CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
アタマではわかっているけれど...
カラダがついていかない...ココロがとまどってしまう...

そんな、かつての自分のような若き人たちに

リスクと隣り合わせで波瀾万丈の人生を楽しむ
中小企業経営者 兼 明治大学起業論講師が
ココロをこめて「喝」を入れるメッセージ集

(近日出版予定)

« 「見る前に跳ばされた」20代のありがたさ | Main | ありがちな質問に一問ずつ答えていきます »

<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
跳びたいけど跳べない人のためのストレッチ[2008年01月16日(Wed)]
なにより、一年間の講義を終えた後の感想を読んで驚きました。

講義の内容以上に「見る前に跳ぶ」勇気が得られたことへのお礼や、
「一歩踏み出せない自分」に対する悩みが綴られていたのです。

さらに、足がすくんでしまっているのは学生だけではなく
聴講してくださった社会人にまで及んでいることもわかりました。

そこで、講義に一年間ご参加くださった
日本実業出版社 佐藤 聖一さんにご助言をいただきました。

学生たちに無意識のうちにアドリブで伝えてきた
「見る前に跳ぶ技術」について一冊にまとめよう、
ブログでも発信しようということになりました。

表題にこそ「見る前に跳ぶ技術」とありますが、
その内容は「技術」というより、
むしろ「心がまえ」「考え方」に近いものです

「頭で考えると難しい」
「体を動かすとやさしい」

しかし....「体が動かない」

そんな人のための頭と心のストレッチです。

もともと私は体が固い体質ですが、
それでも毎日少しずつ気持ち伸ばして行けば
柔らかくなることを知っています。

学生たちも、たった1年の
ちょっとした心構えで変わりました。

ですから、

「気が弱い人でも、気の持ちようで
 安心して踏み出せる、跳び込めるようになる」

と確信しています。

先天的な性格や、特別な能力は、
一切必要としておりませんので、どうぞご安心ください。

Posted by 久米 信行 at 10:50 | まえがき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/archive/4

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
プロフィール

久米 信行さんの画像
久米 信行
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/index2_0.xml