CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年05月05日

どん底に落ちたアメリカは・・・・したたかな外交を展開して来るだろう(4)

喉元過ぎれば・・・・

                   政治評論家 唐沢 忠雄

 オバマ新大統領は景気対策について九日記者会見で記者の質問を受けたが、議会対策で思惑通りに法案が進まず、共和党側の賛成派が
僅かに三人であり、病気中のケネディ議員に出席してもらえなければ廃案にもなりかねなかったという意外な議会の対応にぶつかった。

 景気対策は対応が遅れると日本の例に見られるように、巨額の財政支出をしたにも拘わらず「失われた十年」を経験せざるを得なかった。
計画通り事が運べば問題はないが、民主党の中からも反対するものもあって、新政権にとって、早くも、議会対策の難しさを露呈した。

 経済対策はアメリカ国民にとって共通の当面の最大課題であるのだが、これがやがてイラン撤退やアフガン問題にも政治的思惑が深くからまっているので、議会内の動きそのものが、連鎖反応を示すのだ。
そればかりではない、イスラエルの総選挙が行われ、総体としては右派勢力が増大し、中道派は辛うじて議席を守ったけれども、圧倒的な議席数を持たず、結局大統領の要請により、連合内閣を形成せざるを得なくなり、どの党を中心に内閣が出来ても、不安定政権になりそうだ。

 オバマ政権にとっては、イスラエルーパレスチナで平和的方向を見出すことができれば、今後の外交や諸々の政策を遂行していく上に大きく役立つのだが、これが裏目に出た。
 政治というものは全く難しいものである。理念だけあっても、事態にからむ生活者は全く反対の立場にあって、生活の基盤が消えてしまうことになれば、理屈はともかく、願望とは別の道を行かざるを得なくなる。
自分の欲しないことにも賛同し行動しなければならなくなる。

 クリントン政権時代、イスラエルのネタ二ヤフ首相とパレスチナ問題を合意に達する可く、実に精力的な交渉を続けた。
クリントン氏にしてみれば二期目の最後の仕上げにどうしても平和的合意を得たかったのだが、ネタニヤフ氏は闘争的性格であり、当然政策もその線に沿ったものであって、連日交渉を重ねたが、遂に合意に至らず、ビル・クリントン氏も無念な思いであきらめざるを得なかった。

 アラファト議長の活動がまだわれわれ遠くに生きている国民にも生き生きと伝わってきた時代のことであったが、領土問題のからまった長い長いいきさつのある交渉の難しさをまざまざと見せつけられたのであった。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック