CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年11月29日

【告知】12月Share会議は、『発達障害支援への取り組み』について知り、考えよう

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」 と称し、
毎月19日ごろに地域の課題を発信・発見する場を提供しています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 12月のShare会議は『発達障害支援への取り組み』を知り、岡山で出来ることを考える場にします。


 今年の10月にNHKで「発達障害って何だろう」と題した特集が集中的に放送され、関心の高まりを感じる機会が多くなりました。
 難しいケースもありますが、多くの場合は周囲の人の「気づき」と「配慮」で社会生活を送ることが可能な一方で、気づかれないが故に困難な状況にある人も多くいるということが、少しずつ浸透してきていると感じます。

  
 そこで、発達障害支援の取り組みをおこなっている「特定非営利活動法人 日本メディカルダイエット支援機構」の小林様から、岡山における発達障害支援に関する情報の提供と新たな取り組みについてお話をいただきます。これを機会に、岡山でできることを一緒に考えましょう。



 【概要】
 日 時:2019年12月20日(金) 13:00〜15:00
 場 所:みんなでつくる財団おかやま 事務所
     岡山市北区奉還町3丁目15-8
     ※参加人数が多い場合は変更の可能性があります※

     

 内 容:『発達障害支援への取り組み』について
      特定非営利活動法人 日本メディカルダイエット支援機構
      理事長 小林正人 様

      その後、意見交換など



 〜〜以下、活動資料より〜〜

 岡山県内には140を超える発達障害児通所施設がありますが、専門施設が利用できず、家族によるケアに頼る現状があります。もちろん通所している家族にもサポートが必要です。そこで、家族を通じた発達障害児のケアによって、子どもたちの活躍の機会を増やすことを目指して、
 ・仁木壯さん(社会福祉法人旭川荘副理事長)
 ・青木佳之さん(医療法人青木内科小児科医院理事長)
 ・今西通好さん(NPO法人こくさいこどもフォーラム岡山名誉会長)
…の協力のもとに、
 @子どもの地域包括ケア
 A家族の教育と情報支援
 B児童発達サポーター養成  を始めていきたいと考えています。

 この活動には何よりも発達障害への理解が重要です。発達障害は大人になって治るものではなく、いま現在企業で働いている人やその家族にも存在していると考えられます。

 その人たちへのケアを通じて働く場である企業などを支援するとともに、健康経営への支援を各分野の専門家の協力のもとに実施していきます。


 この活動への理解とアドバイス、活動支援を願っています。



〜〜以上〜〜



 こんな方にオススメです。
 ・発達障害について詳しく知りたい
 ・岡山の現状を知りたい
 ・岡山で出来ることを考えたい


 などなど、少しでも興味のある方はお気軽にご参加ください!!


 12月のShare会議への申し込み、その他お問い合わせなどはこちらまで。
-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------



この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック