CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あかりプロジェクト便り 《NO.44》 | Main | 11月☆『あかりトークin関西』のご案内»
未来蝶.net
プロフィール

NPO法人あかりプロジェクトさんの画像
NPO法人あかりプロジェクト
プロフィール
ブログ
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/miraichonet/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/miraichonet/index2_0.xml
愛知県でのWENDO講座のご案内 [2011年11月01日(Tue)]

みなさまこんにちは。
摂食障害からの回復に必要な支えあいを当事者の視点から考え実現する
あかりプロジェクトのいづ、こと村田いづ実です。

再来週、10日(土)のあかりグループワークvol.3「WENDO」の開催まで
いよいよあと10日をきりました☆
ご関心がおありのみなさま、まだまだお申し込みを受付中ですので、
お気軽にご連絡ください。
https://blog.canpan.info/miraichonet/archive/278

また、関心はあるけれど金沢は遠くて…と思っておられる方、
あさっての開催なのですが、
あかりグループワークでも講師をしてくださる福多唯さんの
愛知県での講座のご案内をさせていただきます。
よろしければ、是非ご検討ください。

以下、詳細です。

______________________________
 以下転送等歓迎
______________________________

女性のためのセルフディフェンス Wen-Do(ウェンドウ)
T-Basic ワークショップ


《Wen-Doとは》
Wen-Do(ウェンドウ)とは、女性専用の護身方法をやさしく学べるプログラムです。
1972年にカナダのトロントで生まれました。
カナダでの女性向け護身プログラムとしては最古・最長の歴史を誇ります。


日本では2000年頃より、各地の女性センター等でWen-Doの紹介講座が行われ広まってきました。
年齢や体力を問わずに誰でも行えるシンプルな実技と、
安全で活力のあふれる講座運営手法がWen-Doの特徴です。


《T-Basic ワークショップとは》
Wen-Doでは、もし既にDV等の暴力状況下にいらっしゃる女性でも、
短時間で実践的なセルフディフェンスを学べるように、
2~3日(15時間程度)で、基本をひととおり習得できるようになっています。

この、約15時間のワークショップが、T-Basicです。
Tは「トレーニング」と「トロントで行われるプログラムと同等内容」を意味しています。

日本で行われるWen-Doは、ほとんどの講座が
「おためし」としての短時間講座(90分〜3時間程度)です。
T-Basic ワークショップは非常に貴重ですので、
ご関心をお持ちの方は、ぜひこの機会に思い切ってご参加ください。
お待ちしています。


■日 時■
H23年11月3日(木・祝)/6日(日)
1日目:9:30〜17:30 2日目:10:30〜17:30
*休憩は適宜取り入れます。


■会 場■
大同大学 A棟(本館)14階(和室)

【会場へのアクセス】 名鉄常滑・河和線「大同町」駅下車。
 名鉄「名鉄名古屋」駅より中部国際空港行き「準急」に乗り
「大同町」駅下車、徒歩3分。http://www.daido-it.ac.jp/access/

■内容(予定)■
・Wen-Doとは(歴史、Wen-Doの目指すもの)
・護身行動の効果を高める必須4要素とは
・人体の急所、正当防衛
・親密な関係での暴力について
・いやがらせ(ハラスメント)/ストーキング
・性暴力/性犯罪
・実技…手技、キック、離脱、ブロックなどの基礎動作
    寝室への侵入者への対応
    床上で組み伏せられた場合
    ナイフディフェンスの基礎
    相手が複数の場合
    自分の力と女性の力を実感するスペシャルワーク 等


■講 師■
 福多唯(Wen-Do公認マスターインストラクター)

 〔略歴〕
 摂食障害や依存の課題を経て、暴力防止を学ぶ中でWen-Doに出会う。
 2002年に国内で初めて開催された合宿研修を経てWen-Doの普及員と
 なり、講習活動を開始。2004年にはカナダのトロントにてトレーニン
 グを受け、日本人初代のWen-Doインストラクターとなった。
 依頼、国内各地でのWen-Do講座と、次世代後継者の育成のための仕組
 みづくりに尽力し、2011年には、トロントでの講師養成講座の講師陣
 として参加。日本での講師養成等、今後の全てを一任されて帰国する。
 日本での今後の講師養成とWen-Doの継承・発展に意欲的に取り組んで
 いる。


 松尾奈々(Wen-doアシスタントインストラクター)
 
 〔略歴〕
 アメリカで女性学を学んだことから女性への暴力問題に関心を持つ。
 留学中、ドメスティックバイオレンスのシェルターでインターンシップをしたことで
 暴力への無力感を強く感じるが、女性の自己防衛術プログラムに出会い、
 無力感からの脱却の可能性を感じる。
 帰国後は、大学で女性の自己防衛術プログラムの研究をしつつ、
 2002年にWen-doの普及員となり、講習活動を開始。
 2011年には、トロントで養成講座に参加し、
 現在、アシスタントインストラクターとして日本で活躍をしている。
 

■講習参加費■
 3万円(*過去のWen-Doの受講歴等によって割引がございます)

■必要な持ち物や服装など■

 〈服装〉
 動きやすい服装でしたら、普段着でご参加いただけます。
 会場は和室で、畳の床に直に座っての講座になります。
 お足下は裸足になりやすい靴下状態がお薦めです。


 〈持ち物〉
 必須なのは以下のふたつです。
 ・ノートと筆記具(黒と赤など2色以上あると便利です)
 ・飲料水やお茶
  (のどの保護用にご持参ください)


 以下はお好みや必要に応じてご用意ください。
 ・タオル
 ・ひざかけなど寒さ対策グッズ
 ・アメ(講座で何度か大きな声を出します)
 ・おやつ
 (激しい運動量ではないのですが、エネルギーを使うので、
  講座中の飲食はフリーです。お好きなものをお持ちください)

 チラシ配布や名刺交換等はフリーです。



◎WEBサイト等について◎

・Wen-DoのWEBサイトは下記の通りです。
http://bit.ly/wendo
・Wen-Doについてさらに詳しく(ブログ)
http://bit.ly/wendojp
・講座情報/メールマガジン
http://archive.mag2.com/0000215683/index.html


〔講座お問合せ/お申込み〕
Women's Self Defence Wen-Do
アシスタントインストラクター 松尾奈々
naono@ma.medias.ne.jp



______________________________
 以上 転送等歓迎
______________________________






トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント