CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
アタマではわかっているけれど...
カラダがついていかない...ココロがとまどってしまう...

そんな、かつての自分のような若き人たちに

リスクと隣り合わせで波瀾万丈の人生を楽しむ
中小企業経営者 兼 明治大学起業論講師が
ココロをこめて「喝」を入れるメッセージ集

(近日出版予定)

« 明治大学の教え子たちに欠けているのは... | Main | 跳びたいけど跳べない人のためのストレッチ »

<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
「見る前に跳ばされた」20代のありがたさ[2008年01月11日(Fri)]
もちろん、私の大学生時代を思い返せば、
似たような「ためらい」や「恥じらい」もありました。

たとえ将来のこと、自分のこと、そして世界のことを
自分なりに考えてはいたとしても....

わざわざ言葉にして発表して、
社会人と本音で交流することなど思いもしませんでした。

しかし幸運なことに、厳しくも優しい生涯の恩師に出会って
「なぜ?」「あなたの言いたいことを一言で言うと?」と
毎回毎回、問い詰められました。

今思えば、参考書丸暗記、コピーペースト型の私を
「自分の頭で考え自分の言葉で発言できる」ように
鍛えていただいていたのです。

また、社会に出てからもベンチャー企業と大企業の両方で
「見る前に跳ばされる」修羅場の数々に遭遇しました。

その前例なき窮状の中で、上司やお客様にも恵まれたおかげで、
私もいつしか「見る前に跳ぶこと」が苦にならなくなりました。

そして、今となっては、跳ばされて....跳んで良かったと
しみじみ思うのです。

だからでしょうか。

学生たちの発表で「もったいないタメライ」が見られた時には、
無意識のうちに背中を押したくなるのです。

Posted by 久米 信行 at 00:46 | まえがき | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/archive/3

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
プロフィール

久米 信行さんの画像
久米 信行
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/index2_0.xml