CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2007年02月14日

科学雑誌『ネイチャ』・『サイエンス』

宇宙研 現場スタッフの知恵と苦労


ローン安高先生の頭の中には昨日打ち上げられた日本で最重量の衛星「きく8号」のことがあった。

日本で最重量の衛星打ち上げのため四本の大型固体補助ロケットを付けたタイプが使われたと報道されているが、

これだって大したことなんだろうと思う。

この間の「はやぶさ」探査機の小惑星「イトカワ」への着陸にしても、イギリスの権威ある科学雑誌「ネイチャ」アメリカの科学雑誌「サイエンス」は、

世界の科学雑誌の最高峰とされている。

あらゆる科学の分野から投稿を受け付けて、研究者の所属、経歴は問わず業績の内容だけが検討される。

この二誌に「はやぶさ」特集号として七本の論文が掲載され日本の「はやぶさチーム」が独占してしまった。

2006年 6月2日の事だ。

こうしたことは全く稀有なことだし、さなぎだに、「サイエンス」の編集長が日本の宇宙科学研究レベルの高さ、

ならびに研究全般の質の高さを証明する研究を弊紙に掲載できることは光栄の限りですとまで記している。

この開発分野にノーベル賞があれば殆ど全部を独占してしまうのではないかとまで言われている。



和勧独言:あっ〜〜〜なるほどぉ!気になってたぁパンツの下がぁ。宇宙研音で繋がったぁ。タタタィッノ下だぁ。決して女な子に噛まれたキズではなぃ。
刺青だぁ。うん、間違いなぃ!知恵の般若苦労のオカメが彫ってあったんだぁ。茅ヶ崎警察署長の娘をもらったぁ。しかも、スゥチィーだぁ。幸せ者だぁりりり力道山ン(^_^.)本門寺
南妙法蓮華経〜〜〜〜
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック