CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2012年03月01日

なつかしい未来をカタチに!商品アイディア・ワークショップその2



その1に続き、「なつかしい未来をカタチに!商品アイディア・ワークショップその2」
の報告です。


前回出された4つのアイディア、
・「かわいい子には旅をさせよ!〜都会の子供たちを陸前高田に〜」体験ツーリズムプラン
・気仙大工による気仙杉を使った家づくり
・人々の出番と居場所をつくるライブラリー
・地域商社
こちらのアイディアをカタチにする段階です。

宿題としてそれぞれ考えてきたアイディアをグループごとに肉付けして企画にし、
さらに「そのアイディアがうまく実現したら、陸前高田にどんな『なつかしい未来』が
描けているだろうか」ということで、全員でアイディアを育てる時間を
もちました。


ツーリズムプランでは対象を海外にも広げるアイディアが出されたり、
気仙大工による気仙杉を使った家づくりについては気仙大工選手権なるアイディアも
出ました。
ライブラリーは、仕事をインキュベーションしていく機能も追加できると良いのでは、
ということや、地域商社は今あるものに付加価値をつける機能をもつことなどが
話されました。


こうして参加者から生まれたアイディアを、なつかしい未来創造も動き、
またそれぞれのプロジェクトチームも動き、描いた「なつかしい未来」の風景を
一緒にカタチにしていきます。

ブログ上でもご報告していきます!

IMGP1530.JPG

IMGP1533.JPG







なつかしい未来をカタチに!商品アイディア・ワークショップその1



2月13日、29日と2回にわたり、
「なつかしい未来をカタチに!商品アイディア・ワークショップ」を
開催いたしました。

陸前高田らしいと会社名としても用いた「なつかしい未来」という
コンセプトを陸前高田市内外に発信していくための商品・サービスを
うみだすことが目的です。

地元陸前高田の方々約20名、そして陸前高田市外、主に東京から
ですが遠くは今治から池内タオル社長、大学生やデザイナー、
バイオマスエネルギーの専門家などなど、
ソーシャルビジネス・ネットワークの方々をはじめ約10名にご参加いただき、
合計30名規模のワークショップを2回にわたって開催しました。

1回目は、「『なつかしい未来』と聞いてイメージすることは?」から
始まり、具体的な商品・サービスのアイディアを自由に出し合いました。
「なつかしい未来」のイメージは30人いれば30通り、とてもさまざまに
イメージされていることが分かりました。
(一例をご紹介)
 ・伝統×バイオテクノロジー
 ・歴史や土着の風習、伝統を古びさせず新鮮に感じさせてくれる
 ・人 変えなければならないコト、変えてはならないコト
 ・神や仏が家にいる生活
 ・三丁目の夕日×人と人とのつながり
 ・近代的な建物はないけど洗練されたまち 子どもも旬を知っている
 ・老人たちの気付きあげた伝統文化の外貨獲得商品化

具体的な商品・サービスのアイディアに至っては50個以上の案が
出されました。
(これも一例を紹介します)
 ・後継ぎウェルカム「大黒柱募集」
 ・防災を学べるまちづくり
 ・地元の美味しい野菜を地元のエネルギー(木炭など)で焼いて出す店
 ・おじいちゃんおばあちゃんの力を生かした民宿体験
 ・海外とつながるしくみ、留学生制度

そして、私はこの案を是非カタチにしたい!というものを拾い上げてもらい、
一緒にカタチにしたい人同士でグループを作りました。
結果、次の4つのプロジェクトが誕生です。
・「かわいい子には旅をさせよ!〜都会の子供たちを陸前高田に〜」体験ツーリズムプラン
・気仙大工による気仙杉を使った家づくり
・人々の出番と居場所をつくるライブラリー
・地域商社


この4つのチームごとに、MLなども立ち上げられ、第2回目までに
企画に落とし込む動きとなりました。
つづきは「その2」にて報告します。

IMGP1490.JPG

IMGP1495.JPG

IMGP1506.JPG