• もっと見る

2024年05月28日

【報告】【5月ツクる日】陸上競技場を走ってみよう! ※雨天のため中止

みんなでつくる財団おかやまでは、「ツクる日」と称し、

毎月29日頃に、自分も楽しく、周りも楽しく、

社会にいいことを考えたり、アクションする日として企画を開催しています!



5月のツクる日は、

「陸上競技場を走ってみよう!」

の開催を予定していましたが、
雨予報だったため、みなさまの体調と安全を優先し、
" 中止 "とさせていただきました。

(イベントの概要はコチラ


422人マラソンリレー実行委員会では、
11月4日(月祝)の本番に向けて、
今後も練習会等の企画を開催予定とのことですので、ぜひ次回以降もお楽しみにきらきら


詳細な情報は ↓ コチラ ↓ で発信されています。
ぜひ登録&チェックしてみてください!

◆422人マラソンリレー◆




―――――


みんつくでは今後もオンラインも含め様々なイベントを開催していきます。

ぜひご参加ください!


みんつくHPはコチラ

http://mintuku.jp/


つなぐ、つたえる、シェアをする


2024年05月27日

【募集開始】大原美術館 入館券寄付プログラム 2024年度 配布団体募集! 

岡山県内の子どもたちをはじめ、

普段美術館を訪れる機会が少ない方々へ、

大原美術館の入館券を配布していただける団体様を募集します!


特に子どもやご家庭を対象とした支援やサービスを提供されている団体の皆さま、

「美術館に行く」という当たり前を経験をしてもらうためのきっかけとして、

ぜひご活用ください!




<概 要〉


大原美術館のオフィシャルパートナー様からご寄付いただいた法人名入り特別入館券(以下、「寄付チケット」)を、岡山県内の子どもたちをはじめ、美術館を訪れる機会が少ない方々へ配布させていただきます。

そこで本募集では、美術館を訪れる機会が少ない方々へ、

寄付チケットを配布いただける団体様を募集いたします。


普段美術館へ行く機会がない方々に大原美術館を訪問していただくことで、1人でも多くの方に「美術館を日常に」感じていただけるきっかけ提供を目指します。

(今回の事業は、その仕組み構築に向けたモデル事業として実施するものであり、2025年度からの運用を目指しております。)



<配布枚数>
1団体あたり上限 50を基本とします。
 ※ただし、理由が明確な場合はこの限りではありません。


<申請方法>

所定の「事業申請書」に必要事項を記入のうえ、当財団事務局へご郵送いただくか、当財団事務所 までご持参ください。
必要に応じて、団体の概要資料(リーフレット、チラシ、写真等)を添付いただくことも可能です。
また、提出にあわせて、申請書データを下記アドレスまでお送り下さい。(件名は「大原美術館入館券配布事業申請」としてください)

※申請をご検討いただける場合は、みんつく事務局まで事前相談(必須)をお願いします

★申請先
  〒719-1131 岡山県総社市中央2-2-8 FLCB2F
  メール:info@mintuku.jp
  電話(直通):0866-31-5530



<スケジュール>

★ 助成団体募集期間
  2024年5月27日(月) 〜 2024年8月30日(金)(必着)
  ※二次募集(9〜12月頃)も実施予定ですが、
   募集枚数に達し次第、受付終了させていただきます。

★審査期間・採択通知
  申込受付後1ヵ月以内(随時)

★事業実施期間
  2024年6月1日〜2024年10月31日
  ※報告書提出期限:事業完了後1ヵ月以内
          (最終締切:2024年11月8日(金))


<対象となる団体について>
岡山県内に事務所を置くNPO 法人・社団法人・財団法人・社会福祉法人・任意団体・市民活動団体などであること。法人格の有無は不問です。




詳細についてはこちら(募集要項)をご参照ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 ★配布団体のみなさまは、下記についてご協力のほどお願いします。


申請関連書類(申請書、事業成果報告書)についてはこちら。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




※チケット利用者の皆さまには、こちらのアンケートフォームへの回答のご協力をお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
(アンケートフォーム:https://forms.gle/rf8gwAGhmk7aULDG8



※大原美術館訪問の際には、事前に開館日のご確認をお願いします。




当財団についてもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):0866-31-5530

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

2024年05月21日

【案内】【5月ツクる日】陸上競技場を走ってみよう!

みんなでつくる財団おかやまでは、「ツクる日」と称し、

毎月29日頃に、自分も楽しく、周りも楽しく、

社会にいいことを考えたり、アクションする日として企画を開催しています!



5月のツクる日は、

「陸上競技場を走ってみよう!」



今年の『422人マラソンリレー』は
2024年11月4日(月祝)に開催予定です!
(主催:422人マラソンリレー実行委員会)

そこで、約5ヵ月後の本番に向けての練習会も兼ねて、
陸上競技場で一緒に体を動かしませんか!?
今回は合わせて「寄付アクション」も実施予定ですきらきら


422人マラソンリレーへの参加を予定されていない方も
もちろん大歓迎です!
身体を動かすのが好きな方、運動不足な方、
陸上競技場を走ってみたい方、歩きたい方、
いまの自分のタイムを知りたい方など
どなたでも参加いただけますのでお気軽にご参加ください!



―――――


【概要】


日 時:2024年5月27日(月) 18:30〜20:00

場 所:総社北公園陸上競技場

    (〒719-1115 岡山県総社市福井1200)

参加費:110円/人 (施設利用料)

内 容:・準備運動、試走、クールダウン

    ・寄付アクションシート作成(任意)


 申込方法:下記@Aいずれかの方法でお申込みください。

  @Facebookイベントページへ「参加」ボタン

  A「infomintuku.jp」まで、下記項目をメール

   [ご所属・お名前・ご連絡先・参加方法(現地 or オンライン)]

    ※複数名ご参加の場合は、参加者全員分ご記入ください。



備 考:・雨天中止雨とさせていただきます。

     中止の場合は、当日17時までに判断しご連絡させていただきますので

     必ず事前申込をお願いします。

    ・希望者の方へ、寄付アクションシートをお配りします!

     その場で目標を書いて、自分の行動を寄付付きアクションにしませんか!?



★寄付アクションシート

\\ 目標に向かって取り組むことを「寄付つきアクション」にしよう! //
寄付アクションシート.jpg
(記入例)
 私は「422人マラソンリレーで怪我無くバトンをつなぐ」未来を実現するために、
 「0.1kg痩せる」たびに
 「100円」を「422人マラソンリレー実行委員会」に寄付します!



―――――


みんつくでは今後もオンラインも含め様々なイベントを開催していきます。

ぜひご参加ください!


みんつくHPはコチラ

http://mintuku.jp/


つなぐ、つたえる、シェアをする


【報告】【5月+1セミナー】2024年度第1期助成事業 説明会 & 割り勘ワークブック説明会

みんつくでは、「+1セミナー」と称し、

1歩を踏み出してステージをあげることを目的としたセミナーを開催しています。


5月の+1セミナーは
『2024年度第1期助成事業 説明会&割り勘ワークブック説明会』。

割り勘ワークブックの説明・体験会と、
今年度上半期に公募予定の助成事業に関するご案内を行いました!

―――――

【開催概要】

 日 時:2024年5月16日(木) 10:0012:00

 場 所:FLCB(総社市中央2丁目2-8)

      +オンライン(Zoom)

 講 師:みんつく専務理事 石田篤史 


【内容】

・割り勘ワークブック体験

  →団体活動整理

   「自分たちの活動を簡潔に伝えられるようになろう!」

・募集予定の助成事業紹介

  →みんつく冠基金

   (FUN LIFE基金、BRIDGE SETOUCHI基金)

  →大原美術館入館券寄付プログラム

  →事業指定助成プログラム(割り勘)

―――――

当日は、ご自身で活動をされている方や
知人の活動を応援されている方、市議会議員さんなど
9名の方にご参加いただきました。
Image_20240516_110240_373.jpeg


今回の+1セミナーは、
みんつくの事業指定助成プログラムで活用している
「割り勘ワークブック」をもとに進行しました。

―――

会の前半のテーマは
『自分たちの活動を簡潔に伝えることができるようになろう!』


まずご自身で活動をされている、または関わっている
参加者のみなさんに、
それぞれの活動を1分以内でご発表いただきました。

その後、他の参加者から、
分からなかったことやもっと聞きたかったこと、感想などを
1団体毎にフィードバック。

その意見も参考に、自分たち(団体)の活動は、
何(現状)を何(目指す社会・状態)に変えるためのものなのか、
そのためにどんな事業をしているのか(目的、対象、内容)
をワークで整理して、再び発表します。

そして次に、今回資金調達を考えている事業について、
何(現状)を何(目指す社会・状態)に変えるためのものなのか、
事業の対象者は誰でどのくらいいるのか、

事業を一言でいうと?具体的な実施内容は?

等を整理するワークを行い、

最後に30秒以内で自分たちの事業について

発表してもらいました。



ワークと発表を重ねるごとに、
上手く説明ができる項目と、言語化できていない項目、
つながりが明確な事業とそうでない事業など、
それぞれで新しい気づきがあり、
発表の内容やワードも変わっていくのが印象的でした。


今回は時間が限定的だったこともあり、
なかなかこの場で、ご自身で納得いくまで精査できた!
という方は少なかったですが、
参加者のみなさん、また改めて団体のメンバーで考えてみます!
と言われており、
簡潔に事業を伝えることの大切さと難しさを体感・共有することができました。


―――

後半は、現地参加いただいていた方の中から、
「NPO法人 まんなか」さんの活動を例に、
みんなで資金調達(寄付集め)の計画をたてるワークの体験を行いました。

まんなかさんの活動にとって、
「受益者」や「関わりたい人」は誰なのか。
それぞれどの程度、受益があるか、関わりたいか。
いま関係性はあるか、何人くらいいて、何割の人が平均いくらくらい寄付してもらえそうか。
自分たちの主観をもとに想定を書き出し、アプローチの計画を立てるまでの
一連の流れを参加者全員で体験しました。


体験を通して、参加者の方々からは、
「寄付集め」は、したい・しなければとずっと思っているが
なかなかできていなくて・・・といった声と合わせて、
「しっかり時間をとって考えたいと思います!」
「やらないとと思いました!」
といった前向きな声も聞かれ、
寄付の可能性や、計画をつくることの重要性を
体感いただけた様子でした。

―――

最後に、2024年度第1期として
みんつくで近日中に公募開始予定の下記事業について、
概要をご案内して、閉会とさせていただきました。

[近日中に公募予定の助成事業]
 ・みんつく冠基金
  (FUN LIFE基金、BRIDGE SETOUCHI基金)

 ・大原美術館入館券寄付プログラム

 ・事業指定助成プログラム
  (はじめの一歩型(割り勘)、事業発展型)

※公募情報については、
 別途ブログ記事等で、順次ご案内させていただきますので
 そちらをご確認ください!
 (みんつく事務局までお問合せいただいても構いません。)



改めまして、平日のお忙しい中
ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

―――――


みんつくでは今後もオンラインも含め様々なイベントを開催していきます。

ぜひご参加ください!


みんつくHPはコチラ

http://mintuku.jp/


つなぐ、つたえる、シェアをする

【案内】【6月+1セミナー】「令和6年能登半島地震」から 学ぶ災害支援

みんつくでは、「+1セミナー」と称し、

1歩を踏み出してステージをあげることを目的としたセミナーを開催しています。


6月の+1セミナーは
『「令和6年能登半島地震」から学ぶ災害支援』


令和6年1月1日に発生した能登半島地震。
発災から約5ヵ月が経ったいまでも
被災地では毎日、復旧・復興に向けて活動されています。

今回は、実際に現地で支援活動を行っている2団体の方を講師にお招きし、
現地での活動についてご講演(オンライン)いただきます。

実際の活動事例から、岡山で必要な備えや支援体制について一緒に考えましょう!



NPO団体の方、行政職員の方はもちろん、

災害支援に興味ある方もない方も、

ぜひ自分たちの地域での備えについても考えるきっかけにしていただけたらと思います。

みなさまのご参加お待ちしております!


―――――

【概要】

 日 時:2024年6月2日(日) 10:0011:30

 場 所:FLCB(総社市中央2丁目2-8)

      +オンライン(Zoom)

 参加費: 無料

 定 員: 現地参加 25名まで

     (オンライン参加は上限なし)

 内 容:・ももたろう基金の取り組み紹介

     ・講師による講演(各25分程度)

     ・質疑応答、意見交換


 その他:令和6年度総社市市民提案型事業として実施


 申込方法:下記@Aいずれかの方法でお申込みください。【申込〆切:5/31(金)】

  @Facebookイベントページへ「参加」ボタン

  A「infomintuku.jp」まで、下記項目をメール

   [ご所属・お名前・ご連絡先・参加方法(現地 or オンライン)]

    ※複数名ご参加の場合は、参加者全員分ご記入ください。



【講師 団体紹介】


■災害支援ネットワークおかやま (講師:詩叶 純子様)※調整中

平成30年7月豪雨での支援活動を契機に立ち上がった民間による災害支援のネットワーク。

令和6年能登半島地震においても現地での支援活動や情報発信等、精力的に活動を実施。


■(公財)ほくりくみらい基金 (講師:災害支援基金ご担当者様)

石川県内で活動を行うコミュニティ財団(2023年4月設立、同年12月公益認定)。

発災後「令和6年能登半島地震 災害支援基金」を立ち上げ。

2024年4月19日10時時点で集まった寄付金は46,705,962円。

計59団体・総額1,018万円の助成を実施。



240602_災害支援講演会チラシrev2.png


―――――

ダイヤ(講演会終了後@同会場 のイベント案内)

みんつくもももたろう基金の活動紹介等を行うブースを
出展予定です!こちらもぜひお越しください!
イベントチラシ.jpg



―――――


みんつくでは今後もオンラインも含め様々なイベントを開催していきます。

ぜひご参加ください!


みんつくHPはコチラ

http://mintuku.jp/


つなぐ、つたえる、シェアをする

2024年05月20日

2024年度「未来の当たり前をつくろう!」事業指定助成プログラム 実施団体募集

みんなでつくる財団おかやまでは、

2024年度「未来の当たり前をつくろう!」事業指定プログラム【事業発展型】(以下、事業指定プログラム【事業発展型】)

の募集を2024年5月20日(月)より開始しました。


図1.png


本事業は、寄付を原資とした助成事業です。
みんつくの事業指定プログラムには、
・はじめの一歩型
・事業発展型
の2種類があり、本ページは『事業発展型』に関するものです。

※『はじめの一歩型』についてはコチラ


事業指定プログラム【事業発展型】では、
すでにある程度の活動実績と継続性が認められ、寄付集めにより現在の活動をさらに発展させたい団体様を対象に、
特定のプロジェクトの組成を応援します。
『はじめの一歩型』よりも、より自発的な活動が求められます。)

[対象イメージ]
・もっと多くの方に団体事業のことや取り組んでいる課題について知ってもらい、
 事業を発展・拡充したい方
・団体や事業に関わる人や応援してくれる人を増やしたい方


実施を検討されている団体は、募集要項を充分お読みいただき、

所定の「助成事業申請書」に必要事項を記入のうえ申請してください。

※詳細は下記及び募集要項にてご確認ください※



締切日 常時募集

    (申請年度に寄付募集の場合は11 月30 日まで)



申請必須条件

事務局への事前相談


<事前相談>

 ご来所いただくか、オンラインまたは電話にて事前相談を行います。

 「申請書」または「事前ワークシート」に必要事項を記入のうえ、

 事前に事務局へ日程調整のご連絡(電話またはメール)をお願いします。




●助成事業 募集要項

●助成事業 申請書類


―――――

〜 事業指定助成プログラムとは? 〜


事業指定助成プログラムとは、寄付を原資とした助成事業です。

NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付による資金集めを支援する、地域版クラウドファンディングです。

資金調達のほか、自分たちの事業をみんなに知ってもらいたい!仲間を増やしたい!といった方々に最適な事業です。



1)プログラムの効果・特徴 

 当プログラムの効果・特徴は下記の3点です。

 (必ずしも効果を保証するものではありません)


・事業を応援してくれる方から直接資金を集めることができる

・新聞、SNS等のメディアを活用した発信により、

 広く多くの人に事業の重要性・内容について知ってもらうことができる

・事業に関わる人を増やすことができる(金銭以外での支援等)



2)プログラムの流れ 

 事業の状況を伺いながら一緒に寄付募集プランを考え、インターネットメディアを含めた募集ツールを整備し、事業実施団体の自主性のもと寄付募集を行います。

 寄付募集の取り組みを通じて、実施団体が解決を目指す社会課題の認知と理解を高め、事業内容や事業の重要性を社会に発信していきます。

フロー【事業発展型】.png



3)プログラムの内容 

 下記内容にて寄付募集による資金調達、認知度向上を行います。

 ※この他にも事業の特性に合わせて募集方法の検討が可能です。ご相談ください。


@ 寄付の受付・決済
 ・現金による寄付金受付、郵便振替口座の使用
 ・クラウドファンディング特設ページ開設
   →インターネット経由で寄付を集めが可能に
 ・寄付者の管理及び寄付者への領収書発行

A 広報やPR のサポート
 ・当財団のウェブやチラシ、新聞等のメディアを活用して協働でPR
 ・当財団が主催するイベント等での事業内容の告知
 ・申請団体から提供された情報をFacebook やブログで発信
 ・ソーシャルライターへの情報提供、動画作成依頼

B 寄付募集計画の立案・研修などを含むコンサルティング
 ・寄付募集計画の立案、計画設計の支援
 ・寄付募集に関する合同研修への参加




【問い合わせ先】

公益財団法人みんなでつくる財団おかやま


719-1131

総社市中央2丁目2−8 FLCB2階


E-mailinfo@mintuku.jp

Tel:(代表)0866-31-5530

(受付時間:祝日を除く月曜日〜金曜日9:301730



当財団についてもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
-----------------------------------------------------

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま

-----------------------------------------------------

第18期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム 実施団体募集


みんなでつくる財団おかやまでは、

18期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定プログラム【はじめの一歩型】

(以下、事業指定プログラム【はじめの一歩型】)

の募集を2024年5月20日(月)より開始しました。


割り勘.png


本事業は、寄付を原資とした助成事業です。
みんつくの事業指定プログラムには、
・はじめの一歩型
・事業発展型
の2種類があり、本ページは『はじめの一歩型』に関するものです。

※『事業発展型』についてはコチラ


事業指定プログラム【はじめの一歩型】では、
団体の寄付募集のはじめの一歩を応援します。
次年度以降も活動継続を予定しており、団体運営のための仲間集めや寄付募集を行うことで、組織基盤強化を目指す団体様が対象となります。

[対象イメージ]
・団体の寄付募集をはじめたい方、事業の資金を集めたい方
・団体や事業に関わる人や応援してくれる人を増やしたい方
・寄付集めによる資金調達のノウハウを身につけたい方


実施を検討されている団体は、募集要項を充分お読みいただき、

所定の「助成事業申請書」に必要事項を記入のうえ申請してください。

※詳細は下記及び募集要項にてご確認ください※



応募締切 2024年7月5日(金) ※必着



申請必須条件

事務局への事前相談、またはShare 会議への参加


<事前相談>

 ご来所いただくか、オンラインまたは電話にて事前相談を行います。

 「助成事業申請書」の内、

 「基本項目」「1.組織概要」「2.申請事業概要」を記入のうえ、

 事前に事務局へ日程調整のご連絡(電話またはメール)をお願いします。


Share 会議>

 当財団では「Share会議」と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

 みんなに知ってもらいたい地域課題を発信・発見することで、

 関わる人を増やし課題解決を目指す一歩となる場です。




●助成事業 募集要項

●助成事業 申請書類
【はじめの一歩型】第18期助成事業申請書.docx



―――――

〜 事業指定助成プログラムとは? 〜


事業指定助成プログラムとは、寄付を原資とした助成事業です。

NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付による資金集めを支援する、地域版クラウドファンディングです。

資金調達のほか、自分たちの事業をみんなに知ってもらいたい!仲間を増やしたい!といった方々に最適な事業です。



1)プログラムの効果・特徴 

 当プログラムの効果・特徴は下記の3点です。

 (必ずしも効果を保証するものではありません)


・事業を応援してくれる方から直接資金を集めることができる

・新聞、SNS等のメディアを活用した発信により、

 広く多くの人に事業の重要性・内容について知ってもらうことができる

・事業に関わる人を増やすことができる(金銭以外での支援等)



2)プログラムの流れ 

 事業の状況を伺いながら一緒に寄付募集プランを考え、インターネットメディアを含めた募集ツールを整備し、事業実施団体の寄付募集をサポートします。

 寄付募集の取り組みを通じて、実施団体が解決を目指す社会課題の認知と理解を高め、事業内容や事業の重要性を社会に発信していきます。

フロー【はじめの一歩型】.png



3)プログラムの内容 

 下記内容にて寄付募集による資金調達、認知度向上を行います。

 ※この他にも事業の特性に合わせて募集方法の検討が可能です。ご相談ください。


@ 寄付の受付・決済
 ・現金による寄付金受付、郵便振替口座の使用
 ・クラウドファンディング特設ページ開設
   →インターネット経由で寄付を集めが可能に
 ・寄付者の管理及び寄付者への領収書発行

A 広報やPR のサポート
 ・当財団のウェブやチラシ、新聞等のメディアを活用して協働でPR
 ・当財団が主催するイベント等での事業内容の告知
 ・申請団体から提供された情報をFacebook やブログで発信
 ・ソーシャルライターへの情報提供、動画作成依頼
 ・寄付者向け説明会の合同開催(予定)
 ・事業報告会、寄付者交流会の開催支援

B 寄付募集計画の立案・研修などを含むコンサルティング
 ・寄付募集計画の立案、計画設計の支援(研修必須)
 ・団体内での寄付募集会議への当財団役職員派遣
 ・寄付募集に関する合同研修への参加(無料)



【問い合わせ先】

公益財団法人みんなでつくる財団おかやま


719-1131

総社市中央2丁目2−8 FLCB2階


E-mailinfo@mintuku.jp

Tel:(代表)0866-31-5530

(受付時間:祝日を除く月曜日〜金曜日9:301730



当財団についてもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
-----------------------------------------------------

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま

-----------------------------------------------------

2024年05月15日

【募集開始】2024年度第1期 「FUN LIFE基金」「BRIDGE SETOUCHI基金」

みんなでつくる財団おかやまでは
みんつく冠基金事業
「FUN LIFE基金」「BRIDGE SETOUCHI基金」
の2024年度第1期の助成団体を募集しています。

※新しい取り組み等にもよりご活用いただきやすいよう、
 2024年度は上記2基金について四半期ごとに公募させていただきます。


それぞれテーマ基金となっており、
団体の成長に合わせた、使用使途に自由のきく助成金となっています。


★テーマ「まち・むら」(みんつく冠基金)

・FUN LIFE基金(地域:総社市)
 助成分野:地域活動全般
 助成予定:3件程度(一件あたり10万円まで)


★テーマ「被災地支援・防災」(みんつく冠基金)

・BRIDGE SETOUCHI基金
 助成分野:被災地支援・防災活動
 助成金額:100,000円(一件あたり5万円まで)



―――――

<助成団体募集 説明会&相談会>
 日 時:2024年5月16日(木) 10:00〜12:00 
 場 所:FLCB(総社市中央2丁目2-8)
      +オンライン(Zoom)
 参加申込:
  みんつく事務局(info@mintuku.jp)へメールいただくか、
  下記Facebookイベントページへ参加ボタンをお願いします。



<申請方法>

所定の「助成事業申請書」に必要事項を記入のうえ、配達状況がわかる「特定記録郵便」で当財団事務局に郵送するか、当財団事務所 まで持参してください。
必要に応じて、団体の概要資料(リーフレット、チラシ、写真等)を添付いただくことも可能です。
また、提出にあわせて、申請書データを下記アドレスまでお送り下さい。(件名は「冠基金事業申請」としてください)

★申請先
  〒719-1131 岡山県総社市中央2-2-8 FLCB2F
  メール:info@mintuku.jp
  電話(直通):0866-31-5530



<スケジュール>

★ 助成団体募集期間
  2024年5月15日(水) 〜 2024年6月5日(水)(必着)

★説明会&相談会
  2024年5月16日(木) 10:00〜12:00 
   @FLCB(総社市中央2丁目2-8) + オンライン(Zoom)

★審査期間
  2024年6月6日(木)〜2024年6月30日(水)

★採択通知
  2023年6月下旬

★助成式 兼 説明会
  2024年7月1日(月)

★事業実施期間
  2024年7月1日〜2024年12月31日


<対象となる事業、団体について>
岡山県内に事務所を置くNPO 法人・社団法人・財団法人・社会福祉法人・任意団体・市民活動団体などであること。法人格の有無は不問です。


<助成割合と助成金の使徒>
助成割合に限度は設けませんが、自己資金をできるだけご用意ください。
申請いただいた事業の執行に関わるものであれば助成金の使途に制限はありません。
施設、備品整備事業も対象となりますが事前に内容をご相談ください。



詳細についてはこちら(募集要項)をご参照ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

申請関連書類(申請書、団体情報開示書、事業成果報告書)についてはこちら。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



当財団についてもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):0866-31-5530

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------