• もっと見る
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
田中
千代川とアマノジャク (09/21)
東日本大震災の被災者の方に [2011年12月11日(Sun)]
鳥取市でも東日本大震災で被災された皆さんが
非難生活をしておられます。

12月18日(日曜日) 鳥取市の面影公民館で
被災者の方を励ます集いが開かれます花

私たちの会「電子紙芝居で語る民話の会」もこの集いに
参加させていただくことになりました拍手

立見峠に伝わるキツネの話を初め、鳥取の民話をご紹介します。

鳥取での暮らしを少しでもキラキラ楽しんでいただけたら、と
願っています。
市民活動フェスタに参加(*^。^*) [2011年12月05日(Mon)]
12月4日(日) 鳥取市のボランティアセンターでは鳥取市で活動しているボランティア団体のおまつり「市民活動フェスタinとっとり」が開催されました〓
たくさんの活動団体の中から33団体が集い市民と交流を深めました乾杯

団体の催し物もたくさん企画されていましたし、無料サービスもあり楽しい景品が当たる
抽選会や、ご当地グルメのもらえるじゃんけん大会などリボンにっこり企画が満載の一日でした。

それぞれのブースが趣向を凝らし活動をPR。
食べ物を売るお店や盲導犬犬の体験などが人気でした。


私たちの「電子紙芝居で語る民話の会」もこのフェスタに参加拍手会議室を借り切って、お客さんに紙芝居を見ていただきました。

キラキラ演目はキラキラ

「立見峠のおとんじょろう きつねの嫁入り」
 おとんじょろうキツネをだましてやろうと思った商人が反対に騙されて、田んぼの中の肥溜  (肥料にするために糞尿を貯蔵してある)に入って顔を洗っていたお話困った

「千代川とアマノジャク」
 鳥取市を流れる千代川・・・その名の由来を探る朝日

「桂蔵坊と焼ねずみ」
 昔、鳥取のお城にすむ桂蔵坊というキツネは立見峠のおとんじょろうと仲のいい夫婦だっ  たそうなドキドキ大お城の殿様にかわいがられていた桂蔵坊狐のお話。

「十二支の由来」
 カエルね・うし・とら・う・・・・・・十二支はどうして始まったの?猫はどうしてネズミを捕るの?
 十二支の由来のお話です。


あいにくの傘にもかかわらず、たくさんの方に会場(さざんか会館・高齢者福祉センター)
においでいただき、ありがとうございました。
皆さんに楽しんでいただけたでしょうか。

―――民話の会の紙芝居の会場にもおいでいただき、ありがとうございました―――



プロフィール

電子紙芝居で語る民話の会さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/minnwa_tottori/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/minnwa_tottori/index2_0.xml