CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年03月08日

みんつくフォーラム2019 開催します!

3月29日は「みんつく」の日
 なぜ3月29日なのかというと、「み(3)んつ(2)く(9)」と読む語呂合わせから。
 一人ひとりが自分の未来に対して、意志を持ってお金や時間を使い、社会をより良くするために行動する日。
 この日には毎年、「みんつく」の事業報告会となる「みんつくフォーラム」を開催しています。

 今年度は、みんなでつくる財団おかやまの2018年度の活動紹介と共に、「平成30年7月豪雨」の支援に関わる団体の交流会を開催します。

ぜひご参加ください!!


【概要】
日時:平成31年3月29日(金)18:00 ~

場所:ぶどうの家BRANCH
   〒710-1312 岡山県倉敷市真備町辻田197

日程:   1. 開会 1800
      2. 助成団体活動報告
      3. 2018年度みんつく活動報告

      ・ももたろう基金報告など

      4. 助成式

               ・第12期事業指定助成プログラム助成式

               ・冠基金助成式

             5. 2019年度みんつく重点目標について

             6. 閉会

             7. 交流会 〜2100(予定)

  
参加申込 

・WEBでの申込(必要事項をご記入ください)

・フェイスブックの「参加する」ボタンをポチッとしてください。

・電話、FAX、メールでも申込可能です。下記よりお申し込みください。


不明な点は事務局までお問い合わせください。



2018年12月28日

【お知らせ】公益信託「百間川」水とみどり基金について

今回は、中国銀行様がCSR(企業の社会的責任)の一つとして取り組んでいる『公益信託「百間川」水とみどり基金』の紹介をします。



『公益信託「百間川」水とみどり基金』とは?
 百間川の自然をこれからも大切にしていきたい。
 そんな想いから生まれた「公益信託」。
 集められたお金は、良好な水辺空間の形成活動をおこなう団体や個人への助成に使われます。


◆目的◆
 この公益信託は、百間川およびその周辺において、河川に関する市民の活動、調査研究および環境美化活動の支援ならびに河川愛護団体の育成を行い、河川および河川空間を活用した公共の福祉の増進に寄与することを目的とします。


◆助成の対象団体・活動◆
 団体(NPO、市民団体、グループ)または個人

 百間川およびこれに関連する河川における次に掲げる活動を助成します。

(ただし、政治的、宗教的宣伝を意図するものおよび営利を目的とするものは除く)

  1. 水辺活動
  2. 啓発活動
  3. 環境教育活動
  4. 学習講座活動
  5. 調査研究活動
  6. 人材育成活動
  7. 水辺環境整備活動
  8. 災害時支援活動
  9. その他この基金の目的を達成するために必要な活動

◆助成金額◆
活動の所要額を限度とし、1件あたり30万円以内


◆助成金の使途◆

活動に必要な費用とし、機材費、会場費、印刷費、消耗品費、旅費、交通費、講師謝金等に対して助成しますが、以下に該当する場合は適用外となります。

  1. 団体等の運営に必要な経常的な維持管理費
  2. 人件費、飲食費

◆応募期間◆
 平成31年1月28日〜平成31年4月30日(当日消印有効)


◆助成金交付◆
 平成31年7月上旬

その他、申請に関するお問い合わせ・相談は以下の連絡先にお願いいたします。
 株式会社中国銀行 ソリューション営業部
 086-234-6658
  • 平日 9:00〜17:00
  • (1月1日〜3日、5月3日〜5日、12月31日を除きます)

 詳細等は中国銀行『公益信託「百間川」水とみどり基金』に関するホームページをご覧ください。 <ホームページはこちら >

2018年12月21日

お年玉何に使う?〜お金と寄付の教室〜 開催します

 日本では子どものころに「お金について学ぶ機会」はほとんどありません。

 しかし成長して社会に出た時には、何をするにも「お金」と付き合っていかなくていけません。その時になっていきなり「お金」のすべてを理解しようというのは難しい話です。


 小さいころに「お金」の知識を受け入れるきっかけがあれば、成長の過程で自然に「お金」というものに興味を持ち、自然にその使い方や社会でのしくみを学んでいくことができます。



 今回はその学びの最初のきっかけになるような、小学生程度の子どもを対象とした【お金の教室】を開催することになりました。


 『お小遣い帳すごろく』というツールを使って、楽しくお金の使い方について考えるゲームをします。また、お金と社会の関係や現金以外のお金の払い方などについてのレクチャーも行います。

 いずれも難しい内容ではなく、小さなお子さんが楽しめる内容となっていますので、ぜひご参加ください。





【概要】

お年玉何に使う?〜お金と寄付の教室〜

講師:石田篤史(公財)みんなで作る財団おかやま 専務理事


日時:平成311225日(火) 10001200

場所:FLCB(総社市中央2-2-8




2018年11月30日

2018中国ろうきんNPO寄付システム配分団体募集!

中国労働金庫の通帳を通じて、分野ごとに寄付をいただいたお金を配分させていただく「ろうきんNPO寄付システム」の配分団体募集を開始しました。




使途制限のない、「団体助成」です。
たくさんの申請をお待ちしております。


↓募集要項は、こちら↓

●ろうきんNPO寄付システム2018年度募集要項

↓申請書は、こちら↓


以下、募集要項からの抜粋です。

※詳細は、募集要項をご確認ください。


【目的】

この寄付システムは、中国地方の各県でNPOの支援に取り組む5つの組織と中国労働金庫の協働事業であり、中国労働金庫に普通預金口座を通じて福祉や環境など、活動分野ごとにご寄付いただいたお金を、書類審査によって選んだNPOに配分する仕組みです。広く市民とNPOをつなぎ、多様な活動を行うNPOの基盤づくりを支援していくことを目的としています。


【応募受付期間】

2018年12月14日(金) 〜 2019年2月6日(水)(消印有効)



【対象団体、配分団体数、配分金額】

岡山県内に主たる事務所または従たる事務所を置く、法人設立から1年以上活動している岡山県及び岡山市または内閣府認証のNPO法人。(「ろうきん立上げ助成」との併願は出来ません)

1) 団体の情報公開を促進していく趣旨から、必要書類の提出等に同意いただけるNPO法人。
2) 今回は、現行のNPO法に基づく20の活動分野の中から、次の分野で活動するNPO法人に配分いたします。(6分野・8法人)なお、各分野の申し込みには、定款において特定非営利活動の種類にその分野が規定されていることが必要です。

(1)保健・医療・福祉・・・・・・・・・・・2法人
(2)文化・スポーツ・・・・・・・・・・・・1法人
(3)環境の保全・・・・・・・・・・・・・・2法人
(4)子どもの健全育成・・・・・・・・・・・1法人
(5)職業能力・雇用機会・・・・・・・・・・1法人  
(6)消費者保護・・・・・・・・・・・・・・1法人
※上記以外の分野への寄付金については、寄付金が一定額に達するまで据え置きとします。
※昨年度配分団体は、同じ分野への申請はできません。

3) 1団体に配分される金額は、一律5万円です。但し、応募団体が各分野の募集団体数を下回った場合には、1団体へ5万円を越えて配分すること、また、基準に達する法人がない場合には、申し込みがあっても配分しないことがあります。


【対象となる経費】

本事業は事業助成ではなく寄付金の配分であるため、団体の活動全般を助成します。
そのため、配分した寄付金は、人件費、固定費、事業費、備品購入等、自由に使用できます。


【応募方法】

別紙の申請書(A4サイズ2枚)にご記入いただき、下記の添付書類とともに、申請書(A4)を折らずに入る封筒を使用し、「みんなでつくる財団おかやま」まで郵送ください(FAX、メールは不可)。
なお、岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」に登録を行っている場合には、申請書の記入が省略できます。
※以下、応募の際のチェック作業にご使用ください。


【提出書類】  

□ 2018年度「ろうきんNPO寄付システム」申請書
□ 前年度事業報告書(添付書類@)
□ 3ヶ月以内に発行された登記簿謄本(現在事項全部証明書)のコピー(添付書類A)
□ 団体発行のパンフレット(あれば10部)(添付書類B)

※詳細は募集要項をご確認ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------
■お問い合わせ・応募先■

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま (担当:石田・田原)
〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号
TEL 086-239-0329  FAX 086-899-6329  MAIL info@mintuku.jp

※ご送付の際には、必ず「ろうきんNPO寄付システム申請書在中」と封筒にお書き下さい。
続きを読む・・・

2018年09月29日

【9月28日】ももたろう基金 市民活動団体交流会 開催しました!

ももたろう基金の交流会を9月28日開催しました。

平日にも関わらず約20名の方々のご参加をいただきました。

ももたろう基金の報告書の作成方法はクローズな会として13:00から15:00まで、15:00からは第5、6次ももたろう基金の申請を検討している団体や現在活動中の団体との交流会を開催しました。



【概要】

平成30年9月29日 13:00〜18:00

場所:FLCB(Fun Life Center Building)

岡山県総社市中央2-2-8 旧第一生命ビル1階

参加者:16名+子どもたち



13:00〜15:00はももたろう基金報告書書き方講習会を実施しました。2団体の方にご参加いただき、報告書の書き方や経費の集計方法などについてまとめました。


15:00からの団体交流会では、第5次・6次のももたろう基金の概要説明を行いました。

すでに被災地支援を行なっている団体の方々のほか、被災した方々が結成した団体の代表者の方々もこられ、今まで行ってきた支援と、現在の状況、そしてこれからどのように支援活動を行っていくかについて意見公開を行いました。


180928交流会.jpg



当日はFLCBに拠点を置き活動しているsosuの方々の協力により、子どもたちも一緒に参加しながら開催することができました。とてもありがたく、また子どもたちの元気な声でだいぶ癒された気がします。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


ももたろう基金第5次・6次は9月30日まで募集しています。

詳細は下記をご参照ください。






(公財)みんなでつくる財団おかやま 事務局

〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号

電話086-239-0329 FAX 086-899-6329

E-MAIL:info@mintuku.jp


2018年09月07日

【9月28日開催】ももたろう基金 市民活動団体交流会のご案内

平成24年9月に設立しました当財団は、間も無く6年を迎えます。こうして6周年を迎えることができるのは、ひとえに皆様のおかげと深く感謝しております。
例年ですと、9月28日に設立記念パーティーを開催いたしますのが、本年度は下記の通り、西日本豪雨災害発災から被災者、被災地支援に取り組んできた市民活動団体の交流会を開催します。

ももたろう基金の助成を受けた団体はもちろん、
災害支援やももたろう基金、みんつくに興味のある個人の方でも
参加いただけます!

【概要】
日時: 9月28日(金) 15:00〜17:00
場所:FLCB(Fun Life Center Buildind)
   岡山県総社市中央2-5 旧第一生命ビル1階
参加費:無料(任意により寄付)

交流会は座談会形式にて今までの活動の紹介および今後の取り組みについての情報交換会を行います。
これからの被災地支援に必要な支援とは何か一緒に考えたり、何かしたいけどどうしていいかわからない場合のつながりの場としてご参加ください。


****ももたろう基金助成団体の皆様へ*******
ももたろう基金助成団体は報告書作成会を13:00から行います。
(持ち物:パソコン、タブレットもしくは報告書)
 参加は任意です、報告書やCANPAN登録が不安と言う方は
 ぜひこの機会をご活用ください!
**************************


駐車場について
※駐車場に限りがあるため、可能な限り公共交通機関でお越しください。
最寄駅からの電車の時刻表は下記より検索ください。
総社駅より徒歩約10分です。
https://www.jr-odekake.net/

参加ご希望の方は下記より申し込みいただくかえ、フェイスブックページをご参照ください。
https://goo.gl/forms/MNDBrC4iTn837iiG3
フェイスブックページ
https://www.facebook.com/events/1918563638444051/?active_tab=about


連絡先
(公財)みんなでつくる財団おかやま 事務局
〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号
電話086-239-0329 FAX 086-899-6329
E-MAIL:info@mintuku.jp

西日本豪雨災害 草の根支援組織応援基金助成事業 団体募集のお知らせ

スクリーンショット 2018-09-07 12.13.18.png


公益財団法人公益法人協会では、「西日本豪雨災害 草の根支援組織応援基金」を設立し、寄付の募集および助成事業を行っています。



みんつくでは、この助成事業の現地サポートを実施し、

この基金の助成団体の募集を下記の通り実施します。


募集期間:平成30年9月7日〜平成31年2月15日
      ※期間中に2回申請(9月、2月)

助成分野:今後長期化する避難所生活や、生活再建支援に取り組む岡山県内の非営利団体(任意団体も含む)が実施する下記の分野に助成します。

 ○子ども、高齢者、障がい者など、特殊なニーズを持った方への支援

 ○避難所生活や生活再建におけるニーズに決め細かに対応する支援

対象エリア;岡山県内(ただし、真備エリアの支援はのぞく)

     ※真備エリアの支援にはももたろう基金をご活用ください。

助成額:40万円程度

申込窓口:(公財)みんなでつくる財団おかやま 

提出方法:郵送もしくはメール(事前にご連絡ください メール:info@mintuku.jp) 



申請書


申請書記入例




連絡先

(公財)みんなでつくる財団おかやま 事務局

〒700-0026 岡山市北区奉還町三丁目15-8奉還町第一ビル第11号

電話086-239-0329 FAX 086-899-6329

E-MAIL:info@mintuku.jp

2018年07月14日

【ももたろう基金募金箱設置】について

【ももたろう基金募金箱】

7月8日に設立した「ももたろう基金」ですが自己所有の募金箱や手作り募金箱を利用してこの「ももたろう基金」に寄付したい!協力したい!という方、こちらをご活用ください!

設置用募金箱.pdf



ももたろう基金
https://momotarosaigai.jp/

2018年07月12日

第12期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラム寄付募集実施期日延期のお知らせ

 この度の豪雨災害で被災された皆様には心からお見舞い申し上げるとともに復興にご尽力されている皆様には安全にご留意されご活躍されることをお祈りいたします。
(公財)みんなでつくる財団おかやまでは、災害復興に携わる団体や自、団体が被災し、活動復旧に取り組まれる団体を支援するため「ももたろう基金」を設立しました。設立から7月11日現在で244名の方がたから約230万円のご寄付をいただいています。
https://momotarosaigai.jp/←ももたろう基金はこちらをご覧ください。

そしてこのご寄付を原資として現在(第1期は)「子ども・障がい者・高齢者」の居場所づくりの活動を行なっている団体の活動助成を募集しております。
詳細についてはhttps://momotarosaigai.jp/よりご確認ください。

さて、7月19日(木)から予定しておりました、第12期「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラムの寄付募集は8月1日以降に延期させていただくこととなりました。
ご支援予定だった皆様、また「割り勘」に応募していただいた団体の皆様にはご迷惑をおかけします。
再度寄付募集の日程等が決定しましたら、当ブログや、当財団Facebookページにてお知らせします。「割り勘」再開までもう少々お待ち下さい。

お問合せ先:公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま
〒700-0026岡山県岡山市北区奉還町3丁目15-8奉還町第一ビル第11号
TEL 086-239-0329  FAX 086-899-6329
E-Mail info@mintuku.jp
URL http://www.mintuku.jp/

【緊急募集】ろうきん寄附システム「西日本豪雨災害における災害支援団体への 緊急寄付配分」募集について

ろうきんNPO寄付システム

西日本豪雨災害における災害支援団体への緊急寄付配分
募集要項



この度の西日本豪雨災害に対する中国5県内での救援・復興活動を対象に、「災害救援」の分野への寄付金について緊急に配分することとします。


【募集要項などの各書類はこちらからダウンロードください】
ろうきん_募集要項.pdf
ろうきん_申請書.docx
ろうきん_報告書.docx

◆対象団体、配分金額、配分団体数
【対象団体】岡山県内に事務所を置き、応募条件(下記参照)を満たすNPO法人
【配分額】5万円
【配分団体】4団体程度

◆対象となる経費 原則として、被災地への移動と被災地でのボランティア活動等に必要な経費。
人件費・旅費交通費・通信費・消耗品費・備品購入費など、自由に使用できます。

◆選考方法 通常は審査委員会を設置し、書類審査によって配分先を決定していますが、緊急性の高さを考慮して事務局(当法人理事会)で選考を行い、事後に審査委員会に了承を得ることとします。

◆応募期間
2018年7月10日(火)〜31日(火)
※上記期間中に申請ごとに随時、審査・配分を行います。
※申請額が助成総額に達しましたら募集を終了します。
※また募集期間中に助成総額までに達しない場合には、延長して受け付けます。

◆応募条件
@ 岡山県内に主たる事務所を置くNPO法人
A 団体の情報公開を促進していく趣旨から、日本財団公益コミュニティサイトCANPANに登録し情報公開することに同意し、実施していただける団体(または、すでにCANPAN への登録・情報公開を行っている団体)
B 被災地(中国5県)支援のため、現地に行き支援活動を実施する団体または実施した団体
C 寄附金配分後に活動報告を提出していただける団体

◆応募方法 別紙の「緊急配分申請書」に必要事項を記載し、下記提出先にメール、FAX または郵送してください。
※応募申請書は、ウェブサイト(http://mintuku.jp/)からダウンロードできます。
※書類ご送付の際には、「ろうきんNPO寄付システム応募用紙在中」とお書き添え下さい。
※また、必要に応じて以下の書類を後日、提出いただく場合がありますので、ご準備ください。
・定款
・今年度の事業計画書及び活動予算書
・前年度の事業報告書及び決算書
・法人の活動状況がわかる資料(法人のパンフレット、広報誌など)

◆事務局及び申請先 事務局:公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま
TEL :086-239-0329(代表) FAX :086-899-6329
E-mail:info@mintuku.jp URL:http://www.mintuku.jp/
〒700-0026 岡山市北区奉還町3丁目15−8 奉還町第一ビル第11号

◆その他
・CANPAN とは?
CANPAN プロジェクトは、日本財団および特定非営利活動法人 CANPAN センターによる、市民、NPO、企業などの活動を支援し、連携を促進することで、民間主体のより豊かな社会づくりに貢献することを目指すソーシャルプロジェクトです。
CANPAN は、"Can(できる)"と"Panacea(万能薬)"を組み合わせた造語です。
CANPAN プロジェクトが様々な効能を発揮し、日本をもっと元気にしたいとの思いを込めて名付けました。
NPO などの市民活動団体の情報発信支援、ファンドレイジング(寄付募集等)支援、団体情報データベースの提供などを行っています。