CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月30日

【報告】ツクる日 5月「勝手に乾杯チャリティー 団体交流会」

毎月29日は、自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


5月のツクる日は、「勝手に乾杯チャリティー」と称し、
みんつくでの関わりのある団体の交流会を兼ねて、

みんつく食事会+勝手に乾杯チャリティー団体交流会を開催しました。



日 時:5月29日(水)19:00〜
場 所:磯の家(倉敷市阿知1丁目7−2 くらしきシティープラザ西ビル 206)



参加人数は13名。それぞれの自己紹介で幕を開けました。

団体活動をされている方はその内容をはじめ、個人的に興味を持っていること等をお話しいただきました。



その後は「乾杯チャリティー」を実施しました。

 <乾杯チャリティー とは?>

   希望者に、1口500円(100円×5杯)の寄付マグネットを用意

     ↓
   ドリンクおかわりのたびに、応援したい取り組みにマグネットを貼る
     ↓
   マグネットの個数に応じた寄付をその取組団体は受け取ることができる

今回は、5つの取り組みを対象に行いました。
チャリティー終了後、二つの取組の団体に対して寄付が渡されました。



まずは岡山支援まびHouse。
IMG_2776.JPG
西日本豪雨災害の発災を機に結成され、復興支援活動を継続的に行っている団体です。
(Facebookページ→→https://www.facebook.com/mabihouse0707/ )



そして、ペアレント・サポートすてっぷ。
IMG_2769.JPG
障がい児の保護者支援をおこなっており、豪雨災害以降は倉敷市真備町でも保護者の居場所カフェを開催しています。
(Facebookページ→→https://www.facebook.com/peasapo/ )


それぞれの代表者の方への授与式が終わり、交流会は和気藹々とした雰囲気でお開きとなりました。
IMG_2779.JPG

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

財団ではこのほかにも、楽しみながらスキルをあげていったり、仲間作りの場として活用できるイベントや研修の機会を設けています。
興味のある方や、なにかアクションを起こしたいという気持ちのある方、ぜひ財団までお問い合わせください。


-------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
--------------------------------------------------











2019年05月21日

【報告】エネルギーについて考えよう 〜柏木孝夫先生の講演会に参加しました

(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、「share会議」と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

5月のShare会議として、ひまわりチャリティー主催のセミナーに参加しました。



〜 概要 〜
ひまわりチャリティー 第1回講演会 どうする日本のエネルギー

*日 時  2019年5月18日(土)14:00〜15:00
*場 所  両備ビル2F(岡山市北区錦町6-1)
参加者   15名 (うち4名みんつく経由)

講  師  東京工業大学特命教授・名誉教授 柏 木 孝 夫 氏



再生エネルギーの制度概要や

CO2排出権のこと

今後のエネルギー事情など

エネルギー関連の話を分かりやすくそして楽しく

お聞かせいただきました。


IMG_2665.JPG

特に驚いた質問は、


「富士山をカップにした時、今、発見されている世界の石油の埋蔵量は?」


みなさんどれくらいだと思いますか。


なんと1杯にも満たないそうです。(0.8杯分くらい)


日本は人口減少ですが、世界が人口増加していく中で

あらためて、エネルギーの今後を考えなくては

いけないと思いました。


太陽光発電や風力、

自宅で発電する仕組みも増えていますが、

日常生活のエネルギー消費にはバラつきがあるので

蓄電が非常に重要になります。

将来、電気自動車に逐電して家の電力をまかなうって

こともあるかもしれません。


それぞれの未来の暮らし方を考える機会となりました。


IMG_2664.JPG

-------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
--------------------------------------------------

2019年05月17日

【告知】5月Share会議「エネルギーについて考えよう 〜柏木孝夫先生の講演会に参加してみよう〜」

(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、「share会議」と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。
※通常19日に開催ですが、今回は18日開催になります。

 今月のShare会議は、エネルギーについて考えます。
DV被害者の自立支援への寄付を行うひまわりチャリティー主催の
講演会に参加させていただきます。
※みんつく主催行事ではありません、参加者としてまぜていただきます。

〜 概要 〜
ひまわりチャリティー 第1回講演会
どうする日本のエネルギー

*日 時  2019年5月18日(土)14:00〜15:00
*場 所  両備ビル2F(岡山市北区錦町6-1)
*参加費  500円

高度な経済発展を遂げている日本
それを支えるエネルギーの未来は? 
子どもたちの未来を
一緒に考えてみませんか?

講  師
東京工業大学特命教授・名誉教授
柏 木 孝 夫 氏

■ プロフィール
1946年生まれ。70年、東京工業大学工学部生産機械工学科卒。79年、博士号取得。1980〜81年、米商務省NBS招聘研究員、東京工業大学工学部助教授、東京農工大学大学院教授を経て、2007年より東京工業大学大学院教授、2009年より先進エネルギー国際研究センター長、2012年より特命教授・名誉教授。2011年より、コージェネ財団理事長。2018年より、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期エネルギー・環境分野プログラムディレクターに就任。現在、経済産業省 総合資源エネルギー調査会基本政策分科会委員、内閣府 エネルギー・環境イノベーション戦略推進WG座長などを歴任。長年、国のエネルギー政策づくりに深く関わる。2017年、エネルギー・環境分野で最も権威のある国際賞「The Georg Alefeld Memorial Award」をアジアで初めて受賞。おもな著書に「超スマートエネルギー社会5.0」、「スマート革命」、「エネルギー革命」、「コージェネ革命」など。

主 催 : ひまわりチャリティー ・ 一般財団法人 サンフラワー基金(http://sunflower-f.or.jp)

経費を支払った後の剰余金はDV被害者の自立支援を行っている(一財)サンフラワー基金に寄付させて頂きます。

〜こんな方にオススメ〜
・エネルギーに興味のある方、協力したい方
・福祉に関心のある方
・みんつくに興味のある方
などなど
少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください。

申し込み方法:
 申し込みはみんつくまででOKです、まとめてお伝えします。
申し込みは、イベントページ参加を押すかみんつく事務局に連絡をください。
みんつく(石田)が人数まとめて、ひまわりチャリティーに伝えます。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------

【告知】ツクる日「勝手に乾杯チャリティー 団体交流会」

毎月29日は、自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


5月のツクる日は、「勝手に乾杯チャリティー」と称し、
みんつくでの関わりのある団体の交流会を兼ねてみんつく食事会を開催します!

20181218.png

< つぎのような方にオススメです! >

・新しい仲間を増やしたい方

・みんつくの活動を聞きたい方

・美味しいお酒が飲みたい方
・楽しそうだから行ってみたい方

…などなど、興味のある方はどしどしご参加ください。


また「勝手に乾杯チャリティ」で活動のPRをしたい団体の募集もしています。
個別に事務局までご連絡ください!! 


【開催概要】
日 時:5月29日(水)19:00〜  ★ゆるやかに開始しますので、遅刻も可★
場 所:磯の家(倉敷市阿知1丁目7−2 くらしきシティープラザ西ビル 206)

参加費:飲食代+(希望者)勝手に乾杯チャリティ寄付代
(詳細)
 1.飲食代(飲み放題 3,500円)
  
 2.勝手に乾杯チャリティ寄付代 1口500円(100円×5杯)
  ※今回はチャリティー飲み会となり、希望者に、
   1口500円(100円×5杯)の寄付チケットを用意いたします。
   ドリンクおかわりのたびに、応援したい取り組みの募金箱へ
   寄付チケットを入れていただく仕組みとなっています。



<お申込み方法>


参加希望の方は、いずれかの方法で事前に連絡をください。

・当財団Facebookページの参加ボタンをポチッと押す

・財団宛てにメールを送る

 (メールアドレスは最後に記載しています)


申込み〆切日:5月24日(金)まで。



初夏の気配を感じはじめた中で、楽しい会話と美味しいお酒を楽しみませんか?
お会いできるのを楽しみにしています!


みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!



----------------------------------------------------------

その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
TEL:086-239-0329 
E-mail info@mintuku.jp


つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま

2019年05月10日

【報告】5月 +1セミナー「クラウドファンディングはじめの一歩」を開催しました

 みんなでつくる財団おかやまでは「+1セミナー」と称し、一歩を踏み出しステージを上げることを目的としたセミナーを、毎月9日に開催しています。




 5月の+1セミナーは「クラウドファンディングはじめの一歩(第13期割り勘説明会)」
と題して、クラウドファンディングの基礎的なセミナーとともに、第13期割り勘事業申請希望団体の個別相談を実施しました。

【実施概要】
日時:令和元年5月9日(木)13:00〜15:00  
場所:みんなでつくる財団おかやま 事務所 
参加者:スタッフを入れて8名


 まずはじめに、一般的なクラウドファンディングについてのレクチャーをおこないました。
 現在、数多くのクラウドファンディングの運営サイトがありますが、自分たちの解決したい課題や関わる人、集めたい金額の規模によって、サイトの特徴との相性を考慮して採用していくことなどの説明をしました。
IMG_9395.JPG

 続いて、第13期割り勘助成事業についての具体的な説明を行いました。
 割り勘はお金だけではなく、同じ課題に取り組む仲間を集めるのにも有効であることや、これをきっかけにより多くの人に活動を知ってもらうためのツールであるという点が特徴的であるとお話ししました。
 自団体の取組を「盛り気味」に紹介するのではなく、ありのままの姿を正しく伝えていくことや、「こうありたい」という考えを素直に表現することが重要だという話には、皆さん大きく頷いていらっしゃいました。
 要項と申請書を使っての具体的な説明が終わってからは、質疑応答と簡単な団体間の交流と、個別相談の場を設けました。
IMG_9398.JPG
 これがきっかけとなり、皆さんの心の中にある理想の将来像が、さらに変化しそうな気配も感じました。


 このように、みんなでつくる財団おかやまでは定期的に相談会やセミナーを実施しています。6月の「+1セミナー」は、今回の「クラウドファンディング はじめの一歩」をさらに進めた形でのセミナーを、以下の通り予定しております。

 日時:令和元年6月9日(日)
    13:00〜16:00
 場所:きらめきプラザ
    岡山市北区南方2丁目13−1

詳細については、改めてブログ等で告知させていただきます。
 クラウドファンディングについて知りたい方、当財団の割り勘事業へ申請してみたいと考えている方は、ぜひご参加ください。

 当財団ではこのほかにも、楽しみながらスキルをあげていったり、仲間作りの場として活用できるイベントや研修の機会を設けています。
 興味のある方や、なにかアクションを起こしたいという気持ちのある方、ぜひ財団までお問い合わせください。


-------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
--------------------------------------------------





2019年05月08日

第13期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム 実施団体募集

 1.png


 みんなでつくる財団おかやまでは、

 第13期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定プログラム の募集を開始しました。



 この割り勘事業は、寄付を原資とした助成事業です。

 NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信して事業への賛同者を募り、その寄付による資金集めを支援する、地域版クラウドファンディングです。

 資金調達のほか、自分たちの事業をみんなに知ってもらいたい!仲間を増やしたい!といった方々に最適な事業です。


 実施を検討されている団体は、募集要項を充分お読みいただき、所定の「助成事業申請書」に必要事項を記入のうえ申請してください。

 ※詳細は下記及び募集要項にてご確認ください※


 締切日 2019611日(火)

 (当日消印有効)



申請必須条件

事務局への事前相談及びShare 会議への参加

<事前相談>

 …ご来所いただくか、お電話にて事前相談をお受けいたします。

 (ご来所の場合は事前にご連絡ください)


Share 会議>

 …当財団では「Share会議」と称し、地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

  みんなに知ってもらいたい地域課題を発信・発見することで、関わる人を増やし課題解決を目指す一歩となる場です。



募集要項

※ダウンロードは、カーソルをあわせて、右クリック「リンク先のファイルを保存(対象ファイルを保存)」で行えます。


●助成事業申請書類

第13期 助成事業申請書

助成事業申請書 記入のポイント



1.割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラムとは?

「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラムとは、寄付を原資とした助成事業です。NPO・市民団体等が取り組む事業内容を社会に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付により資金集めを支援する仕組みです。



1)プログラムの効果・特徴 

 当プログラムの効果・特徴は下記の3点です。

(必ずしも効果を保証するものではありません)


・事業を応援してくれる方から直接資金を集めることができる

・新聞、SNS等のメディアを活用した発信により、

 広く多くの人に事業の重要性・内容について知ってもらうことができる

・事業に関わる人を増やすことができる(金銭以外での支援等)



2)どんな方に向いているか 

 下記のような取り組み・団体の方におすすめです。 


・事業の資金を集めたい方

・もっと多くの方に事業のことや取り組んでいる課題について知ってもらいたい方

・事業に関わる人を増やしたい方

・寄付集めによる資金調達のノウハウを身につけたい方



3)プログラムの流れ 

 事業の状況を伺いながら一緒に寄付募集プランを考え、インターネットメディアを含めた募集ツールを整備し、事業実施団体の寄付募集をサポートします。

 寄付募集の取り組みを通じて、実施団体が解決を目指す社会課題の認知と理解を高め、事業内容や事業の重要性を社会に発信していきます。



4)プログラムの内容 

 下記内容にて寄付募集による資金調達、認知度向上を行います。


・インターネット経由で寄付を集めるクラウドファンディング特設ページの開設

・事業内容をまとめたカタログの発行・配布

・当財団が主催するイベント等での事業内容の告知

※この他にも事業の特性に合わせて募集方法の検討が可能です。ご相談ください。




【問い合わせ先】

公益財団法人みんなでつくる財団おかやま


700-0026

岡山市北区奉還町三丁目15-8 奉還町第1ビル第11


Tel:代表)086-239-0329

Fax086-899-6329   E-mailinfo@mintuku.jp

HP http://mintuku.jp/

(受付時間:祝日を除く月曜日〜金曜日9:301730

2019年05月07日

【報告】ツクる日 4月のみんつく交流会・相談会

毎月29日は「ツクる日」。
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

…ですが、4月29日は祝日でしたので、繰り上げて27日に以下の通り開催しました。

日時:平成31年4月27日(土)13:00〜15:00  
場所:みんなでつくる財団おかやま 事務所(岡山市北区奉還町)



今回は5団体・6名が参加。普段は静かなみんつく事務所が、大変にぎわいました。
まずは大山代表理事より、みんつくが実施している助成事業全般についての説明を行いました。
とくにこの5月7日より募集を開始した「第13期 割り勘事業」については、先日までおこなわれていた第12期での取り組みを例に、今後のスケジュールについての説明をしました。
また、昨年の西日本豪雨災害からの復旧・復興活動を行う団体に対して助成をおこなっている「ももたろう基金」について、現時点での寄付や助成状況についての報告をしました。
IMG_8731.JPG


次に各団体の自己紹介として、活動の内容とともに、取り組みたいと考えている問題や思いなどを順にお話していただきました。
今回の参加団体もバラエティに富んでいました。
・西日本豪雨災害の復興活動
・メンタルヘルスについての学びの場つくり
・動物園を元気にする活動
・保護犬を殺処分から救い、新たな家族を見つける活動
どの話も興味深いものばかりでした。
団体間で質問が出たり、思わぬ共通点が見つかったり、新たな発見があったり…
大変盛り上がりました。
IMG_8727.JPG

過去に割り勘の事業助成を受けたことのある団体からは、経験談もお話しいただきました。
経験談を当事者から聞く機会というのはなかなかないので、皆さん真剣に耳を傾けていました。財団スタッフとしても、生の声を聴く大変良い機会になりました。



また今回は「2018年度ろうきん寄付システム」の助成決定団体の一つ、ハート・オブ・ゴールドさんへの助成式も行いました。
IMG_8740.JPG



その後は個別相談会ということで、割り勘事業のほか、ももたろう基金についての相談も受けました。
ももたろう基金についての相談では、時間の経過とともにニーズが複雑化・多様化していることを改めて感じました。
割り勘事業の相談では、経験談をもとにしたアドバイスをいただきながら、目標に向かっての具体的なアクションを検討していくことが出来ました。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このように、毎月29日は「ツクる日」と題し、
<自分も楽しく、周りも楽しく、社会にいいことを考えたり、アクションする日!>
として、交流会や相談会を開催しています。


ブログやFacebookにてイベントの予定を掲載していきますので、興味・関心のある方は是非お気軽にご参加ください。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------



ツクる日「勝手に乾杯チャリティー」

毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

5月ツクる日は、「勝手に乾杯チャリティー」と称し、
みんつくでの関わりのある団体の交流会を兼ねてみんつく食事会を開催します!

< 以下のような方にオススメです! >
・美味しいお酒が飲みたい方
・楽しそうだから行ってみたい方
・みんつくの活動を聞きたい方
などなど、興味のある方はどしどしご参加ください。

また、勝手に乾杯チャリティで
PRしたい団体の方も募集しています。
個別に事務局までご連絡ください!! 

【開催概要】
日 時:5月29日(水)19:00〜ゆるやかに開始 ※遅刻可
場 所:磯の家(倉敷市阿知1丁目7−2 くらしきシティープラザ西ビル 206)
参加費:飲食代+(希望者)勝手に乾杯チャリティ寄付代
(詳細)
 1.飲食代(飲み放題 3,500円)
  
 2.勝手に乾杯チャリティ寄付代 1口500円(100円×5杯)
  ※今回はチャリティー飲み会となり、希望者に、
   1口500円(100円×5杯)の寄付チケットを用意いたします。
   ドリンクおかわりのたびに、応援したい取り組みの募金箱へ
   寄付チケットを入れていただく仕組みとなっています。

お申込み方法
参加希望の方は参加ボタンをポチッと押してください。

申込み〆切日:5月24日(金)まで。

春のあたたかな陽気の中で、
楽しい会話と美味しいお酒を楽しみませんか?
お会いできるのを楽しみにしています!
----------------------------------------------------------

その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください
TEL:086-239-0329 
E-mail info@mintuku.jp


みんつくの日を一緒に盛り上げましょう!!
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま