CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年01月10日

【報告】1月の+1セミナー「ももたろう基金」&「冠基金」相談セミナーを開催しました

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みんなでつくる財団おかやまでは、
「+1セミナー」と称し、1歩を踏み出してステージをあげることを目的としたセミナーを
毎月9日頃に開催しています。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2020年最初イベントとして、1月の「+1セミナー」は「ももたろう基金」&「冠基金」に関する説明を中心に、団体の運営や資金調達についてのセミナーを以下の概要で開催しました。


【概要】

日 時:2020年1月9日(木) 13:30〜15:30
場 所:まびシェア (倉敷市真備町有井94 備南観光開発ビルA-205)
内 容:「ももたろう基金」および「冠基金」に関する説明



まずは自己紹介として、それぞれの活動とその中で感じている課題についてお話をしていただきました。
IMG_2570.JPG

そのなかで次のような内容をお話しいただきました。

・真備に戻った透析を受けている人たちをどう支えていくか
・真備図書館の再開に向けた活動
・復旧作業からさらに進んで、防災教育やメンタルケアに力を入れたい        
・発災から1年半経過したいま、「仮」の拠点ではなく根付いたものにしたい




その後、石田専務理事より「団体運営に必要なこと」として、団体運営や資金調達についてのセミナーを行ないました。
IMG_2567.JPG
 個人の活動を団体として組織化することにより、事業の整理が出来る
 個々の負担を分散することができ、長く続けられる
 信頼度が増し、いろんな「力」を借りることができる
…といった内容を中心に団体運営について説明をしたのちに、資金調達についても方法ごとのメリット・デメリットを含めて説明をしました。


それらを踏まえて、現在申請募集中の「ももたろう基金」「冠基金」 について、それぞれの募集要項を中心に説明をするとともに、岡山県内の他の民間助成団体の助成についても紹介させていただきました。



その後の個別相談では各基金への質問のほか、団体運営についての相談があり、「なんとなく抱えていた疑問点がすっきりしました」「解決の糸口が見つかりました」など、嬉しい感想をいただきました。





当財団ではこのようなセミナーを随時開催しております。

次回はShare会議として「組織運営について〜ペアレント・サポートすてっぷのケースを参考に〜」を、2020年1月17日に開催します。
 詳細はこちら

じっさいの事例をお伺いしながら、組織運営に必要な事・考えるべきことを整理します。
あわせて、当財団で募集を開始する「ももたろう基金」&「冠基金」についての紹介も行い、対話形式で助成について考えていきますので、関心のある方は是非ご参加ください。








この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック