CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月20日

【報告】Share会議 1月は「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を開催しました。

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今年最初のShare会議は、「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を以下の概要で開催しました。

【概要】
日 時:2020年1月17日(金) 18:30〜20:30
場 所:認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ 新事務所
       (倉敷市新田2463-6)
内 容:ペアレント・サポートすてっぷ による事例紹介
     それを踏まえて参加者同士で意見交換をおこなう
     各助成金の説明

ペアレント・サポートすてっぷ さんは現在、割り勘事業指定助成プログラム 第14期に取り組んでいます。 (詳細はこちら



みんつくスタッフも入れて、10名の参加でShare会議はスタートしました。

まずはすてっぷの理事長・安藤さんから、すてっぷの創設から今に至るまでの、活動のあゆみをお話しいただきました。
IMG_2691.JPG

2012年から始まり、これまで続けてこられた一番の原動力は、「歓び」だというお話でした。自分たちの小さな活動を、待っていてくれる人がいる。必要としてくれている人がいる。その人たちとの交流の中で得る「歓び」がないと、活動は続かなかったと思う・とお話し下さいました。


そしてそれと同じくらいに「無償では辛くなる」ということも強く仰っていました。
そのために助成金やクラウドファンディングなど、今までの資金調達の経験も話していただきました。


そのお話をもとに、参加者同士での意見交換を行いました。
活動の参加者を増やすには?や、助成金や補助金をどうやって得たらいいのか?などの質問を交えながら、様々な意見が交わされました。


その中で印象に残ったのは、次の安藤さんの言葉でした。
「(居場所などに)参加する人はもちろん、参加すらできないでいる”本当に困っている人”に、どうアプローチをしていくか。これが一番大切なことだと思います」


広く大きな活動も、小さくて身近な活動も、必ず「提供する人」の提供するものと「受け取る人」の必要としているものが一致しているか…
かならず予習と振り返りをおこないながら、活動を積み上げていく大切さを改めて感じる機会となりました。



さいごに、当財団で募集を開始する「ももたろう基金」&「冠基金」についての紹介をしました。
Share会議を締めたあとも、参加者同士で日頃感じている課題などを話し合うなど、交流を深める場となったと思います。




このように当財団では、毎月「9のつく日」(付近)に、セミナーや相談会、課題や情報を共有しながら解決に向けて話し合う場を設けております。

随時ブログやFacebookで情報を公開しておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。



2020年01月15日

【告知】ツクる日「ペアレント・サポートすてっぷ チャリティ交流会」

毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2020年最初のツクる日は、昨年末から「第14期割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム」に挑戦中のペアレント・サポートすてっぷさんでのチャリティ交流会を開催します。
group_young_people.png


【概 要】

 日 時:2020年1月25日(土曜日) 18:00〜
     (緩やかな開始になります)

 場 所:ペアレント・サポート・すてっぷ 新事務所
      倉敷市新田2463-6
      (倉敷市役所近くのファミリーマートの奥)

 参加費:3000円 (軽食+お茶・コーヒーなど込)

     ※参加費のうち、500円が割り勘への寄付となります※


     「チャリティ・ドリンク(アルコール、ノンアルコールドリンクなど)」も

     ご用意します!



現在取り組んでいる「障がい児の保護者支援書籍出版プロジェクト」に対する思いを、ぜひこの機会にすてっぷのメンバーと共に語り合いましょう。

「児童発達支援について関心がある」「すてっぷさんについて知りたい」「ぜひ応援したい!」という方はもちろん、「みんつくって何?」や「割り勘事業について知りたい」といった方も大歓迎です。

美味しい軽食を一緒に食べながら、交流を深めましょう。




少しでも興味のある方は是非ご参加ください。

申し込み方法:こちらのメールアドレスに送信ください。
確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail: info@mintuku.jp

   

2020年01月10日

みんつくフォーラム2020

みんつくフォーラム
〜地方における「価値 」と「可能性」〜

3月29日は日本記念日協会公認みんつくの日。

「自分も楽しく、周りも楽しく、社会にも良いこと」をコンセプト に、誰もが自分の欲しい未来に対してお金や時間などの資源を使い、アクションを起こすきっかけにする日とし て毎年みんつくフォーラムを開催しています。






【概要】

日 時:2020年 3月29日(日) 10:00-12:00
場 所:JUNKO FUKUTAKE HALL
    岡山県岡山市北区鹿田町2丁目5−1
参加費: 無料

【内容】

第一部「活動紹介・パネルディスカッション」

岡山のローカル・クラウドファンディング3者が集まります。
ローカル・クラウドファンディングのそれぞれの特性を伺い、 資金調達以外の価値や、地域との連携による可能性とは何かを深めていきます。

<<パネリスト紹介>>
◆丸尾宜史
 レプタイル椛纒\取締役
 東京から津山市にUターン。2013年にレプタイルを創業。
 地域企業の広報・デザイン支援をはじめ、2013年に地域応援クラウドファンディグ「FAAVO岡山」を立ち上げ運営開始。その他、ローカル求人メディア「いーなかえーる」、岡山県北創業コミュニテ「Homing」、津山を楽しむ複合施設「INN-SECT」など、地域に向けたサービスを運営している。著書に『地方に「かえ~る人」―自分スタイルではたらく、暮らす―」』(吉備人出版)等。

◆富澤由佳
 READYFOR樺n域事業開発責任者
 READYFORの地方担当として全国行脚しながら地域特化型サービスの立ち上げを複数個所で実施。2019年7月に岡山に特化した「晴れフレ岡山」を立ち上げ、事業責任者を務める。岡山と東京の2拠点生活中。旅とお酒とみかんが好き。

◆石田篤史
 (公財)みんなでつくる財団おかやま理事
 岡山県庁に入職し、公共事業のIT化や建設マネジメントに取り組む。退職後、2012年9月28日に一般財団法人みんなでつくる財団おかやまを市民530名の寄付により設立し、初代理事長に就任。現在は専務理事を務める。




第二部「活動報告および助成式」

各種授与式・助成式/ももたろう基金の紹介と報告/2020年のみんつくについて
0001.jpg0002.jpg

【参加申し込み】

●MAIL:下記必要項目を記入してお申し込みください
    info@mintuku.jp
    (ご所属・ 役職、TEL メール、お名前)

 ※ 複数名でお申込みいただく場合は、参加予定者全員分ご記入ください。

●TEL:事務局まで直接お電話ください
   086-239-0329 (平日9:30〜17:30)




★みんつくフォーラム後、13:15より同会場にて福武教育文化振興財団によるフォーラム「地域資源の地消地産を文化に」が開催されます。ぜひ合わせてご参加ください

【報告】1月の+1セミナー「ももたろう基金」&「冠基金」相談セミナーを開催しました

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みんなでつくる財団おかやまでは、
「+1セミナー」と称し、1歩を踏み出してステージをあげることを目的としたセミナーを
毎月9日頃に開催しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2020年最初イベントとして、1月の「+1セミナー」は「ももたろう基金」&「冠基金」に関する説明を中心に、団体の運営や資金調達についてのセミナーを以下の概要で開催しました。


【概要】

日 時:2020年1月9日(木) 13:30〜15:30
場 所:まびシェア (倉敷市真備町有井94 備南観光開発ビルA-205)
内 容:「ももたろう基金」および「冠基金」に関する説明



まずは自己紹介として、それぞれの活動とその中で感じている課題についてお話をしていただきました。
IMG_2570.JPG

そのなかで次のような内容をお話しいただきました。

・真備に戻った透析を受けている人たちをどう支えていくか
・真備図書館の再開に向けた活動
・復旧作業からさらに進んで、防災教育やメンタルケアに力を入れたい        
・発災から1年半経過したいま、「仮」の拠点ではなく根付いたものにしたい




その後、石田専務理事より「団体運営に必要なこと」として、団体運営や資金調達についてのセミナーを行ないました。
IMG_2567.JPG
 個人の活動を団体として組織化することにより、事業の整理が出来る
 個々の負担を分散することができ、長く続けられる
 信頼度が増し、いろんな「力」を借りることができる
…といった内容を中心に団体運営について説明をしたのちに、資金調達についても方法ごとのメリット・デメリットを含めて説明をしました。


それらを踏まえて、現在申請募集中の「ももたろう基金」「冠基金」 について、それぞれの募集要項を中心に説明をするとともに、岡山県内の他の民間助成団体の助成についても紹介させていただきました。



その後の個別相談では各基金への質問のほか、団体運営についての相談があり、「なんとなく抱えていた疑問点がすっきりしました」「解決の糸口が見つかりました」など、嬉しい感想をいただきました。





当財団ではこのようなセミナーを随時開催しております。

次回はShare会議として「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を、2020年1月17日に開催します。
 詳細はこちら

じっさいの事例をお伺いしながら、組織運営に必要な事・考えるべきことを整理します。
あわせて、当財団で募集を開始する「ももたろう基金」&「冠基金」についての紹介も行い、対話形式で助成について考えていきますので、関心のある方は是非ご参加ください。