CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年05月07日

【報告】ツクる日 4月のみんつく交流会・相談会

毎月29日は「ツクる日」。
自分も楽しく、周りも楽しく
社会にいいことを考えたり、アクションする日!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

…ですが、4月29日は祝日でしたので、繰り上げて27日に以下の通り開催しました。

日時:平成31年4月27日(土)13:00〜15:00  
場所:みんなでつくる財団おかやま 事務所(岡山市北区奉還町)



今回は5団体・6名が参加。普段は静かなみんつく事務所が、大変にぎわいました。
まずは大山代表理事より、みんつくが実施している助成事業全般についての説明を行いました。
とくにこの5月7日より募集を開始した「第13期 割り勘事業」については、先日までおこなわれていた第12期での取り組みを例に、今後のスケジュールについての説明をしました。
また、昨年の西日本豪雨災害からの復旧・復興活動を行う団体に対して助成をおこなっている「ももたろう基金」について、現時点での寄付や助成状況についての報告をしました。
IMG_8731.JPG


次に各団体の自己紹介として、活動の内容とともに、取り組みたいと考えている問題や思いなどを順にお話していただきました。
今回の参加団体もバラエティに富んでいました。
・西日本豪雨災害の復興活動
・メンタルヘルスについての学びの場つくり
・動物園を元気にする活動
・保護犬を殺処分から救い、新たな家族を見つける活動
どの話も興味深いものばかりでした。
団体間で質問が出たり、思わぬ共通点が見つかったり、新たな発見があったり…
大変盛り上がりました。
IMG_8727.JPG

過去に割り勘の事業助成を受けたことのある団体からは、経験談もお話しいただきました。
経験談を当事者から聞く機会というのはなかなかないので、皆さん真剣に耳を傾けていました。財団スタッフとしても、生の声を聴く大変良い機会になりました。



また今回は「2018年度ろうきん寄付システム」の助成決定団体の一つ、ハート・オブ・ゴールドさんへの助成式も行いました。
IMG_8740.JPG



その後は個別相談会ということで、割り勘事業のほか、ももたろう基金についての相談も受けました。
ももたろう基金についての相談では、時間の経過とともにニーズが複雑化・多様化していることを改めて感じました。
割り勘事業の相談では、経験談をもとにしたアドバイスをいただきながら、目標に向かっての具体的なアクションを検討していくことが出来ました。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このように、毎月29日は「ツクる日」と題し、
<自分も楽しく、周りも楽しく、社会にいいことを考えたり、アクションする日!>
として、交流会や相談会を開催しています。


ブログやFacebookにてイベントの予定を掲載していきますので、興味・関心のある方は是非お気軽にご参加ください。



-----------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329

つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
-----------------------------------------------------



この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック