CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年02月14日

「みん活」助成団体連絡会 第三回 開催しました

市民活動(NPO活動)や地域活動をはじめとする「みんなの活動」を支える、官民合同の連絡会=「みんなの活動(みん活)助成団体連絡会」の第三回目を、以下のとおり開催しました。

日 時:令和2年2月12日() 14:00
場 所:ゆうあいセンター 大会議室3



まず、昨年9月19日に実施した合同資金調達相談会&ミニセミナーを中心として、年間の振り返りを行いました。
IMG_3130.JPEG








その後、来年(2020年)度に向けた、活動方針などについて確認しました。
IMG_3127.JPEG



来年度も引き続き、県内の官民が協力して「みんなの活動」を支えていく活動を行います。




説明会やセミナー等の告知は、当ブログをはじめフェイスブック等で随時おこなってまいります。


不明な点等がありましたら、いつでもお問い合わせいただければと思います。






2020年02月05日

【告知】2月Share会議は「ハーモニーネット未来」おひさま基金について考える

みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」と称し、毎月19日頃に
団体や個人のアイデアや事業をみんなで考える(シェアする)Share会議を開催しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2月の「Share会議」は…
笠岡市の認定NPO法人ハーモニーネット未来さんの「おひさま基金」について、
考える予定です。

ハーモニーネット未来は、
『子どもやおとなに対して文化・芸術の鑑賞や創造活動の推進、また社会体験や社会参画の機会の拡充など、すべての人をとりまく生活・文化環境をよりよくする活動を行い、子どもの豊かな成長と安心して生活できる地域社会の創出に寄与することを目的』として活動しています。

が、その活動は多様で、
かかわってくれたメンバーの生活環境の変化に伴い、
助け合い事業やサロン活動など様々な事業を行っています。

 
その事業の中に『おひさま基金』というものがあります。

太陽光発電所で発電した電気を売電することで得た収益金+寄付金で『おひさま基金』を設立・運営し、環境教育や子ども・障がい児(者)・ひとり親家庭などの支援に活用するプロジェクトです。



今回のShare会議では、この『おひさま基金』をについて団体の

運営に関しての困りごとを、一緒に考えます。

※今回の内容は団体の運営の深い部分の話もあるため、

 事前に問い合わせていただいた方のみご参加いただけます。


【概要】

日 時: 2020年2月18日(火) 14時〜 

場 所: 笠岡市内 (参加者のみにお知らせします)


今回のShare会議はセミ・クローズで開催いたします。

参加を希望される方は、みんつくまでご連絡ください。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------



 

2020年01月29日

【告知】2月の+1セミナーは「2019年度助成財団フォーラム」にて報告をおこないます。

みんなでつくる財団おかやまでは、
「+1セミナー」と称し、1歩を踏み出してステージをあげることを目的としたセミナーを
毎月9日頃に開催しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2月の「+1セミナー」は…


東京で開催される『助成財団フォーラム』にて、事例報告をさせていただきます。

【概 要】
助成財団に望まれるアウトリーチ活動を考える
    ―現場との対話を通して社会的理解の促進へ―
  
 主催:公益財団法人助成財団センター

※助成財団センターのイベントにおいて、事例報告として参加します※

 ◆日時                                     
  2月7日(金)13時00分〜17時55分(受付開始は12時30分から)
 
 ◆場所
  大手町ファースト スクエア カンファレンス「イーストタワー」
  東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア 

 ◆詳細はこちら







 お問い合わせ・お申し込みは、直接「助成財団センター」へお願いいたします。
 公益財団法人助成財団センター
 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-26-9 ビリーヴ新宿4F
 TEL 03-3350-1857    FAX 03-3350-1858


【報告】1月ツクる日「ペアレント・サポートすてっぷ チャリティ交流会」

毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


現在「第14期割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム」に挑戦中のペアレント・サポートすてっぷさんにて、チャリティ交流会を開催しました。


【概要】
 日 時:2020年1月25日(土曜日)  
 場 所:ペアレント・サポート・すてっぷ 新事務所
      


土曜日の夕方ということで、緩やかに交流会は始まりました。

ペアレント・サポートすてっぷの立ち上げ当初から今に至るまでのエピソードを話しながら、安藤さんが美味しい料理を準備してくださいました。
IMG_2838.JPG








準備もほぼ終わり、参加者も揃ってきたところで当財団の大山代表理事から、開会の挨拶をさせていただきました。
IMG_2846.JPG




その後は、ワンプレートに盛りつけられた料理やお寿司をつまみながら、参加者の自己紹介をしていきました。
参加者は、みんつくスタッフも入れて総勢14名。
とても賑やかな交流会になりました。




FotoJet (1).jpg



ペアレント・サポートすてっぷの安藤さんからは、現在取り組んでいる「障がい児の保護者支援書籍出版プロジェクト」に対する思いを話していただきました。


書籍の出版に向けての苦労したこと、多くの人の支援によって予定通り準備が進んでいることなど、まさに「笑いあり・涙あり」のお話でした。
IMG_2863.JPG





飲み物は、チャリティー・ドリンクも用意されました。
とくに「自家製サングリア」は、フルーツたっぷりで好評だったようで、多くのご協力を得ることが出来ました。





現在すてっぷさんが取り組んでいる「第14期割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム」は、2月28日までの活動となっています。

のこり1か月となりました。

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このような、楽しく交流できるイベントを毎月開催しております。
今後もブログで告知していきますので、興味のある方は是非ご参加ください。

当財団についてもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。


-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------






2020年01月20日

【報告】Share会議 1月は「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を開催しました。

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今年最初のShare会議は、「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を以下の概要で開催しました。

【概要】
日 時:2020年1月17日(金) 18:30〜20:30
場 所:認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ 新事務所
       (倉敷市新田2463-6)
内 容:ペアレント・サポートすてっぷ による事例紹介
     それを踏まえて参加者同士で意見交換をおこなう
     各助成金の説明

ペアレント・サポートすてっぷ さんは現在、割り勘事業指定助成プログラム 第14期に取り組んでいます。 (詳細はこちら



みんつくスタッフも入れて、10名の参加でShare会議はスタートしました。

まずはすてっぷの理事長・安藤さんから、すてっぷの創設から今に至るまでの、活動のあゆみをお話しいただきました。
IMG_2691.JPG

2012年から始まり、これまで続けてこられた一番の原動力は、「歓び」だというお話でした。自分たちの小さな活動を、待っていてくれる人がいる。必要としてくれている人がいる。その人たちとの交流の中で得る「歓び」がないと、活動は続かなかったと思う・とお話し下さいました。


そしてそれと同じくらいに「無償では辛くなる」ということも強く仰っていました。
そのために助成金やクラウドファンディングなど、今までの資金調達の経験も話していただきました。


そのお話をもとに、参加者同士での意見交換を行いました。
活動の参加者を増やすには?や、助成金や補助金をどうやって得たらいいのか?などの質問を交えながら、様々な意見が交わされました。


その中で印象に残ったのは、次の安藤さんの言葉でした。
「(居場所などに)参加する人はもちろん、参加すらできないでいる”本当に困っている人”に、どうアプローチをしていくか。これが一番大切なことだと思います」


広く大きな活動も、小さくて身近な活動も、必ず「提供する人」の提供するものと「受け取る人」の必要としているものが一致しているか…
かならず予習と振り返りをおこないながら、活動を積み上げていく大切さを改めて感じる機会となりました。



さいごに、当財団で募集を開始する「ももたろう基金」&「冠基金」についての紹介をしました。
Share会議を締めたあとも、参加者同士で日頃感じている課題などを話し合うなど、交流を深める場となったと思います。




このように当財団では、毎月「9のつく日」(付近)に、セミナーや相談会、課題や情報を共有しながら解決に向けて話し合う場を設けております。

随時ブログやFacebookで情報を公開しておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。



2020年01月15日

【告知】ツクる日「ペアレント・サポートすてっぷ チャリティ交流会」

毎月29日は、
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2020年最初のツクる日は、昨年末から「第14期割り勘で夢をかなえよう!事業指定助成プログラム」に挑戦中のペアレント・サポートすてっぷさんでのチャリティ交流会を開催します。
group_young_people.png


【概 要】

 日 時:2020年1月25日(土曜日) 18:00〜
     (緩やかな開始になります)

 場 所:ペアレント・サポート・すてっぷ 新事務所
      倉敷市新田2463-6
      (倉敷市役所近くのファミリーマートの奥)

 参加費:3000円 (軽食+お茶・コーヒーなど込)

     ※参加費のうち、500円が割り勘への寄付となります※


     「チャリティ・ドリンク(アルコール、ノンアルコールドリンクなど)」も

     ご用意します!



現在取り組んでいる「障がい児の保護者支援書籍出版プロジェクト」に対する思いを、ぜひこの機会にすてっぷのメンバーと共に語り合いましょう。

「児童発達支援について関心がある」「すてっぷさんについて知りたい」「ぜひ応援したい!」という方はもちろん、「みんつくって何?」や「割り勘事業について知りたい」といった方も大歓迎です。

美味しい軽食を一緒に食べながら、交流を深めましょう。




少しでも興味のある方は是非ご参加ください。

申し込み方法:こちらのメールアドレスに送信ください。
確認でき次第、事務局から確認メッセージを送ります。
E-mail: info@mintuku.jp

   

2020年01月10日

【報告】1月の+1セミナー「ももたろう基金」&「冠基金」相談セミナーを開催しました

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みんなでつくる財団おかやまでは、
「+1セミナー」と称し、1歩を踏み出してステージをあげることを目的としたセミナーを
毎月9日頃に開催しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2020年最初イベントとして、1月の「+1セミナー」は「ももたろう基金」&「冠基金」に関する説明を中心に、団体の運営や資金調達についてのセミナーを以下の概要で開催しました。


【概要】

日 時:2020年1月9日(木) 13:30〜15:30
場 所:まびシェア (倉敷市真備町有井94 備南観光開発ビルA-205)
内 容:「ももたろう基金」および「冠基金」に関する説明



まずは自己紹介として、それぞれの活動とその中で感じている課題についてお話をしていただきました。
IMG_2570.JPG

そのなかで次のような内容をお話しいただきました。

・真備に戻った透析を受けている人たちをどう支えていくか
・真備図書館の再開に向けた活動
・復旧作業からさらに進んで、防災教育やメンタルケアに力を入れたい        
・発災から1年半経過したいま、「仮」の拠点ではなく根付いたものにしたい




その後、石田専務理事より「団体運営に必要なこと」として、団体運営や資金調達についてのセミナーを行ないました。
IMG_2567.JPG
 個人の活動を団体として組織化することにより、事業の整理が出来る
 個々の負担を分散することができ、長く続けられる
 信頼度が増し、いろんな「力」を借りることができる
…といった内容を中心に団体運営について説明をしたのちに、資金調達についても方法ごとのメリット・デメリットを含めて説明をしました。


それらを踏まえて、現在申請募集中の「ももたろう基金」「冠基金」 について、それぞれの募集要項を中心に説明をするとともに、岡山県内の他の民間助成団体の助成についても紹介させていただきました。



その後の個別相談では各基金への質問のほか、団体運営についての相談があり、「なんとなく抱えていた疑問点がすっきりしました」「解決の糸口が見つかりました」など、嬉しい感想をいただきました。





当財団ではこのようなセミナーを随時開催しております。

次回はShare会議として「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を、2020年1月17日に開催します。
 詳細はこちら

じっさいの事例をお伺いしながら、組織運営に必要な事・考えるべきことを整理します。
あわせて、当財団で募集を開始する「ももたろう基金」&「冠基金」についての紹介も行い、対話形式で助成について考えていきますので、関心のある方は是非ご参加ください。








2019年12月27日

現在募集中の助成のご案内 <ももたろう基金・冠基金・ろうきん寄付システム・福祉人材育成奨学金>

2019年末から2020年にかけて、
当財団で募集中の助成についてまとめました。

また、1月9日には説明会を兼ねたセミナーもありますので、
ご活用ください。

【1月 +1セミナー】
日 時:2020年1月9日(木) 13:30〜15:30
場 所:まびシェア

 nenga_mark01_matsu.pngnenga_mark02_take.pngnenga_mark03_ume.png    

※それぞれクリックひらめきすると詳細が表示されます※

<<団体向け>>


20191225日(水)〜2020年2月21日(金)


2019年12月26日(木)〜2020年2月14日(金)


2019年12月9日(月)〜2020年2月7日(金)




<<個人向け>>

2019年12月2日(月)〜2020年1月31日(金)




もっと知りたい、または不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。





事務局及び申請先(問合せ先)◆

 公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま

 〒700-0026岡山県岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第一ビル第11

 TEL:086-239-0329 FAX:086-899-6329 E-Mail info@mintuku.jp  

 URL http://www.mintuku.jp/


土曜日曜祝日を省く、9:30〜17:30 (ただし年末年始は、12/28〜1/5まで休業)

【募集開始!】2020年度対象「福祉人材育成奨学金」奨学生の募集を開始しました

みんなでつくる財団おかやまでは、2020年度に岡山県内の大学もしくは専門学校等の福祉専門課程への進学予定または在学生の方を対象として、「福祉人材育成奨学金」の奨学生の募集を開始します。
(在学生については「平成30年7月豪雨災害」の被災世帯の方に限ります)


福祉人材育成奨学金とは
『大学・専門学校等の福祉専門課程への進学希望者および在学生を対象に、学費・経験両面からサポートし、未来の福祉人材のリーダーを育成する』という目的の奨学金です。


スクリーンショット 2017-10-31 16.13.57.png



【対象者】

・岡山県内の大学・専門学校等の福祉専門課程に進学を希望している
・岡山県内に在住している
・学費に不安を感じている
  ≫世帯収入590万円以下をおおよその基準とする
 (参考:文部省高校就学支援金1.5倍加算支給対象世帯)
・卒業後の進路は福祉分野を希望している
・学びを通じてリーダーシップをとれるスキルを身につけたい
・あなたのやる気を推薦してくれる人がいる
・新入学生もしくは「平成30年7月豪雨災害」で被災した世帯の在学生である


【支援の内容】

1.学費について
年額120万円を上限に、入学金・学費・生活費(上限5万円)・活動費をサポートします。

2.学びの機会の提供について
大学などで学ぶにあたり、モチベーションの維持向上のための相談や、興味のある福祉分野のNPO法人や施設などの紹介・活動参加のサポートをおこないます。


【奨学生の採択数】 

若干名


【募集期間】

2019年12月2日(月)〜2020年1月31日(金)必着


【申請方法】

申請書と推薦書に必要事項を記入の上、親権者の課税証明書(市町村民税所得割額のわかる書類)と在学生の方は「平成30年7月豪雨災害」罹災証明書とを合わせて
2020年1月31日(金)必着で下記宛に郵送でお送りください。


【申請先】

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま 福祉人財育成奨学金係

〒700-0026 岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第1ビル第11号


詳しい情報はこちら(募集要項)をご参照ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


【お問合せ】

TEL:086-239-0329 FAX:086-899-6329 E-mail:info@mintuku.jp

担当:石田・田原(電話によるお問合せは月〜金 9:30〜17:30)

※通常時間内に事前に連絡し、予約いただければ、土日祝の対応も可能です。

【募集開始!】2019年度 冠基金 〜団体の成長に合わせた自由度の高い助成金〜

みんなでつくる財団おかやまでは「みんなの貯金箱をもとう!〜冠基金事業」の2019年度の助成団体を募集しています。


本年度は5テーマ5基金となっております。

それぞれ団体の成長に合わせた、使用使途に自由のきく助成金となっています。




★テーマ「まち・むら」

 【くらし”き”になる基金】

助成分野:岡山県倉敷市のまちづくり(全般)の活動 

助成総額:200,000円(一件あたり10万円まで)




★テーマ「子ども福祉(キャリア・学習支援)」

 【福祉人材育成基金】

助成分野:社会的支援を必要とする子どものキャリア・学習支援

助成総額:1,000,000円(一件あたり50万円まで)




★テーマ「障がい(老年期)」

 ・山本基金

助成分野:障がい者やその家族の老年期を支える事業

助成総額:900,000円(一件あたり90万円まで)




★テーマ「子ども(貧困・育ちの環境)」

 ・J基金

助成分野:貧困・子どもたちの育ちの環境(団体経営基盤強化)

助成総額:700,000円(一件あたり70万円まで)




★社会変革基金(災害復興・地域振興)

 ・にいみ復興基金

助成分野:岡山県新見市の災害復興・地域活性化のための活動

助成総額:200,000円(一件当たり10万円まで)






<申請方法>

所定の「助成事業申請書」に必要事項を記入のうえ、配達状況がわかる「特定記録郵便」で当財団事務局に郵送するか、当財団事務所 まで持参してください。必要に応じて、団体の概要資料(リーフレット、チラシ、写真等)を添付いただくことも可能です。また、提出にあわせて、申請書デー タを下記アドレスまでお送り下さい。



<スケジュール>

★ 助成団体募集期間

  2019年12月9日(月)〜2020年2月7日(金)(当日消印有効)


★申請先 

  〒700-0026 岡山市北区奉還町3丁目15-8 奉還町第一ビル第11号


★審査期間

  2020年2月10日(月)〜2020年3月15日(日)

★採択通知

  2020年3月中旬

★助成式

  2020年3月29日(日)

★事業実施期間

  2020年4月1日〜2021年3月31日



<対象となる事業、団体について>

岡山県内に事務所を置くNPO 法人・社団法人・財団法人・社会福祉法人・任意団体・市民活動団体などであること。

法人格の有無は不問です。(詳細についてはHPにてご確認ください)



<助成割合と助成金の使徒>

助成割合に限度は設けませんが、自己資金をできるだけご用意ください。

申請いただいた事業の執行に関わるものであれば助成金の使途に制限はありません。施設、備品整備事業も対象となりますが事前に内容をご相談ください。




詳細についてはこちらでご確認ください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


当財団についてもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。


-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------