• もっと見る
mint love
« 2024年01月 | Main | 2024年03月 »
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
神奈川ボランティアフェスタでイランと日本のユニバーサルな活動を紹介[2024年02月28日(Wed)]
mint loveです 黒ハート

神奈川ボランティアフェスタでイランと日本の
ユニバーサルな活動を紹介しました。
例えばスポーツやコミュニケーション・料理・デザインなど
イランでは、障害者のミラッド君が足の指でスマホを操作し
ペルシャ語でメッセージを入れると
翻訳アプリを使って日本語に翻訳してメッセージを伝えてくれます。
日本では、ペルシャ料理講座でUDトークを使って
ペルシャ語や英語を日本語に翻訳しながら
料理方法を聞いたり、見ることができます。

昨年に引き続き、明治学院大学の学生がボランティアとして
協力いただきました。
ボッチャのワークショップでは大活躍・・・
いっぱい元気を頂きました。感謝感謝!
他のボランティア団体の皆様から
「学生ボランティア、いいね」
うちの団体にも来てほしいということで、ひっぱりだこでした。
どこのブースも元気に活動を紹介し、とっても楽しかった〜

DSC_5933.JPG

DSC_5936.JPG

DSC_5941.JPG

DSC_5933.JPG



Posted by みんとさん at 09:44 | この記事のURL | コメント(0)
イランのミントセンターで日本から届いた車いすや電動車いすをメンテナンス[2024年02月26日(Mon)]
mint loveです 黒ハート

イランのミントセンターで日本から届けた車いすや
電動車いすのタイヤをメンテナンスして渡しています。
日本の脊髄損傷者からいただいたのは
高機能の車いすです。
日本では、車いすマラソンにも使っていた
軽くて丈夫な車いす・・・
早速、送ってくれた彼に写真で報告すると、
「わっ〜本当に届いたんですね〜うれしい」との声

電動車いすのタイヤは新品を購入して届けました。
この電動車いすを使っている頚髄損傷者のラヒミさんは
障害を受けて4年間ベッドから離れることはなかったけれど
車いすを使うようになって、
今ではミントセンターに来たり、
バリアフリー街歩きにも参加しています。
そんなこんなで・・・うれしい便りがイランから届いています。

1708817923472.jpg

1708817949276.jpg

1708817870755.jpg


1708817970168.jpg


Posted by みんとさん at 08:30 | この記事のURL | コメント(0)
イラン映画「ソニータ」を見て感じることは?[2024年02月24日(Sat)]
mint loveです 黒ハート

イラン映画「ソニータ」を見て感じることは?
この映画を見るきっかけとなったのは、
SDGs多文化Cityフォーラムで
東海大学の学生達の上映会に参加したので・・・
内容は、アフガニスタンの難民として
イランにきた少女が、親の決めた結婚をしないで
ラッパーになるという自分の夢を叶える物語です。

ソニータとイラン女性の難民支援のやりとりや
アメリカにわたる経過などが細やかに描かれています。
イスラムの国の家族関係や貧困など
描かれているものは日本と異なる社会環境ですが
自分の夢をかなえたいという少女の願いは
同じなのかもしれませんね。
機会があれば、「イランの映画」ごらんくださいね!

DSC_5915 (1).JPG

ソニータ映画1.JPG

そにーた映画2.JPG


Posted by みんとさん at 07:30 | この記事のURL | コメント(0)
ミントリハセンターでミントデーに日本のカレーライスを作って[2024年02月21日(Wed)]
mint loveです 黒ハート

ミントリハセンターでミントデーに
日本のカレーライスを作って皆さんで食べました。
今回のミントデーは2か月遅れですが
ミントリハセンター開所一周年のお祝いと
毎日にように通ってくる高校生のアミール君の
誕生日を兼ね、お祝いしたいと集まりました。

作ったカレーライスは約80人分、
大鍋でジャガイモ、ニンジン、鶏肉、玉ねぎなどを炒め
日本から持ち込んだカレーライスの素は大量です。
楽しい音楽のなる中、アミール君がケーキカット・・・
センターでのリハビリにも意欲がわいてくるようです。

1707974238865 (1).jpg

1707974304233.jpg

1707974332597.jpg

1707974430235.jpg

Posted by みんとさん at 09:10 | この記事のURL | コメント(0)
SDGs多文化Cityフォーラムに参加してみたら・・・[2024年02月19日(Mon)]
mint loveです 黒ハート

SDGs多文化Cityフォーラムに参加してみたら
普段あまり顔を合わせないNGO,大学生達と出会い
話をすることができてすごく楽しかった。
テーマはSDGs・多文化共生・国際協力・・・魅力ありますね!
1日間の参加者は約300人
横浜JR桜木町駅近くの帆船日本丸メモリアルパーク会議室は
熱気でいっぱいでした。

ミントの会はSDGs目標に合わせた活動の数々を紹介し
多文化共生って何?という問いかけをしました。
多文化共生はユニバーサル、つまり
誰もが●●できるという視点で、
日本とイランの活動を伝えました。
参加した皆さんからも
ユニバーサルな活動でやってみたいことを聞いてみたら、
「ユニバーサルなお笑い」
「ユニバーサルキャンプ」
「ユニバーサル音楽」などなど楽しくなるアイディアがたくさんあり
とても有意義な時間となりました。
皆様も考えてみませんか??

DSC_5918.JPG

DSC_5919.JPG

DSC_5920.JPG




Posted by みんとさん at 09:03 | この記事のURL | コメント(0)
[日本で会える遥かなイラン ミントの会の交流キッチン」動画公開[2024年02月17日(Sat)]
mint loveです 黒ハート

「日本で会える遥かなイラン
ミントの会の交流キッチン」動画公開
動画は以下のミントの会ホームページからご覧いただけます。


とにかく見ていて元気が出る動画です。
料理やスポーツをとおして交流する事のたのしさ・・・
この動画は神奈川県秦野市の
表丹沢野外活動センターで撮影しました。
プロのカメラマンが撮影・編集しました。
UDトークというアプリを使って言葉の壁をなくそう
コミュニケーションをとりながら交流する様子があふれています。
皆様とこれからも、交流の輪を広げたいと思います。

DSC_5902.JPG

DSC_5903.JPG
続きを読む...
Posted by みんとさん at 06:06 | この記事のURL | コメント(0)
ミントリハセンターでミントデー開催のためチラシつくり[2024年02月14日(Wed)]
mint loveです 黒ハート

ミントリハセンターでミントデー開催のため
チラシつくりを行いました。
ミントデーはミントリハセンターを利用する障害者や家族
地域の人たちが交流するためのあつまりです。
2022年12月に開所以来もうかれこれ
8回くらい開催しています。

今回チラシを作っていただいたのは
ミントリハセンターの向かいのマンションに住む
障害を持つ高校生のアミール君です。
地域の子供たちは出来上がったばかりのチラシをもって
誇らし気です。
地域の皆さんが食べ物を持ちより、
会場の準備をしたり、
障害者の方たちに参加を呼びかけます。
今週は楽しい集まりで忙しくなりそうです。

1707780898352.jpg

1707780857023.jpg

1707780801908.jpg


Posted by みんとさん at 08:15 | この記事のURL | コメント(0)
イランの事、ミントの会の事を伝えたい[2024年02月12日(Mon)]
mint loveです 黒ハート

イランの事、ミントの会のことを伝えたい
その思いをかなえるために
東京山の手ロータリークラブで講演を行いました。
普段は作業療法士として地域で活動していますが
イランへ行った体験を話していると
わくわくしてきます。

講演を聞いた方たちからの感想は、
「イランという国の事を知る機会ができた」
「ニュースなどで聞いているのとは違った見方になった」
などなど・・・・
直接、活動を伝える事の重要性を感じました。
これからも続けたいとおもいます。

akiya.jpg

akiyama.jpg


Posted by みんとさん at 20:01 | この記事のURL | コメント(0)
障害者デーでイランの障害者たちが作った革や絵の作品を・・・[2024年02月09日(Fri)]
mint loveです 黒ハート

12月3日の障害者デーでは
イランの障害者たちが作った革や陶器、
絵の作品を紹介するリベントがありました。
並べられている作品は、
日本の障害者たちのバザーと同じように
手つくりの手の込んだものが多く並び
どの作品もすばらしいものです。

イラン全土で192万人あまりの障害者がいて
その中の2.2%がアルボルズ州の障害者で
約33000人が福祉サービスの恩恵を
受けているようです。
アルボルズ州では精神・身体・高齢者を対象に
58のセンターが活動しています。
在宅リハビリを必要としている高齢者や
心身障害者、脊髄損傷者に6つのセンターが
リハビリ派遣をしています。
このような統計を見てみると・・・・
ミントリハビリセンターにおいて
障害者福祉の場がいかに大切かわかりますね。
一人一人のニーズに合った場所つくりを
進めたい思います。

DSC_5875.JPG

DSC_5877.JPG

DSC_5878.JPG






Posted by みんとさん at 18:06 | この記事のURL | コメント(0)
ミントリハセンターのメンバーがアルボルズテレビのインタビューを受けて[2024年02月07日(Wed)]
mint love です 黒ハート

ミントリハセンターの障害を持つメンバーが
アルボルズテレビのインタビューを受けました。
皆さん口々に、話しているのは
今、キャラジ市のミントセンターに通う人が困っているのは
障害者マークがついている場所に、
障害者ではない人が駐車するので困っているということです。
センター前の道路には
障害者駐車スペースのマークがありますが、
向かいにあるスーパーで買い物をする
障害のない人の車を見かけます。

日本でもこのようなことがありますね・・・
障害者ではなくても高齢者などがスーパーや市役所などを
使う場合もあるでしょう・・・
駐車スペースの問題で、外出したい人が外出できない、
行きたいところに安心して行けない事がないように
みなさんで考え、行動していきたいですね!

詳しい内容をご覧になりたい方は、ミントの会にメールをお願いします。
mint_assist@yahoo.co.jp

DSC_5864.JPG

DSC_5868.JPG

DSC_5869.JPG

DSC_5872.JPG

DSC_5866.JPG
Posted by みんとさん at 10:34 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
プロフィール

イランの障害者を支援するミントの会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/mint-assist/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/mint-assist/index2_0.xml