CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「リワークスクール カラフル・金沢」がスタートします | Main | 11/1 リワークスクールが始まりました!»
未来蝶.net
プロフィール

NPO法人あかりプロジェクトさんの画像
NPO法人あかりプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/miraichonet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miraichonet/index2_0.xml
10/30 「フォーカシング」レポート [2018年10月31日(Wed)]

摂食障害のひとが自分の力を感じ
より自由に生き方を選んでいくための支えあいをする
NPO法人あかりプロジェクトのいづこと山口いづみです。

昨日、10/30(火)の13時半から、
『ふらっとあかり日和』
「フォーカシング」を開催しました。

講師は女性のための護身術WENDOの講師で
あかりプロジェクトの顧問でもいらっしゃる福多唯さん。
10代から30代までの摂食障害の経験もお持ちです。

唯さんご自身が摂食障害から解放された時、
実は、知らず知らずのうちにフォーカシングを自身で行っていたのだそう!
その体験談を踏まえながら
「フォーカシングとは?」をひも解いてくださいました。

唯さん.JPG

それによってわたしが理解したフォーカシングとは、
身体はとても賢い、という前提の元、
身体の感じにフォーカスして、
それに名前をつけたりそれと共にいたり言葉をかけることで、
身体が発しているメッセージを受け取ったり、
苦しみなどの感覚からちょっと距離を置いて自分を捉えたり
頭で考えることから解放されたり、
そんなステキな事が起こるスキルのことを言うようです。

私もデモで体験させてもらったのですが、
その時に自分の中にあったモヤモヤしたいろんな塊が
フォーカシングの前までは混沌としてそこにあったのが、
いろんな塊の境界がはっきりして、
「ああ、わたしの中には今こんな感じとこんな感じとこんな感じもあるんだなあ」
と意識することができて、
おまけに、その中でも一番注意を向けて欲しがっている感じに対して
「おつかれさま」と声をかけることで、
すこし、自分が楽になるような、
心に小さな風穴があいたような、
そんな感覚になりました。

参加くださった方の中には、
普段頭で考え過ぎているような気がすると話してくださる方がいらっしゃって、
わたし自身にもそういう部分が大いにあって、
だから、フォーカシングはぜひ今後も活動に取り入れていきたいなあと感じました。

また企画したいと思います。
ご一緒してくださったみなさん、唯さん、
ありがとうございました!
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント