CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターのブログ
特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターが運営しているブログです。

仙台市、宮城県の市民活動やNPOの情報を中心に、中間支援組織ならではの情報をお届けします!
« 2009年03月 | Main | 2009年05月 »
<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
「助成事業報告書大賞」を始めます![2009年04月23日(Thu)]
■助成事業報告書大賞を始めます!!■


当センターでは今回、新しい試み、
「報告書の表彰制度」を始めます!

2008年度助成事業の全ての報告書を対象にさせて頂き、
当センター内で審査の上、
大賞やその他の賞を差し上げたいと考えております。

またその結果を、
今後の皆さまのご参考にして頂けますよう
ウェブ等で紹介させて頂く予定です。

以下、代表理事、加藤からの案内文を記載致します。


また、下部に関連お役立ち情報もお付け致しましたので、
どうぞご活用ください。



*******************************

 助成金の報告書を提出いただく時期がまいりました。
 準備は進んでいらっしゃいますか?

 よく、「助成金提供はありがたいけど、あの報告書を書くのが面倒で・・・」
 という声を耳にします。

 原則からいうと、社会の(他人の)お金を使って企画した事業を適正に執行し
 たかどうか、報告する義務がある、ということは自明の理です。
 これがわからないとNPOは困りますね。

 しかし、大変だという実感は、わかります。
 私も大変でしたから・・・

 上手に報告書をつくるポイントをお教えします。

@事業の実施中から、
必要な写真や資料をバインダーなどにファイルしておく。

 (あとから記憶で探すと、時間がかかりますね。)

A必ず、助成金の申請書を手元において、
参照しながら報告を書く。
 
(特に決算書がそうですが、申請時の内容と乖離しているのはダメですね。)

B報告先は、資金の提供者(ドナー)であり、
市民であると考える。
 
(事務局に出すのではなく、広く市民に公開され、資金提供者に渡されます。)

C広く活動と成果を市民にアピールする機会だと考え活用する。
 (広報活動と考えましょう。当センターHPでも掲載。リンクを張ってPR!)


 というようなことができれば、また支援が届き、団体の信用が高まります。



 さて、そんな助成事業報告書ですが、
 今年の提出いただく報告書から、表彰制度を設けます。

 題して、「助成事業報告書大賞」です。


 まだ内容の詳細は未定ですが、
 今年度は試行期間として、当センター内で審査をさせていただき、
 大賞や他の賞を差し上げ、その報告書をHPでも皆さんの参考になるように
 紹介させていただきます。

 以下の2008年度助成事業のすべての報告書を対象
 にさせていただきます。

   ・みんみんファンド(本体)
   ・ふくふくファンド
   ・ろうきん地域貢献ファンド
   ・みやぎNPO夢ファンド


 大賞の選考は、5月末、発表は6月初旬を予定しております。


                            せんだい・みやぎNPOセンター
                            代表理事 加藤哲夫

*******************************


       〜〜〜お役立ち情報〜〜〜

<報告書>

「NPOマネジメント」vol.58   
   
   ・「提出するだけ」から、提案のきっかけに
    「使えない・・・」から、「売れる!」報告書に
   ・年次報告書がわかりにくいと言われた・・・(誌上マネジメント相談)

「NPOマネジメント」vol.59
   
   ・「年次報告書」を活かす!

「報告書の作り方」
   


<情報開示>

「NPOマネジメント」vol.60

  ・ウェブサイトを実績と運営のデータベースに

  *NPO情報ライブラリー登録団体でもある
   「発達支援ひろがりネット」さんも紹介されています!


最新コメント
月別アーカイブ