CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年02月12日

【報告】地域力向上支援事業報告会を開催しました

 スクリーンショット 2018-12-30 09.12.26.png


 岡山県の委託事業として2016年度から実施してきた『地域力向上支援事業』について、下記のとおり成果報告会を開催しました。


開催日:2019年2月8日(金) 14:00〜16:00

場所:ルネスホール金庫棟ワークルーム

  (〒700-0824 岡山県岡山市北区内山下1丁目6-20)


内容

◆「公益活動のためのエコシステムをつくるにはー財団助成センターの取組と官民連携事例からー」

青尾 謙 先生(岡山大学副理事/講師 、助成財団センター参与)

◆パネルディスカッション

 『地域力向上支援事業の成果と今後の展開』

◆地域活動コーディネーター活動報告





 当日は40名を超える人にお集まりいただきました。

 まず当財団より、地域力向上支援事業の「地域支援ネットワーク構築事業」「地域コーディネーター養成事業」での成果について、過去三年の事業実績をもとに事業全体の報告を行いました。
IMG_6816.JPG


 続いて、青尾先生より「公益活動のためのエコシステムをつくるにはー財団助成センターの取組と官民連携事例からー」と題してご講演をいただきました。
 行政・中間支援組織・民間助成財団と、活動を行っている団体の連携が充実している岡山県は、市民活動に関して大きな可能性を持っているとお話しされました。
 このようにお互いの顔が見える関係が構築されている地域において、人・モノ・資金・情報を循環させることを「地域エコシステム」というのですが、この概念は当日の出席者も大きな関心を寄せていました。
IMG_6851.JPG


 引き続き、『地域力向上支援事業の成果と今後の展開』と題したパネルディスカッションがおこなわれました。
 前出の青尾先生、行政の代表として岡山県、民間助成団体からは福武教育文化振興財団・岡山県文化連盟・橋本財団・岡山県共同募金会とみんつく、そして市民活動団体の代表としてNPO法人だっぴから担当者が登壇しました。
IMG_6865.JPG

IMG_6864.JPG
 民間助成団体は、次のように事業を振り返りました。
 ・自団体の助成活動や助成の趣旨を知ってもらう良い機会になった

 ・助成件数や相談件数の増加につながった

 ・新規団体からの申請や相談があり、新たな分野の開拓につなげるヒントを得た

 ・相互の繋がりを活かし、より相応しい助成とのマッチングにつなげることができた


 一方、助成を受けたいと考える市民団体からは、一つ一つの団体を回る手間が省け、相談会を通じて様々な情報を得ることができたという意見がありました。

 先の事業報告においても話題が出ましたが、情報の一元化と、それに伴って助成団体同士が横に繋がることによって、助成をおこなう側・受ける側の双方にとって非常に効率的な環境を整えることができたと感じました。



 最後に、地域活動コーディネーターとして活躍されている方から、この事業に関してのお話をしていただきました。
 NPO法人ペアレント・サポートすてっぷの代表・安藤希代子さん、NPO法人そーるの代表・片岡奈津子さんから、それぞれの活動の様子を中心に、地域活動コーディネーター研修を通じて得たことをどう活かしているかについてお話をしていただきました。

IMG_6827.JPG

IMG_6833.JPG


 会場には関係者のほか、これから助成を受けてみようという新たな団体の関係者の来場も有り、皆さん大変熱心に耳を傾けていました。
IMG_6841.JPG


 この三年間の成果を活かし、来年度以降も地域の中で「人・モノ・資金・情報」を循環させて、市民活動の活性化につなげていきたいと思います。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


みんなでつくる財団おかやまでは当財団のほか、このように官民の助成団体とも連携して、様々な情報をお届けしています。
 興味のあるかた・なにかアクションを起こしたいという気持ちのある方、ぜひ当財団までお問い合わせください。


-------------------------------------------------
メール:info@mintuku.jp
電話(直通):086-239-0329
つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
--------------------------------------------------

この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック