CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年03月04日

どん底に落ちたアメリカは・・・したたかな外交を展開して来るだろう

外交日本確立の好機
        政治評論家 唐沢 忠雄


 ブッシュ氏は適当なことを言って大統領の座を出て行ったが、実に深刻な問題を世界に残していった。
新大統領のオバマ氏やバイデン副大統領は、かつてない熱狂的な歓迎を受けて就任したが、待ち受けている課題は本当に大変なことばかりである。
これまでよくも悪くも世界をリードして来たアメリカにしろ、ヨーロッパ諸国にしろ、大変な経済の落ち込みに直面している。

 FRBのバーナンキ議長はファイナンシャル・クライシスを回避し、それを乗り越えるための研究を行ってきた人であり、次々と起こって来るであろう危機の悪要素を取り除くための手段方法を研究し、世界中の関係筋に手を打ち遺漏のない働きをしている筈であるが、市場は必ずしも思うようにはj反応していない。
それどころか二〇〇九年はさらに一段と底をつき、落ち込みそうだ。

 一月二十六日の夕刊によると、アメリカは一日で六万人の人員整理が行われた。
 六万人である
 
建設、製薬、小売など幅広い分野で整理が加速し雇用不安を一段と強め、個人消費にも深刻な影響が出るかも知れない。
 
キャタピラー・二万人
ファイザー ・一万九千人
スプリント・ネクステル(携帯電話)八千人
テキサスインスツルメント(半導体)三千四百人
ゼネラル・モーターズ・二千人

これらの会社の対応は現在のアメリカばかりでなく、世界に対する深刻な影響を与えているかを物語っている。
勿論オバマ大統領はこれらのことはオバマニューデ−ルの中に組み入れて行くだろう。いかなる天才が収拾に乗り出しても、右から左というわけにはいかない。
アメリカ国民に相当の忍耐を要求することにもなろう。

 しかし、就任早々十六ヶ月以内にイラク撤退を表明、イスラムの人々にアメリカはその敵ではないと言い、先ず相手の言い訳を聞けとイラクやアフガニスタンに派遣した大使にも命令している。
この基本姿勢はオバマ外交を幾つかの分野で停滞させたり、失敗することがあっても、いずれは相手方の理解を得ることになるだろう。

 この点がブッシュ政権とは百八十度ちがうと言うべきだ。たしかに十六ヶ月でイラクから軍を撤退させることについて、異論は存在する。
失敗すればアルカイダーの攻勢に力を与えてしまう危険性があるとする、共和党側や軍部の考え方の現実性はある。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック