CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月21日

【告知】1月Share会議「助成申請相談会」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 1月のShare会議では、冠基金や第13次ももたろう基金の助成申請に関する相談会を開催します。

【概 要】
日 時:2021年1月16日(土) 13:00〜16:00
※1団体につき30分を予定しておりますので、お申し込み時にご希望の時間帯をお知らせください
場 所:zoomにてオンライン開催 ※事前予約制
    (お申し込み頂いた方に、折り返しURLをお送りします)

※相談会をより効果的なものとするため、書ける範囲で記入したものを事前に送付ください。
    
 それぞれの基金に申請するにあたり、本相談会に参加し、申請における不安や悩み事を早め早めに解消しませんか?

 冠基金や第13次ももたろう基金への申請を検討されている方々、ぜひご参加ください。

お問い合わせ・お申し込みは以下のメールアドレスにメールにてお願いいたします。
その際、お名前・所属団体があればその名称、をお知らせください。
info@mintuku.jp

2020年12月07日

【告知】12月Share会議「街の在り方を考える」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 12月のShare会議では、倉敷のまちづくりに深くかかわっている建築士の楢村 徹さんの書籍や資料を読む会を開催します。参加者で資料を読むとともに街歩きをします。


【概 要】
日 時:2020年12月16日(月) 10:00〜12:00
場 所:町屋トラスト
    
 まちづくりに関わってきた人の活動と思いをみることで「持続可能なまちづくり」とは何か、倉敷らしさとは何か考えてみませんか?


17308793_1305742592835169_6496705033591084356_n-thumbnail2.jpeg



 寒さが厳しい時期ではありますが、一緒にまちづくりを考え、街歩きをしてみたい方、ぜひご参加ください。

お問い合わせ・お申し込みは以下のメールアドレスにメールにてお願いいたします。
その際、お名前・所属団体があればその名称、をお知らせください。
info@mintuku.jp




2020年09月16日

【告知】9月Share会議「『きょてん』大学生2人の挑戦を応援しよう!」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 9月のShare会議は、岡山大学3年の黒川あやめさんと香川大学3年の澤田みのりさんに、岡山の観光をテーマにしたスナック「きょてん」の計画を発表していただきます。
 それをもとに、皆さんと一緒に課題を話し合ったり、アイデアを出し合ったりしたいと思います。


【概要】

 日  時 : 2020922日(火)20002130


 開催方法 : zoomによるオンライン開催

        (申し込み時にメール返信にてアドレスをお送りします)


 内  容 : 観光をテーマにしたスナック「きょてん」の計画づくり


 発 表 者  : 岡山大学3年 黒川あやめさん

        香川大学3年 澤田みのりさん



travel_happy_women.png



 2人は昨年、中部地方を長期で旅行したそうです。

 そのときに、それぞれの県や地域がお互いが連携して取り組み提供する観光スタイルを活用し、今までにない切り口での旅の楽しみを体験してきたそうです。


 そこからヒントを得て、岡山の観光をーテーマにしたスナック「きょてん」を立ち上げ、岡山を観光で訪れる人と、岡山県内の観光地で頑張る人のつながりを築きたいと考えたそうです。


 岡山の観光に興味がある方、二人の挑戦が気になる方、ぜひご参加ください。




 参加の申し込みは、メール(info@mintuku.jp) にてお願いいたします。

 その際、・お名前 ・所属団体があればその名称  をお知らせください。






2020年07月17日

【報告】7月Share会議「海外のフードバンク事情」について

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 7月のShare会議は、「フードシェアリングジャパン」の成田さんに、海外(ヨーロッパとオーストラリア)のフードバンク事情についてお話しいただきました。



 【概要】

 日時 : 2020年7月16日(木)19:00〜20:30

 開催方法 : zoomによるオンライン開催

 内容 : フードシェアリング(フードバンク)について考える 



 まず初めに、成田山の普段の活動の紹介からスタートしました。
 成田さんの活動については「フードシェアリングジャパン」に詳しく掲載されています。


 つづいて、新型コロナウィルスの影響が出る前の今年の1月に訪れた、イギリス・ドイツ・デンマーク・オーストラリアの事例を紹介していただきました。
7月Share会議3.png
 イギリスでは、プロサッカーチームのホーム地の多くにフードバンクがあり、ホーム地での試合の時に食品や寄付を募っているのだそうです。
 支援対象者の情報(支援が必要な理由など)がきちんと把握・管理されているということです。

 ドイツではフードシェアリングとフードバンクのそれぞれが、国内全域にわたって活動をしているそうです。

 またオーストラリアには無料のスーパーがありボランティアがマンツーマンで立ち会って、必要な食品を選ぶことができる仕組みがあるなど、印象的な話を聞くことができました。


 いずれの国においても、団体運営のルールと仕組みがしっかりしており、特に配分に関するルールをきちんと決めることで揉め事を減らす工夫がされているという印象を受けました。
 団体によって「環境問題」「困窮者支援」など取り組みの中心は異なりますが、いずれも多くのボランティアによって支えられていて、地域に根差した活動になっているという印象だったそうです。



 成田さんの発表の後、参加者で意見交換を行いました。
 岡山県内の状況や、活動をする上での課題(衛生面などのリスク管理)に関する話題が出ました。
7月Share会議.png
 今回は内容が盛りだくさんで、大変活発な意見交換が行われました。
 そこで、今年度中にもう一度このような場を持つことと、興味のある人に成田さんの活動を紹介していこうということで、Share会議は終了しました。



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 このように、今後も毎月19日ごろにShare会議を開催していきます。
(当面はオンライン開催)
 そこで、会議での発表団体を募集しています。
 団体の取組についてともに考える機会として、ぜひご活用ください。

 発表希望者は、みんつく事務局まで相談ください。
 平時の活動相談でもOKです。
 ※相談は、メールや電話をご活用ください

 
 
 

 

2020年07月15日

【告知】8月Share会議「夏休み自由研究用ワークショップ『次の時代のまちづくりリーダーになろう!』」

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 8月のShare会議は、NPO法人吉備たくみ会との共催(倉敷市教育委員会後援)で、「夏休み自由研究用ワークショップ『次の時代のまちづくりリーダーになろう!』」と題したワークショップを開催します。

 ※対象は倉敷市の小学4年生から中学生となります※


 夏休み自由研究レポート用のワークショップとして行います。
 ●身の回りの課題を解決するには?
 ●起業や活動ってなに?
 …などを学んでレポートにまとめます。
 レポートはそのまま印刷して、提出可能なデータにする予定です。



【概要】

日時:2020年8月223日(日) 13:00〜17:00
場所:くらしき健康福祉プラザ 3F視聴覚室 (倉敷市笹沖180)

持ち物:ノートパソコン(自分のパソコンでワークしたい方)
    USBメモリー(PCレンタルの方)、飲み物など水分補給の準備等

対象:小学4年生〜中学生(定員12名)

参加費:無料


注意:@まとめ用のパソコンはこちらで用意します
   A自分のパソコンを使いたい方は事前にお知らせください
   BGoogleのソフトを使用するので、Gmailアカウントが必要です



82cbdd1758fb40c14b6a6bd485a1f527.png


【申し込み・お問い合わせ先】

参加のお申し込みや内容に関するお問い合わせは、コーダー道場サイトまたは吉備たくみ会直接お願いいたします。
(みんつくでは受け付けておりません)

コーダー道場サイト:https://cd-kurashiki.connpass.com/
吉備たくみ会サイト:http://takumikai.org/
 (電話:086-421-7100  Eメール:info☆takumikai.org ☆を@に変更)





2020年07月06日

【告知】7月Share会議「海外のフードバンク事情」について

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 7月のShare会議は、「フードシェアリングジャパン」の成田さんに、海外(ヨーロッパとオーストラリア)のフードバンク事情についてお話しいただきます。
 新型コロナウィルスが蔓延する前に、実際にご覧になった各国の様子を中心に、”フードバンク”についてみんなで考える機会にしたいと思います。


 「フードシェアリングジャパン」とは?
 →Facebookページはこちら

 〜以下、Facebookより引用〜
 スーパーや農家から出てくる余剰食品(食べられるのに廃棄されてしまう食品たち)を救っています。

 52240706.jpg  

 【概要】

 日時 : 2020年7月16日(木)19:00〜20:30

 開催方法 : zoomによるオンライン開催
        (申し込み時にメール返信にてアドレスをお送りします)

 内容 : フードシェアリング(フードバンク)について考える (仮)


29617365.jpg


 新型コロナウィルスによる休校や外出の自粛要請が出ていた4月・5月、岡山県内でもフードバンク活動が話題になりました。

 この機会をぜひ「活動について知りたい」「海外の事情を知りたい」などの関心を、一緒に話し合ってみませんか?


 参加の申し込みは、メール(info@mintuku.jp) にてお願いいたします。
 その際、・お名前 ・所属団体があればその名称  をお知らせください。




 お問い合わせなども、気軽にご連絡ください。







2020年05月19日

【報告】5月Share会議 「子ども食堂ミソラ」と一緒に考える会

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 5月のShare会議は以下の通りzoomによるオンラインで開催しました。

開催日時 : 2020年5月19日(火)
       14:00〜15:30
開催方法 : zoomによるオンライン開催   
発表者 : 水島子ども食堂ミソラ 井上正貴さん
参加者 : (発表者を入れて) 8名


 今回は『水島子ども食堂 ミソラ』の取り組みと、情報発信について話し合いました。

 最初にミソラの井上さんから、子ども食堂の活動の紹介をしていただきました。
 その後は、2月以降の新型コロナウィルスの感染拡大やそれに伴う休校や自粛要請による影響などをお話しいただきました。
20200519Share会議2.jpg

 もともと子ども食堂を通じて、いろんな相談に応じていたそうですが、3月になってからはその子ども食堂の開催が難しくなりました。そこでお米などを集めて「フードシェア会」を開催していたそうです。
 その後は、そういった人の集まりも難しくなったため、「フードシェアカー」として車で主に食料品を配布する活動をされていました。

 そんな中で、今は緊急対応として取り組んでいるが、いつか活動が追い付かなくなる…本来の自分たちの活動をもっと発信して広げたい!という気持ちが強くなったそうです。



 それに対して参加者からはいろいろな意見や質問が出ました。

 その中で、同じ自治体の中でも地域によって危機意識の差はあるものの、ちょっとしたキッカケがあればそれを共有し、横のつながりに変えていけるのではないか?という意見から、そのつながりを作るためには『本人が主役となり、誰かから「ありがとう」と言ってもらう経験』が重要なカギになるのではないか?という話が出ました。


 今回の子ども食堂に限らず、自らの活動の理解を広めるとともに新しい仲間に加わってもらうためには、この『本人が主役となり、誰かから「ありがとう」と言ってもらう経験』が重要になってきているということで参加者の意見が一致しました。



 今回は初のオンライン開催でしたが、和やかな雰囲気で話し合うことができました。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 このように、今後も毎月19日ごろにShare会議を開催していきます。
(当面はオンライン開催)
 そこで、会議での発表団体を募集しています。
 団体の取組についてともに考える機会として、ぜひご活用ください。
 ・新型コロナウイルス対応を検討したい団体
 ・新型コロナウイルスの影響で経営が厳しい団体 
  

 発表希望者は、みんつく事務局まで相談ください。
 平時の活動相談でもOKです。
 ※相談は、メールや電話をご活用ください




続きを読む・・・

2020年05月13日

【告知】5月Share会議 「子ども食堂ミソラ」と一緒に考える会

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


5月のShare会議はzoomでのオンライン開催といたします。

今回は『水島子ども食堂 ミソラ』の取り組みについて話し合います。
 FBページはこちら

水島子ども食堂ミソラは、毎月子ども食堂やイベント等を開催しておりましたが、
3月からは感染予防対策に考慮し、フードシェア会の開催やフードシェアカーの
運用などに取り組んでいました。

日頃の活動や新型コロナウィルスによる影響やその中での取り組みを
中心に発表いただくとともに、
いかに活動を世の中に伝えていくか発信していくかをテーマに
特に情報発信について、意見交換をしたいと考えています。



開催日時 : 2020年5月19日(火)
       14:00〜15:30

開催方法 : zoomによるオンライン開催
       (申し込み後、zoomのアドレス等をお知らせいたします)

申し込み方法 : 1.メールにてお申し込みください
         (お名前と、所属する団体等があればそれも明記してください)
         メールアドレス→ info@mintuku.jp 

         2.FBイベントページから
           イベントページで参加ボタンをおしてください。
           ユーザー名「石田篤史」から受付のメッセージをします。

 ※今回は、参加人数を15名までとさせていただきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 〇Share会議発表団体の募集
 今後もShare会議での発表団体を募集しています。
 (会議は当面オンライン開催)
 団体の取組についてともに考える機会として、ぜひご活用ください。
 ・新型コロナウイルス対応を検討したい団体
 ・新型コロナウイルスの影響で経営が厳しい団体 
  

 発表希望者は、みんつく事務局まで相談ください。
 平時の活動相談でもOKです。
 ※相談は、メールや電話をご活用ください
       

2020年02月05日

【告知】2月Share会議は「ハーモニーネット未来」おひさま基金について考える

みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」と称し、毎月19日頃に
団体や個人のアイデアや事業をみんなで考える(シェアする)Share会議を開催しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2月の「Share会議」は…
笠岡市の認定NPO法人ハーモニーネット未来さんの「おひさま基金」について、
考える予定です。

ハーモニーネット未来は、
『子どもやおとなに対して文化・芸術の鑑賞や創造活動の推進、また社会体験や社会参画の機会の拡充など、すべての人をとりまく生活・文化環境をよりよくする活動を行い、子どもの豊かな成長と安心して生活できる地域社会の創出に寄与することを目的』として活動しています。

が、その活動は多様で、
かかわってくれたメンバーの生活環境の変化に伴い、
助け合い事業やサロン活動など様々な事業を行っています。

 
その事業の中に『おひさま基金』というものがあります。

太陽光発電所で発電した電気を売電することで得た収益金+寄付金で『おひさま基金』を設立・運営し、環境教育や子ども・障がい児(者)・ひとり親家庭などの支援に活用するプロジェクトです。



今回のShare会議では、この『おひさま基金』をについて団体の

運営に関しての困りごとを、一緒に考えます。

※今回の内容は団体の運営の深い部分の話もあるため、

 事前に問い合わせていただいた方のみご参加いただけます。


【概要】

日 時: 2020年2月18日(火) 14時〜 

場 所: 笠岡市内 (参加者のみにお知らせします)


今回のShare会議はセミ・クローズで開催いたします。

参加を希望される方は、みんつくまでご連絡ください。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------



 

2020年01月20日

【報告】Share会議 1月は「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を開催しました。

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今年最初のShare会議は、「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を以下の概要で開催しました。

【概要】
日 時:2020年1月17日(金) 18:30〜20:30
場 所:認定NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ 新事務所
       (倉敷市新田2463-6)
内 容:ペアレント・サポートすてっぷ による事例紹介
     それを踏まえて参加者同士で意見交換をおこなう
     各助成金の説明

ペアレント・サポートすてっぷ さんは現在、割り勘事業指定助成プログラム 第14期に取り組んでいます。 (詳細はこちら



みんつくスタッフも入れて、10名の参加でShare会議はスタートしました。

まずはすてっぷの理事長・安藤さんから、すてっぷの創設から今に至るまでの、活動のあゆみをお話しいただきました。
IMG_2691.JPG

2012年から始まり、これまで続けてこられた一番の原動力は、「歓び」だというお話でした。自分たちの小さな活動を、待っていてくれる人がいる。必要としてくれている人がいる。その人たちとの交流の中で得る「歓び」がないと、活動は続かなかったと思う・とお話し下さいました。


そしてそれと同じくらいに「無償では辛くなる」ということも強く仰っていました。
そのために助成金やクラウドファンディングなど、今までの資金調達の経験も話していただきました。


そのお話をもとに、参加者同士での意見交換を行いました。
活動の参加者を増やすには?や、助成金や補助金をどうやって得たらいいのか?などの質問を交えながら、様々な意見が交わされました。


その中で印象に残ったのは、次の安藤さんの言葉でした。
「(居場所などに)参加する人はもちろん、参加すらできないでいる”本当に困っている人”に、どうアプローチをしていくか。これが一番大切なことだと思います」


広く大きな活動も、小さくて身近な活動も、必ず「提供する人」の提供するものと「受け取る人」の必要としているものが一致しているか…
かならず予習と振り返りをおこないながら、活動を積み上げていく大切さを改めて感じる機会となりました。



さいごに、当財団で募集を開始する「ももたろう基金」&「冠基金」についての紹介をしました。
Share会議を締めたあとも、参加者同士で日頃感じている課題などを話し合うなど、交流を深める場となったと思います。




このように当財団では、毎月「9のつく日」(付近)に、セミナーや相談会、課題や情報を共有しながら解決に向けて話し合う場を設けております。

随時ブログやFacebookで情報を公開しておりますので、興味のある方は是非お問い合わせください。