CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年01月21日

【報告】1月Share会議「美作大学里親・里子支援サークルの活動発表」行いました!

公益財団法人みんなでつくる財団おかやまでは、
「Share会議」と称し、毎月19日に地域の課題を発信・発見する場を提供しています。

今回は今年初めての県北開催のshare会議でした!
今回の発表者は、第9期割り勘で資金集めに挑戦中の美作大学里子・里親サークルの皆さんでした。(https://motion-gallery.net/projects/satooya

【実施内容】
日時:平成29年1月19日(木)18:30〜
場所:美作大学31教室(岡山県津山市北園町50)
参加者34名

現在の活動状況や活動に対する思い、サークルの活動の展望を話されていました。また、ゲストに第7期割り勘事業「ひとりぼっちの子どもの居場所づくり事業 〜倉敷トワイライトホーム〜 を実施した川崎医療福祉大学子ども支援サークルにっこにこメンバーで一般社団法人子どもソーシャルワークセンターの紀さん、藤澤さんをお招きしてトワイライトホームの活動についても発表していただきました。割り勘を行った感想やにっこにこのその後の活動など、美作大学の皆さんだけでなく、参加者全員にとって重要な情報をたくさん聞くことができました。

16130084_1822208031393845_1178768719_o.jpeg
美作大学里親里子支援サークルの皆さんの活動報告の様子です。わかりやすく、ていねいな説明でしたぴかぴか(新しい)

16145796_1822208154727166_2128140891_o.jpeg
(一社)子どもソーシャルワークセンター代表 紀さんの活動発表の様子です。熱のこもった活動報告でしたひらめき


16145284_1822208018060513_369493720_o.jpeg
素晴らしい講義室で大勢の方々に集まっていただきましたかわいい



発表の後はワークです!今回の参加者の中には児童相談所や美作県民局、津山市役所の職員の方や弁護士の方、美作大学の先生、里親さんなど、今後の活動を進めていく上で連携が重要となるキーパーソンの方も多く、有意義な情報交換ができました。


16196310_1822208221393826_1989846634_o.jpeg
3グループに分かれてのワークを行いました。様々なステークホルダーの方々に集まっていただき、多くの意見をいただきました。



「里親制度の必要性をもっと多くの方に知ってもらう活動も必要」と言ったアドバイスや、近日子ども支援の研修会が津山市内で開催されるなど耳寄りな情報も聞け、実りの多いワークとなりました。


今回のshare会議では、活動を進めていく上での情報やつながりを作ることができました。
参加者の皆様 お疲れ様でした!

みんつくのことをもっと知りたい方はみんつくHPをご覧ください。
http://mintuku.jp/

つなぐ、つたえる、シェアをする
「みんなでつくる財団おかやま」


この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック