CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
アタマではわかっているけれど...
カラダがついていかない...ココロがとまどってしまう...

そんな、かつての自分のような若き人たちに

リスクと隣り合わせで波瀾万丈の人生を楽しむ
中小企業経営者 兼 明治大学起業論講師が
ココロをこめて「喝」を入れるメッセージ集

(近日出版予定)

« 知識・経験のなさが露呈することが怖い | Main | 恥ずかしくて、講演会や勉強会で一番前に座れない »

<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
一番最初に手が挙げられない、口火を切れない[2008年04月20日(Sun)]
Q:一番最初に手が挙げられない、口火を切れない
A:一番最初が好印象。自信と実力がない人ほど真っ先に。


 講義や講演で、あるいは会議で、いつもがっかりさせられるのは、質問や意見を尋ねても「なかなか手が挙がらない」ことです。

 考えれば、これはとても「もったいない」ことです。講義や講演会で、あるいは会議の席上で、「その他大勢」に過ぎなかった自分を「特別な存在」に変えるための「数少ないチャンス」をみすみす逃しているからです。

 講師や議長をしたことがある人なら誰しも「一番最初に質問をしてくれた人」に強い好印象を抱くはずです。その内容よりも、一番最初に手を挙げる「志」や「心意気」に共感するのです。質問がないことで味わう講師や議長の失望感や無力感を、一気に解消してくれるのはありがたいものです。その場の空気を変えてくれた「同志」にさえ見えるでしょう。

 同じ質問や意見であっても「最初に言った人」に方が印象に残ることを忘れてはなりません。言わば「先に言ったもの勝ち」なのです。つまり、講義や会議に臨む前から「必ず一番最初に質問する」と自分に課しておくことが重要です。

 「必ず一番最初に質問しよう」と決めてしまえば、「質問を見つけるため」に、いつもより「真剣に聴く」ようになります。「真剣に聴く」ということは、講師の言うとおりに納得することや暗記することではありません。真剣であればあるほど、話のところどころで「なぜ」「なぜ」と講師の言葉に「健全な疑問」が湧いてくるはずです。「毎回、質問するかどうか」のちょっとした心意気と経験の積み重ねが、その人の「聴く姿勢」に大きな影響を与えてしまうのです。

 とはいえ、「一番最初に手が挙げられない人」は、おそらく「恥ずかしい」「自信がない」「いい意見が言えない」などと思って勝手にあきらめているのでしょう。

 しかし、講師や議長の立場になって考えてみましょう。実は「良き聴衆」「望ましい参加者」に求められている役割は、「一番最初に手が挙げられない人」が考えるそれとは、まったく違うのです。

 「意見を言うのが恥ずかしい」と思う人ばかりだと、講師や議長はしらけた場に立たされて居場所がないのです。逆に「自信たっぷり」に意見を言われても、「生意気だ」だとか「十年早い」と感じる人が多くて場がしらけます。

 講師や議長が求めているのは「立派な私見」ではありません。いきなり正論を言われたところで、そこから話は広がりません。今の講演や議論で説明不足だった点や、参加者の「疑問」や「悩み」を共有して、全員の理解を深めるのに役立つ「良い質問」こそが重要なのです。「良い質問」によって、講義や講演の穴を埋めることで、はじめて「良い講演」「良い会議」が完成するのです。

 この認識ギャップに気づけば、「質問タイム」や「講演の舞台裏」で「自信」たっぷりに「自分の意見」を語る人の方が「空気が読めていない」ことがわかるでしょう。「一番最初」に「謙虚」に、議論が広がり理解を深める「良い質問」をする人の方が、その場を盛り上げ貢献しているのです。

 だからこそ、その場で芽生えた「素朴な疑問」を発することこそ、「自分が果たすべき役割」だと心得て、真っ先に手を挙げましょう。

Posted by 久米 信行 at 08:12 | 第二章コミュニケーション編 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/archive/21

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
プロフィール

久米 信行さんの画像
久米 信行
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mirumaenitobu/index2_0.xml