CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年10月19日

電子紙芝居で語る民話の会

民話の会の名前です。
舌をかみそうななが〜いなまえですが、
私たちのグループ、電子紙芝居で語る民話の会です。

電子紙芝居で語る民話の会のHPがあります。

http://minwa.tachimi.net/

遊びに来てくださいね〓

2010年02月06日

行ってきました!



立見峠の雪景色を!  と思って出かけたのですが・・・



今年最大の寒波とか・・・。
寒すぎて、雪にならなかったようで、残念です悲しい

いい写真が撮れたら、またお届けしますプレゼント> 

2010年02月05日

鳥取は雪です

寒いですね。お元気ですか?

積もらないけれど、毎日雪が降っています。



鳥取砂丘です。

私のうちから、車で30分。
雪が積もったら、行って見たいな。









私のうちから、車で3分。・・・・・歩いても走る3分笑い

おとんじょろうキツネの故郷、立見峠の神社の鳥居です。





2009年12月25日

千代川とアマノジャク その2

中国山地を源流として、鳥取平野をゆるやかに流れる千代川。
この川の名前の由来を伝える民話がありました。

”千代川とアマノジャク”

弘法大師や在原業平という有名な人物の出てくる物語ですが、
かわいいアマノジャクが鍵をにぎっている、おもしろい物語です。



2009年12月21日

本高弓ノ木遺跡

鳥取西道路の工事現場から弥生時代の遺跡が発見され、発掘調査が進んでいます。
遺跡の調査が進み、11月に見学会が開かれました。

古代の水田跡・人口の池の底に敷かれた杭やむしろ。
長く掘られた水路の跡。
植物の種や馬の顔の埴輪。
きれいな形の土器も数多く発掘されました。

1800年も前のむか〜し昔の生活の跡。

民話の郷は、やっぱり古代のロマンの郷。
自分の住むこの地をちょっぴり誇りに思う、にっこり笑いのひとときでした。

2009年09月01日

民話の里は古代の里

民話の里”本高”・・もとだか・・に高速道路がつくことになりました。
道路予定地に遺跡があります。
さあ、大変、発掘調査が始まりました。

発掘調査で遺跡(住居跡)や古墳(お墓跡)が見つかりました。
稲作に使われた貴重な道具や完全な形をした土器。
なんと、牛のひづめのあとも発見され、
考古学者さんたちの注目を集めているらしい。

    ”本高弓ノ木遺跡”

おとん女郎の昔話の里は、古代ロマンの里でもありました。

2009年06月23日

昔々の・・・・

おばあちゃんが小さな子どもに語ります。
「むか〜し昔、この峠を通るたびびとはなぁ・・・・」
鳥取県鳥取市、田園風景の広がる静かな山道には狐の伝説がありました。

テレビゲームやインターネットで遊ぶ子どもたち。
地元の民話をしってほしい、故郷の良さをわかってほしい・・・と
小さな小さな紙芝居のボランティアをはじめました。

少しずつ、ご紹介をしますね。おたのしみに太陽

2009年06月21日

はじめまして

今日産声をあげたばかりの民話のページです。
私の住む地域にはおとんじょろうという狐が主人公の民話があります。
昔の人はよ〜く知っているお話ですが、最近の子どもたちは案外このお話を聞かされていないことに気づき、驚きました。
みなさんのお住まいの地域ではいかかですか?
子どもたちに楽しい民話を、お年寄りには懐かしい昔話を!
みんなの輪の中に、笑顔が広がる活動です。
黒電話おまちしていますラブ