CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年09月19日

【報告】ソーシャルライター2015 in 倉敷を開催しました!

『ソーシャルライター2015 基礎講座 in倉敷』を開催しました。

ソーシャルライターのソーシャルは「社会」。
私達は、社会の課題やのその解決のための取り組みを「じぶん目線」で発信する人を「ソーシャルライター」と呼ぶことにしました。

今回の講座は19日に開催ということで
Share会議とかねて、講座のゲストに
「ペアレント・サポート・すてっぷ」さんにお越しいただき
お話し伺うとともに活動の発信の記事を書きました。

――――――――――――――――――――――――――――
【実施概要】
――――――――――――――――――――――――――――
■日 時: 2015年 9月19日(土)14:00〜16:00(2時間)
■場 所: 倉敷物語館 2F
■参加者: 4名(講座は7名の申込み)
■講 師: 吉備人出版 代表 山川隆之さん


【ソーシャルメディアとは】
ソーシャルメディア=市民メディア
SNS(ブログ、mixi、ツイッター、Facebookなど)を使って、身の回りにあることを情報発信すること。


【ソーシャルライティングのポイント】

SWノート.jpg

・情報をわかりやすく整理していくには、
「いつ/どこで/だれが/なにを/どのように」といった要素に分け、
最後に「それで自分はどう思ったのか」を付け加えると良いとアドバイスしていただきました。



【ライティング実習】
実習は、まず石田さんから「みんつく 3rd Party」について。
次に、ゲストとして参加された安藤さんに「ペアレントサポート すてっぷの活動」について
話をしていただき、その内容を第3者にSNSで発信することを想定して、
原稿用紙に書き起こしていきました。

<<参加者が原稿を書いている写真の挿入>>

その後、皆さんの原稿を前方のホワイトボートに貼り出し、
SNSのイイネ!に見立てた青いシールを渡され、
誰の原稿が一番良いかを投票していきました。

貼り終わったら、一度席に戻り、今度は自分で書き上げた原稿を1人1人読み上げていき、
その都度、山川先生より解説とアドバイスをしていただきました。


セミナーに参加してみて
「実際に文章を書いて、そこにコメントを頂くということが、
「書く」ということを励ましていただいていると思えたので良かった」と、
参加者の方より感想をいただきました。


吉備人出版 山川先生、9月19日 ソーシャルライター講座2015 基礎講座
第1回「書き方編」に参加して下さった皆さん、ありがとうございました。



みんつくのことをもっと知りたい方は
みんつくウェブサイトをご覧ください。
http://mintuku.jp/


つなぐ、つたえる、シェアをする
みんなでつくる財団おかやま
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック