CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年09月27日

生命環境産業振興協議会

「生命環境産業振興協議会」

開かれた場として、主要な団体・組織などを通じ幅広く市民の意見を
集約し、具体的事業に反映させる活動を行う協議会を立ち上げました。
以下にご案内致します。

■目的
千年先の陸前高田の未来を見据え、多様な「いのち・生命」の
あり方を大切にする価値観に基づき、まちの再生や産業復興を地域主体で
創造していく。

■活動内容
・産業復興、雇用創出に資する活動を行う。
・上記のための具体的な事業に関して、担うべき方向性を
 示唆し、社会貢献、地域貢献いんつながる非営利的取り組みを行う。
・目的を達成するための資金調達および実行のための基盤整備を行う。
・多様な「いのち・生命」のあり方を大切にする価値観の発信、
 活動の普及啓発を行う。

■構成員
岩手県中小企業家同友会
社団法人陸前高田青年会議所
ケセンきらめき大学
NPO法人陸前高田創生ふるさと会議
なつかしい未来創造株式会社
気仙産業研究機構
岩手大学
岩手県立大学(調整中)
東北大学
一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク

○オブザーバー:
陸前高田市
岩手県
陸前高田商工会

■理事
理事長:清水健司(岩手大学工学部応用化学・生命工学科 教授)
副理事長:河野和義(NPO法人陸前高田創生ふるさと会議 理事長)
副理事長:田村滿(岩手県中小企業家同友会代表理事/
            なつかしい未来創造株式会社 代表取締役社長)
副理事長:両角和夫(東北大学大学院農学研究科 教授)
理事:高橋勇樹(社団法人陸前高田青年会議所 理事長)
理事:冨山勝敏(ケセンきらめき大学 観光部)
理事:町野弘明(一般社団法人ソーシャルビジネス・ネットワーク 
          専務理事・事務局長/なつかしい未来創造株式会社
          取締役副社長)

■事務局
なつかしい未来創造株式会社

2011年09月25日

復興基本構想を市に提案

9月25日、陸前高田市内の竹駒コミセンにて、
まちづくりの構想について市に提案する場
「こんなまちになったらいいな、陸前高田」が
開催されました。

子どもたちも含め、複数団体が
陸前高田のまちの復興計画について
戸羽市長、久保田副市長にプレゼンテーションを
行いました。

わたしたち「なつかしい未来創造株式会社」も、
その前身でもある「千年みらい創造会議実行委員会」として、
基本構想の提案を行い、実現のための方法として
コミュニティ・カンパニーによって取り組んでいく旨も説明しました。


今後、こうした意見交換の場を定期的に設けたいという会場からの
意見も多く、わたしたち「なつかしい未来創造株式会社」としても、
市や県との協議の場づくりを行っていくことにも注力していくべく、
県や市もオブザーブ参加する「生命環境産業振興協議会」を
設立しました。
こちらの協議会については別途案内致します。

「代表取締役田村より全体構想について、パースを用いて提案」



「専務取締役河野よりコミュニティ・カンパニーについて説明」




「右奥から戸羽市長、水野岩手県沿岸広域振興局副局長、久保田副市長」




2011年09月24日

なつかしい未来創造株式会社 設立総会を開催しました

23日になつかしい未来創造株式会社の設立総会、ならびに
生命環境産業振興協議会(※)の設立総会を開きました。
陸前高田市の久保田副市長や岩手県広域振興局様、同県復興局様、
陸前高田商工会様、陸前高田青年会議所様、岩手大学様、
岩手県立大学様はじめ、多数ご出席いただき、
わたしたちが取り組もうとしている事業内容について
ご意見を頂戴いたしました。

設立総会について取上げていただいた記事を紹介します。
「2011年9月22日 東海新報」


「2011年9月24日 岩手日報」


「2011年9月24日 読売新聞」


「2011年9月24日 東海新報」

2011年09月23日

なつかしい未来創造株式会社 企業理念・事業内容・取締役

9月23日に設立総会が開かれました。
以下にて、企業理念と事業内容、取締役についてご紹介します。

■企業理念
私たちは、みんながニコニコできる地域を創るため
人々が共感する企業をたくさん生みだします

■事業の基本コンセプト
地域の信頼の絆と自立の誇り、伝統、そして豊かな自然
基盤とした共感と対話の場をつくり
・多くの対話から生まれてきた市民の智慧と自然の資本を
かたちにしていく
活動を通じ
・陸前高田の地域資源の特性を生かした産業復興を
地域主体で創造していく

■事業内容
@自然資本タウン事業
・森林バイオマス資源や廃棄物や未利用資源の利活用を進め、
エネルギー自立のまちを目指す。
・省エネルギー化を徹底追求、新たな価値観に基づくライフスタイル
創造を目指す。

Aなつかしい未来商店街事業
・すべての人が主役であり、高田の自然資源や歴史、文化をいつまでも
継承していくための商店街づくりに取り組む。

B伝統技術革新事業
・農業、醸造、バイオテクノロジー研究を連動して展開し、「新たな価値」を
創出いしていく。
・世界中の研究者を招へいし、日本の伝統技術を革新し続けていく。
・気仙大工の復活・育成を目指し、人・技術を新しい活躍の場に
結び付けていく。新たな担い手を育てつつ、技術提供、商品開発を実現
していく。

Cグリーン・サービス事業
・より「意味のある時間」を「食らう、着る、住まう、学ぶ、遊ぶ」ための事業を
創出する。
・第一次産業の復興と六次産業化を同時に果たし、陸前高田ブランドを
開発していく。
・宿泊施設建設段階からのユーザー参画や、文化観光、ツーリズムを通じ、
全国と「共感」でつながる関係性を築き、地域ファンを形成する。
・カーシェアリング、コミュニティ・タクシーなどを融合させ、交通弱者への
買い物代行、病院送迎サービス等を行う。

DICT事業
・他の事業部門を支え、推進・発展させるための基盤事業として位置づける。
・市外企業の誘致・連携によるテレワーク等の仕事を創造し、雇用創出につなげる。

Eけせん社会起業家(企業家)育成事業
・人、地域、自然を大切にする「起業家」、「仕事人」を育成する。
・自ら主体的に動き、地域を豊かにできる次世代を育てる。
・「けせん」が古くから大切にしてきた伝統、文化、歴史を深く理解し、守り、
革新し、継承していく次世代を育てる。
・国内外の社会起業家と広く、深く交流し、互いに成長し合うコミュニティを形成する。

上記事業のほか、被災の記憶を次世代の育成のために活かしていく
研究、教育活動も行っていく。

■取締役
代表取締役社長  田村滿(轄sc自動車学校 代表取締役社長)
取締役副社長   町野弘明(潟\シオ エンジン・アソシエイツ 
                   代表取締役社長)
専務取締役     河野通洋(株ェ木澤商店 代表取締役社長)
取締役        橋詰真司(給エ勝商店 代表取締役社長)
取締役        長谷川順一(樺キ谷川建設 代表取締役社長)
取締役        服部直子(潟\シオ エンジン・アソシエイツ 
                    代表取締役副社長)
監査役        米谷春夫(潟}イヤ 代表取締役社長)
監査役        菅原弘志(菅原会計事務所 )

2011年09月16日

なつかしい未来創造株式会社について日本経済新聞に記事が掲載されました

なつかしい未来創造株式会社の設立について、本日の日本経済新聞に記事が掲載されました。

日本経済新聞
「岩手・陸前高田の被災異業種5社 市民ファンドで商店街復旧」

2011年09月15日

なつかしい未来創造株式会社

■設立趣意

復興の先にある「なつかしい未来」へ向けて、
千年先の子どもたちのために、今、私たちに何ができるだろうか?

陸前高田には、日本の古き良き心が残っている。
子どもたちが自分のふるさととして、誇りをもてるまちに再生していきたい。

地域の信頼の絆と自立の誇りを基盤とした共感と対話の場をつくり、

多くの対話から生まれてきた市民の智慧と自然の資本をかたちに
していく活動を通じ、

陸前高田の地域資源の特性を生かしたまちの再生や産業復興を
地域主体で創造していく


従来の産業をより輝かしく復興させ、
新たな産業を生み出し、雇用を迅速に創出していくための装置として、
コミュニティ・カンパニー「なつかしい未来創造株式会社」を設立する。

■会社名
なつかしい未来創造株式会社

■発起人(役員は9月23日に正式決定)
発起人代表  田村滿(轄sc自動車学校 代表取締役社長)
発起人     町野弘明(潟\シオ エンジン・アソシエイツ 代表取締役社長)
発起人     河野通洋(株ェ木澤商店 代表取締役)
発起人     長谷川順一(樺キ谷川建設 代表取締役社長)
発起人     服部直子(潟\シオ エンジン・アソシエイツ 代表取締役副社長)


■所在地
〒029-2203
岩手県陸前高田市竹駒町字相川74−1

■創立
2011年10月

■事業年度
毎年4月1日から翌年3月31日まで

■3つの資本と4つの事業
次の3つの資本を活かし、事業を展開していきます。
<資本>
・自然資本
・伝統資本
・信頼と誇り資本

<事業>
・自然資本タウン事業
・グリーン・サービス・ビジネス事業
・伝統技術継承事業
・社会起業家育成事業

■「なつかしい未来創造株式会社」についてのお問い合わせ
Mail:natsukashiimirai@socioengine.co.jp
TEL:03−5775−7670 担当:服部(潟\シオ エンジン・アソシエイツ内)