので…。
いわきの避難所には、本当にたくさんの人たちが集まっていました。
その日のうちに、1号機が爆発。続けて3・4号機も爆発…。
目の前が真っ暗になる思いでした。

16日、お昼近くに未就学児のいる世帯を優先的に、会津美里町へ避難するように…
と話がありました。
いわきから離れる前に「スクリーニング」を受けました。
結果は、異常なし。初めての経験に、ドキドキでした。

地震でゆがんでしまった高速道路。ゆっくりゆっくり走りました。
パーキングでトイレ休憩中に、大粒の雪が降り出し、
あっという間に道路は真っ白になってしまいました。
その日の19時過ぎ、無事に会津美里町の温泉施設「あやめ荘」に着きました。
大広間に、何家族もの共同生活が始まりました。

次の日には、お風呂に入れました。いわきにいる時は、水が出なかったし
学校へ避難していたので、本当に久しぶりのお風呂でした。
お風呂に入れた事もですが、トイレの水を流せた時は感動しましたね(笑)

食べる事に至っては、冷えたおにぎり・賞味期限の切れたパンなどでしたが、
食べられることに感謝でした。
そのうちに、美里町のボランティアの方々、
大阪などから来てくださった方々のご厚意の炊き出し…とっても美味しかったです。

ただ何をするでもなく日々が過ぎ、自分も何か行動を起こさねば…と考えていた時に
保育のボランティアの話がありました。
「自分にできるなら…」と、地元の保育士さんたちと共に保育に参加しました。
その時に仲良くなった保育士さんと、今でも交流をもたせていただいています。
会津に避難して、初の「ママ友」でもあります。

そうしているうちに避難所が閉鎖され、2ヶ月近く会津若松市の「大川荘」に
お世話になりました。
温かいご飯を食べた時は、本当に嬉しかったです。

6月中旬、美里町に建てられた仮設住宅に移りました。
生活に必要な物を1から買い揃え、今までTVでしか見たことのない仮設に住んでいる自分が、
正直信じられませんでしたが…今では、仮設に帰ってくるとホッとします。
人間って短期間で順応できるものなのですね!

会津美里町の皆様には、避難当初から今も尚、本当に良くしていただいております。
「ずっと会津にいなぁ。いい所だから!」「雪は降るけど、住めば都だよ!」
よくこんなお言葉をかけていただいています。会津の、人も、町も大好きです(*^_^*)

11月、知人の紹介でこの「ブログ」を会津美里町ボランティアセンター様より引き継ぎました。
パソコンなんて、まともに使ったことのない私ですが、
いじっているとそれなりに使えるようになるものなのですね(笑)
今は、楽しみながらブログ作成できるようになりました(*^_^*)

ブログを見てくださっている方々から、いろいろ励ましの声をかけていただいたり、
記事作りにご協力いただいたり…。本当に感謝です!!ありがとうございますm(__)m

つたないブログですが…これからも頑張りますので、よろしくお願いいたします!!
まだまだ、会津の皆様には何かとお世話おかけしますが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

また、全国からたくさんのご支援をいただき、本当に胸が熱くなる想いです。
こうして元気に生活できるようになったのも、
皆様の温かいご支援・ご援助のおかげと心より感謝いたします。

震災から1年…まだまだ復興への道のりは長いですが、
皆様の励ましを力にこれからも元気いっぱい生きていきたいと思います。









コメントする
コメント
全然です^^
いつでもどうぞ〜♪

あと、CANPANの方でもブログ開設したので
こちらで結構ですよ〜

https://blog.canpan.info/talkthattalk/

ではまた!
Posted by: まんまるの気持ち  at 2012年03月12日(Mon) 17:45

コメントありがとうございます(^人^)

おハガキもありがとうございました!
なかなかお返事出来ず、申し訳ありません。

落ち着きましたらH.Pの方に、お邪魔します。《sa》
Posted by: ボランティアセンター  at 2012年03月12日(Mon) 16:38

こんにちは。
にこまるプロジェクトでお手紙を書かせていただいた者です。
届いてますか??

blogを拝見しまして、昨年の今日からの出来事を想像しました。
でもきっと、自分の想像なんてもっと超えた、いろんなことがあったんだろうなと思います。
Posted by: 鈴木  at 2012年03月11日(Sun) 19:36